花様年華

ALLTIME BEST

劇場公開日

花様年華
16%
45%
32%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「欲望の翼」「ブエノスアイレス」のウォン・カーウァイ監督がトニー・レオンとマギー・チャンを主演に迎え、それぞれ家庭を持つ男女の不倫の愛を描いた恋愛ドラマ。1962年、香港。新聞編集者の男性チャウと商社で秘書として働く女性チャンは、同じ日に同じアパートに引っ越してきて隣人になる。やがて2人は互いのパートナーが不倫関係にあることに気づき、時間を共有するように。戸惑いながらも、強く惹かれ合っていくチャウとチャンだったが……。設定の一部や世界観は「欲望の翼」から引き継がれており、さらに2004年製作の「2046」へと繋がっていく。第53回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞とフランス映画高等技術委員会賞を受賞。日本では2001年に劇場公開。18年2月、カーウァイ監督の「欲望の翼」デジタルリマスター版の公開にあわせて、Bunkamuraル・シネマで特別上映。

2000年製作/98分/香港
原題:花様年華 In the Mood for Love
配給:アスミック・エース
日本初公開:2001年3月31日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第53回 カンヌ国際映画祭(2000年)

受賞

コンペティション部門
男優賞 トニー・レオン
フランス映画高等技術委員会賞 クリストファー・ドイル リー・ピンビン ウィリアム・チャン

出品

コンペティション部門
出品作品 ウォン・カーウァイ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2000, 2009 Block 2 Pictures Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5赤、紅、緋

talismanさん
2020年8月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

萌える

台詞が極限まで削り取られているから少しのことばと電話越しの無言が饒舌だと感じてしまう程に濃厚でした。

マギーの衣装が素敵で目を奪われた。チャイナドレスって襟が高いんだ、ほっそりとした長い首のマギーは本当に美しく着こなしていた。柄も布も季節に合わせられる感じで日本の着物みたい。トニーはポマードつけた短髪に白シャツとタイで60年代の男の色気満載でした。そして二人の目と手がすべて。トニー、目だけでもう最高の演技でした。

タクシーの中で自分の肩に相手が頭をもたれさせるがままにして手まで繋いだらもう伝わりあってしまうに決まってる。苦しいけれどそこで止めておけば大人の色気でいられる。でもたった一度だけ。あとは墓場に持って行きますもあり得ると思う。二人はそれにしたんだと私は勝手に思った。でも墓場まで無言は辛いからトニーはアンコールワットで木に見立てた岩の隙間に無言の声を絞り出していた。
トニー・レオン、良すぎ。訴えるような眼差しが素敵すぎ。

音楽も濃厚、チェロがとても効果的だった。カーウァイ監督の映画にはスペイン語の歌がとても似合う。

おまけ:色っぽい映画のあとになんですが一人だけの夕飯だったら気軽に屋台に行って麺類などを持参の容器に入れてもらってという食生活はとてもコンビニエンス!でいいと思いました。共同キッチンはいい部分もあり面倒な部分もあり。香港映画の食事場面とても好きです。私達とおんなじ。ずずーっと啜る音。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
talisman

3.0セリフなんていらない

kossyさん
2019年6月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 トニー・レオン扮するチャンの妻、マギー・チャン扮するチャウ夫人の夫が不倫するわけなのですが、両者とも顔を見せません。それだけに二人に感情移入させることができました。

 チャンは常に訴えかけるような眼差しでチャウを見つめるのだが、彼女は必ず目をそらしてしまいます。時代背景が現代とは違う60年代、お互いのパートナーと同じように不倫することができずにいることにイライラさせられます。時代が現代だとこんなストーリーは作れませんよねぇ。

 それにしてもトニー・レオンの演技力が素晴らしかった。台詞が要らないくらいに目が訴えてました。だから、エンディングも遠景じゃなくレオンをアップにするだけでもっと素晴らしい映画になったと思う。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

2.5大人の雰囲気

2019年2月11日
iPhoneアプリから投稿

大人の雰囲気です。
撮り方や音楽、主役2人の感じ。
マギーチャンの衣装が素敵です。

先に不倫を始めたそれぞれの妻夫は顔を出しません。
夫を問い詰める練習、別れる練習をする場面でチャン(妻)は泣いてしまう。印象的だった。
一線は越えたくないとチャンは言っていたがその場合もやはり不倫なのだろうか?という気もした。恋してるという感じ。手を繋ぐだけだがすごく色っぽかった。

ただゆったりとして大きく何かが起きる事はないことで「長いなぁ」とか思ったり、ぼーっとしてきて「この賃貸のシステムどうなってんだろう?どこで麻雀してる?」とか「それどんな料理だろ」とか雑念が浮かんだ自分は芸術センスが無いんだと思った。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まり☁︎

3.0キサス キサス キサス スクリーンの中でラジオから流れてくる曲って...

Chiharuさん
2018年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

キサス キサス キサス スクリーンの中でラジオから流れてくる曲ってなんて、叙情的なんでしょう!
やっとみた「花様年華」このラジオから流れるのは、”キサス キサス キサス”その悲しい色気のある曲に心を奪われる。切ない話でどっしりと重くのしかかるが、女性の優雅な動きと、チャイナドレスの上質な生地とフォルムが目に美しく、画面から目が離せない。
30年代のラテンブームを知る人なら、耳になれた曲じゃないかと思う程の有名な曲らしい、この「キサス キサス キサス」男性の問いかけに、女性はたぶんとしか返さないという歌詞だそう。届かない思いを想像して、ますます切なくなる。
切ない気持ちを、脳内麻薬切れとさっさと片付けずに、たまには浸るのも良いかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Chiharu
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る