ショコラ(1988)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

独立直前のアフリカ・カメルーンの小さな田舎町に住む唯一の白人家族の姿を少女の目を通して描く。製作はアラン・ベルモンドとジェラール・クロニエ、監督・脚本は本作品がデビュー作になるクレール・ドニ、共同脚本はジャン・ポール・ファルゴー、撮影はロベール・アラズラキ、音楽はアブドゥーラ・イブラヒムが担当。出演はイザアック・ド・バンコレ、ジュリア・ボスキほか。

あらすじ

現代のアフリカ・カメルーンを訪ねたフランス(ミレーユ・ペリエ)は、偶然出会った黒人の親子の車の中で、自らの幼い頃の体験を心静かに回想するのだった。--50年代末期、カメルーンのフランス統治の小さな行政区に、マルク・ダランス(フランソワ・クリュゼ)は妻エメ(ジュリア・ボスキ)と娘フランス(セシル・デュカス)を伴って赴任した。彼らは黒人達の住むこの田舎町の唯一の白人家族で、マルクが監督区を巡回するためにしばしば家を留守にすることにより、残されたエメとフランスはそれぞれの時間を周りの黒人達の中で過ごしてゆくことになる。そのうちフランスは、使用人の黒人青年プロテ(イザアック・ド・バンコレ)と奇妙な友情で結ばれるようになり、一方エメは家事にいそしむことで夫を待つ辛さを紛らわす。そして庭園の世話に情熱を注ぐ彼女の生活の僅かな刺激は、時おり訪れる白人客とのディナーやダンスであった。そんなある日、進路を見失った一機の飛行機がこの村に緊急着陸した。マルクは行政官として見知らぬ乗組員たちを家に迎え入れるが、この数人の白人の到来は、ダランス一家と黒人たちの静かな沈黙の信頼をかき乱すようになる。そしてエメとプロテは内在する心のざわめきに気づきつつ、フランスは独り大人たちに取り残された観察者となる。やがて飛行機は修復され、空へと消えて行き、ダランス家にも元の平穏な日々が戻ってきたかのように見えた。しかし内面に潜む混乱が、それぞれの分別によって隠されているのである。

1988年製作/フランス・西ドイツ合作
原題:Chocolat
配給:シネセゾン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第41回 カンヌ国際映画祭(1988年)

出品

コンペティション部門
出品作品 クレール・ドニ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る