花様年華

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「欲望の翼」「ブエノスアイレス」のウォン・カーウァイ監督がトニー・レオンとマギー・チャンを主演に迎え、それぞれ家庭を持つ男女の不倫の愛を描いた恋愛ドラマ。

1962年、香港。新聞編集者の男性チャウと商社で秘書として働く女性チャンは、同じ日に同じアパートに引っ越してきて隣人になる。やがて2人は互いのパートナーが不倫関係にあることに気づき、時間を共有するように。戸惑いながらも、強く惹かれ合っていくチャウとチャンだったが……。

設定の一部や世界観は「欲望の翼」から引き継がれており、さらに2004年製作の「2046」へとつながっていく。第53回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞とフランス映画高等技術委員会賞を受賞。日本では2001年に劇場公開。18年2月、カーウァイ監督の「欲望の翼」デジタルリマスター版の公開にあわせて、Bunkamuraル・シネマで特別上映。2022年には4Kレストア版が「WKW4K ウォン・カーウァイ4K」(22年8月19日~シネマート新宿、グランドシネマサンシャイン、シネマシティほか)で上映。

2000年製作/98分/G/香港
原題:花様年華 In the Mood for Love
配給:アンプラグド
日本初公開:2001年3月31日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第53回 カンヌ国際映画祭(2000年)

受賞

コンペティション部門
男優賞 トニー・レオン
フランス映画高等技術委員会賞 クリストファー・ドイル リー・ピンビン ウィリアム・チャン

出品

コンペティション部門
出品作品 ウォン・カーウァイ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2000 BLOCK 2 PICTURES INC. (C)2019 JET TONE CONTENTS INC.ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.5男女の秘密の愛をロマンティックに描いた傑作

和田隆さん
2022年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

トニー・レオンがくゆらせるタバコの煙、タイトなチャイナドレスに包まれたマギー・チャンの美しい肢体、そして梅林茂の「夢二のテーマ」が流れる、それだけで永遠にループして見ていられる夢のような映画。ウォン・カーウァイ監督と撮影監督クリストファー・ドイルの名コンビが生み出す映像は、それまでの香港映画、いやアジア映画のイメージを一新した。そのスタイリッシュな映像と世界観は、20年以上が経ってもなお新鮮であり、何度見ても新たな発見と感動がある。

本作は1962年の香港を舞台に、それぞれ家庭を持つ男女の秘密の愛を描いた恋愛ドラマだ。トニー演じるチャウは地元新聞社の編集者。マギー演じるチャンは商社で秘書として働いている。たまたま同じ日に同じアパートに引っ越してきて隣人になるが、やがて互いの伴侶が不倫関係にあることに気づき、傷ついた者同士の2人は一緒に時間を過ごすようになり、距離を縮めていく。

ドロドロの不倫劇が描かれそうな設定だが、カーウァイ監督は極力台詞を排し、映像と音楽の力によって、次第に惹かれ合っていく2人の関係、心情を表現する。屋台に夕飯を買いに来たチャンと、食べに来たチャウが階段ですれ違うというシーンだけで、2人の距離感を気だるくエロティックに描き出す。2人が近づいた時、その世界はスローモーションになり、時間の流れが遅くなる中、交錯しそうな互いの視線、クローズアップされた手元や足元だけで想像が掻き立てられる。そして、ドイルが原色を際立たせつつも、光と影、陰影を意識した画面の中で、チャンが纏うチャイナドレスの色や柄、スーツ姿のチャウの佇まいと彼がくゆらせるタバコの煙がそれぞれの感情を表す。

2人が密会するホテルの廊下は、まるでデビッド・リンチ監督の「ツイン・ピークス」に出てくる森のカーテンの向こう側の世界ようであり、2人だけの世界では、時間の流れが異なっているように見える。そして、ナット・キング・コールによる「キサス・キサス・キサス」などのラテン・ポップスや、60年代の香港を代表する歌手レベッカ・パン(本作にも出演している)が歌うインドネシアの名曲、さらには京劇の曲が流れるなど、無国籍なようでありながらメランコリックで、ロマンティックな不思議な世界観が醸し出される。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
和田隆

3.0良くわからんかった

hanataro2さん
2022年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ブエノスアイレス4K版にえらく感激し、翌日に鑑賞。
不倫モノとしては、何か煮え切らない展開で、つまらなかった。
映像を楽しむ映画なのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hanataro2

4.0(原題) 花様年華

AYK68さん
2022年9月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ウォン・カーウァイは天才!
全ての見せ方が天才すぎます。
ノスタルジックな映像が美しいし、主演2人に品があって艶やか。
台詞なくとも見入ってしまいそうな間と憂ある表情と物語。
それぞれの伴侶の姿を出さないで声しか出てこない演出は、主演2人を際立たせる感がしてとても納得で余韻すごい作品でした。
毎シーン美しすぎて、ため息出た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AYK68

3.5プラトニックな美しい不倫劇

2022年9月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

幸せ

湿度の高い亜熱帯の気候、雨にうたれびしょ濡れのトニー・レオン、雨宿りするマギー・チャン。こうしたシーンが繰り返し現れる。狭いアパートにたくさんの人々が居住し住民たちは密な人間関係で結ばれている(彼らは決して底辺層というわけではない、それが香港なのだ)。二人もそうした人間関係の中、同じアパートの隣人として生活している。きれいとは言えない狭いアパートの共有スペース(階段とか)でのスレ違いと挨拶という当たり前の行為から始まり、二人のプラトニックな不倫は誰にも気づかれることもなくじわじわと進んでいく。それぞれが配偶者持ちなのだが、その配偶者の顔は最後まで映されない。そのためか、この不倫劇はどろどろしたものに描かれない。美しい映像と音楽が流れるなか、どこまでもロマンチックなのだ。それがカーウァイ流なんだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆみあり
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る