(秘)ハネムーン 暴行列車

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

現金強奪に失敗した若者二人が、式を挙げたばかりの花嫁をおとりに必死の逃亡を試みる。脚本は「HOUSE ハウス」の桂千穂と「レイプ25時 暴姦」の長谷部安春、監督も同作の長谷部安春、撮影は「団地妻 雨やどりの情事」の森勝がそれぞれ担当。

1977年製作/72分/日本
配給:日活

ストーリー

披露宴の控室で、式を挙げたばかりの妻秋子を乱暴に求める花婿。涙をふきながら身仕度を整えている秋子の前に、突然二人の男が乱入し、銃を突付けると、逃亡するための車を運転しろという。二人は冬彦と春夫という名前で、賭博場を襲い、現金強奪に失敗し、逃げる際、春夫は膝を射抜かれていた。秋子の運転する車は恐怖のあまり、道をはずれて川へ転落してしまうが、二人は秋子を責めようとはしなかった。駅の操車場に侵入した三人は、突然動き出した貨物列車に乗り逃亡を続ける。少しずつ秋子は二人に溶け込んでいった。ある日、秋子は列車を抜け出すと、パン屋の主人を体でそそのかし、食物を仕入れてくる。その夜、秋子は冬彦に優しく抱かれた。再び食料を物色しようとスーパーマーケットに潜入した秋子は、ガードマンに連行されるところを冬彦に救われる。戻って来た二人の前に、春夫を乗せた貨車はなかった。急いで急行列車に乗り、追いかける秋子と冬彦。ある地方の駅で三人は再会する。やがて、秋子は冬彦と春夫の共有物になっていった。ある日秋子は不良グループに輪姦されてしまう。自分たちと一緒では秋子が危険であることを悟った冬彦と春夫は、別れを惜しむ彼女から離れていった。警察は冬彦と春夫を追い詰め、激しい銃撃戦となった。再び静寂が戻ったとき、冷たく哀れな姿になった冬彦と瀕死の春夫が、いたわり合うように横たわっていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0惜しい。

2020年1月8日
PCから投稿

主人公たちがあの状況で何をアテに逃げようとしてるのかわからない。やっていることがばかばかしすぎて入っていけない。どうせならすごくバカということで同情誘うようなキャラにすればよかったと思う。女優もムードがなくて全然エロさが出ていない。特に脚の形が悪く、萎えた。
だがこの脚本はちょっと直せばすごく面白くなると思った。例えば、どこかにもぐりの医者がいて「お前さんたちがいくら盗ったかはわかってる。ビタ一文でも減らしたら足を切断して放り出すぜ。わかったら来な」ぐらいの会話があればぐっと良くなったんではないかと思う。この話は膨らまそうと思えばいくらでも膨らませられるし、ネタとしてとても良いと思った。さすが桂千穂。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KIDOLOHKEN
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「(秘)ハネムーン 暴行列車」以外にこんな作品をCheck-inしています。