とどめの一発

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

バルト海沿岸地方の内乱を背景に特殊状況下での男女の生き方を描く。監督はフォルカー・シュレンドルフ。フランスの作家マルグリット・ユールスナールの原作を基にジュヌビエーブ・ドールマン、マルガレーテ・フォン・トロッタ、ユッタ・ブリュックナーが脚色。撮影はイゴール・ルター、音楽はスタンリー・マイヤーズ、編集はジェーン・ザイツ・シュペルとアンリ・コルピが各々担当。出演はマチアス・アビッシュ、マルガレーテ・フォン・トロッタ、リュディガー・キルシュタイン、マチュー・カリエール、ヴァレスカ・ゲルトなど。

あらすじ

1919年のバルト海沿岸地方。ロシア革命から2年経った今、パルトの男爵と大地主の支配を倒そうと、そこでは内乱が起きている。西欧諸国は旧秩序を救うため義勇軍を送り込む。この地方のクラトヴィーチェ館に住むゾフィー(マルガレーテ・フォン・トロッタ)の生活も内乱のために乱されている。そこには、国籍の異なる義勇軍の一団が出入りしている。ゾフィーの兄コンラートの友人エーリヒ(M・ハービヒ)はプロイセンの将校。村の若い共産主義者などと接触して階級に関する疑問を感じている彼女も、いつしかエーリヒに恋する自分を感じた。愛を告白するゾフィーにしかしエーリヒは冷たかった。彼にとっては、やはり女性は二の次だった。彼はゾフィーの愛に自分の気持ちが動かされないことを示すために好きでもない娼婦を抱く。すっかり絶望したゾフィーは、行きあたりばったりに将校たちを愛人にする。ひたすら軍事行動に専念するエーリヒを忘れようとするかのように、ゾフィーは館を去り反乱軍に寝返り、エーリヒにそむく。彼の軍隊はゾフィーを含む反乱者たちを捕え処刑を行なう。ゾフィーは、その執行人としてエーリヒを名ざすのだった。

1976年製作/西ドイツ・フランス合作
原題:Der Fangschuss

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る