北国の旅愁

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロン・ケリーとジョージ・C・ロバートソンの脚本をロン・ケリーが監督した女性映画。撮影はデニス・ギルソンとポール・リーチ、音楽をエルドン・ラスバーン、美術をアール・プレストン、編集をバーニー・ハウェルズ。出演はアレクサンドラ・スチュワルト、フランソワ・タッセなど。製作はウォルフォード・ヘウィッソン、総製作はロバート・アレン。

1968年製作/カナダ
原題:Waiting for Caroline
配給:ユナイト

ストーリー

カナダ娘カロライン(A・スチュアート)は、突然バンクーバーの邸をとびだし、ケベックに住みついた。フランス語の教師になり、マークと愛し合い、新しい環境になじんだ頃、かつての恋人で結婚まで誓ったピーター(R・ハウェイ)がやって来た。カロラインは混乱した。そんな折、父スティーブンから再婚するから帰るようにと言ってきた。相手は彼女の学友エミリーだった。カロラインはピーターと共に帰ることにした。が、マークも同行することになった。バンクーバーの邸に着いてからの数日は、奇妙な三角関係が展開された。ピーターの積極的な誘惑にカロラインは、マークとうまく別れられればと約束はしたものの、彼女は迷っていた。それどころか、彼女の心は、父の結婚で、大きく揺れ動いていた。彼女は、父親に対してふしぎな感情を持っていた。崇拝というよりも、もっと以上の。婚約パーティに集まった上流階級の連中にいやけがさしたマークは翌朝ケベックに帰ることにし、ピーターに空港まで送ってくれるよう頼んだ。しかし、ピーターもまたカロラインが決して自分を愛してはいないことを知り、結婚を断念していた。こうしてカロラインの恋人は二人とも、彼女から離れていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「北国の旅愁」以外にこんな作品をCheck-inしています。