Virginia ヴァージニア

劇場公開日:

解説

フランシス・フォード・コッポラ監督が、推理小説の大家エドガー・アラン・ポーをモチーフに描くゴシックミステリー。小説家の男が呪われた街を訪れる数日前、身元不明の少女が胸に杭を打たれ殺されていた。小説家は、謎の少女「V.」やエドガー・アラン・ポーの幻影に導かれながら、現在と過去に起こった事件をひも解いていく。しかし、その先には思いがけない結末が待ち受けていた。出演はバル・キルマー、エル・ファニング、トム・ウェイツら。

2011年製作/88分/PG12/アメリカ
原題:Twixt
配給:カルチュア・パブリッシャーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Zoetrope Corp. 2011

映画レビュー

3.0眠い…

2022年4月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

寝られる

は?って感じで終わりました(笑)

あまり意味が分からなかった(笑)

デヴィッド・リンチ3割に、ジム・ジャームッシュ7割な感じです(笑)

不可思議な感じあり、ホラー要素あり、サスペンスあり、オフビートな感じ。

淡々としてて睡魔に襲われます(笑)

考察が好きな方は、いいかもです。

映画名は、バージニア州の事かと思ったら人名の事でした(笑)

チッキショー!(コウメ太夫 風で)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
RAIN DOG

2.0コッポラも筆の誤り

2022年4月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 多分アメリカ人が見ると全く違う感想になるんだろうけど、吸血鬼伝説が根付いてない日本人にゃ単にエル・ファニングが美しいだけの作品だったと思う。映画の主人公となりえる小説家というのは、売れない作家かスランプの作家。ところどころに風刺を込めたって、単なるゴシックホラーの一遍としか映らない。

 若い女性の死を描いたエドガー・アラン・ポーを登場させるのも面白いし、犠牲になった少女たちの名前もポー作品に使われてる名前だと思う。杭を抜くという行為に何らかの意味があるんだろうけど、ちょっとわかんない・・・

 TWIXTってのはボードゲームのことらしいけど、劇中で使われてたのはウィジャでした。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
kossy

1.5コントが始まる‼️❓

2022年3月6日
PCから投稿

イメージビデオのようで、ホラーのようで、薬中の夢の💊ようで、最後はコントのようで。
ああ、ゴツトファーザーの監督の成れの果て、トホホ。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
アサシン5

1.5自分の好みではなかった。

2020年3月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

もう少し面白いのを期待していたけれど…自分にはそうは思えなかった。

ただ「おぉっ?!」っと思ったのが、地元の保安官がヴァル・キルマーをモルグに連れて行って…助手?が安置された遺体をストレッチャーで運んで来たんだけど、親指に付けられたタグに「JANE DOE」って書いてあった!!!
なんかワクワクした(笑)。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
m@yu-chan-nel