キング・コング(1933)

ALLTIME BEST

劇場公開日

キング・コング(1933)
43%
38%
15%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「地上」「チャング」の共作者たるメリアン・C・クーパーとアーネスト・B・シューザックがRKOに於いて再び共同して監督した映画で、エドガー・ウォーレスとクーパーが立てた原案により、「爆笑隊従軍記」のジェームズ・アシュモア・クリールマンがルース・ローズと共同して脚本を制作した。出演俳優は「大飛行船」「国際盗賊ホテル」のフェイ・レイ、「千万ドルの醜聞」「米国撃滅艦隊」のロバート・アームストロング、新人ブルース・キャボットの3人が主なるもので、フランク・レイチャー、サム・ハーディ、ノープル・ジョンソン等が助演している。撮影はエドワード・リンデン、ヴァーノン・ウォーカー、J・O・テイラーが受け持っている。

1933年製作/100分/アメリカ
原題:King Kong
配給:千鳥興業社

ストーリー

カール・デンハムは猛獣映画等の撮影で儲けている男であるが、ノルウェーの一帆船の船長から手にいれた秘密の楽園によって世界未知の島に怪獣を撮影しに出かけた。従来デンハムの映画には1人の女性も出なかったので、色気がなさすぎるという評判だったが、今度の遠征撮影には、危うく倫落の淵に陥ろうとしていたアン・ダーロウという美人を救い、彼女を主役として同伴することとなった。一行は数週間の航海の後、スマトラ島の西南遥かに、普通の海図には記載されていない一孤島をついに発見した。この島にはどくろの形をした山と大きな城壁があって、コングという巨大なゴリラが棲んでいると言われていた。コングは島の「ぬし」で、原住民たちは毎年一人の処女を生け贄として捧げる風習があった。そしてデンハム一行が上陸した時は、この祭典を行う時季に相当していた。島の酋長は美しいアンを見て、黄金の女であると喜び、コングに捧げるには絶好と、夜半船に忍び込んでアンを誘拐した。アンはかくて祭壇に縛り付けられ、コングに奪われた。数週間行を共にしている間にアンに恋を感じるようになっていた若者ジョン・ドリスコルは、身を挺して彼女を助けに赴いた。コングの棲む深山には前世紀の怪獣が棲息していて、コングと闘うのであった。ドリスコルは苦心の結果、コングの虚を利してアンを救いだした。そして生け贄を奪還されて怒って襲来したコングは、毒ガス弾のために気絶して倒れ、生け捕られてしまう。デンハムは怪獣コングをニューヨークに連れ帰り大儲けをしようと考えた。ニューヨークの大劇場で初演の日、舞台に鉄鎖で縛りつけられたコングは、新聞社写真班のフラッシュがアンを殺すと誤解して打ち驚き必死の力をだして厳重な鉄輪と鉄鎖を切って逃げだした。コングはニューヨークの雑踏中に横行して、高架電車を破壊し、アンをホテルの窓から奪い、ニューヨーク第一の摩天楼エンパイア・ステート・ビルの頂上に登った。警察は飛行機4機を出動させて機関銃を乱射して、ついにコングを倒し、アンを救うことに成功した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

5.0王の王?

odeonzaさん
2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

 子供のころに観た記憶が残るが公開年には生まれていないので何度目かの再上映だったのだろう。怪獣映画の金字塔、批評など恐れ多い。謎の孤島、獣神崇拝、捕獲展示、電車破壊・・、後にオマージュされたシーンは数多い、モスラを観た時コングじゃんと叫んでしまった。
さらに驚くべきはミニチュア撮影、ストップモーションアニメーション 、 マットペインティング 、 リアプロジェクション 、オプティカルプリンターなどCG時代以前の特撮技術の基礎というべき手法が導入されていたことです。
原案・監督のメリアン・C・クーパー氏のコング愛なのか凶暴な野獣だがある種人間味を感じる描き方、むしろ怖いのは生贄信仰や身勝手な興業主に思えます。その流れはジュラシック・パークシリーズにも見て取れます。コングが彼女を見初めたように語られますが子供心には恋というより可愛いペットに思えたとの理解だったでしょう。むしろコングの本心など適当でよく、劇中で映画には色気が必要といっているように、美女の登場はそのままかもしれません、うまい理屈のつけ方ですね。コングは島の原住民の付けた名前、偶然だろうがデンマーク語ではKongは王なのでキングコングは”王の王”になる。アジャ・コングやエレキング、キング・ギドラを凌駕する一番偉い王ということかしら・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

5.0怪獣映画では無い

さん
2019年2月21日
スマートフォンから投稿

キングコングは怪獣映画ではないと思っています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鯖

5.0史上初の怪獣映画にして、今なおお手本

あき240さん
2018年9月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

世界中全ての怪獣映画の始祖
というか、そのジャンルを作った映画
本作が無ければ怪獣映画というジャンルは生まれなかった
もちろん怪獣映画王国の日本も含めて
後年の怪獣映画のありとあらゆるモチーフが、最初にして総てもうここにある!
それほど偉大な作品
初代ゴジラの電車を咥えるあの有名なシーンすら本作からヒントを得ているのは明らかだ

大まかなストーリーは超有名作品だから誰もが知っている
しかしどうだろう!
なんとも豊かな沢山のモチーフをこれでもかと詰め込んであり、全くあきさせずワクワクさせる
キングコングだけでなく、多くの怪獣が出てきてキングコングと戦うなんて知らなかった!

ちゃちいだろうな
チープなんだろうな
そんな先入観で観たが全く違う

当時の特撮技術はこれ程凄いのか!と目を見張る出来映え
その上、アイデアと設定を活かす脚本、そして絵作りと演出!
それこそが特撮技術をより一層引き立て盛り上げているのだ
これが駄目ならいくら特撮やらCGやらが進化して素晴らしくとも、つまらない子供だましの作品になってしまうのだ

今なお、怪獣映画のお手本だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240

5.0怪獣映画のレジェンド

2018年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

悲しい

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しゅうへい(syu32)
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る