コーマン帝国

劇場公開日

  • 予告編を見る
コーマン帝国

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「インディペンデント映画の神」「B級映画の帝王」とも称される名プロデューサーで映画監督のロジャー・コーマンの人生を描いたドキュメンタリー。「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(1960/監督・製作)や「血まみれギャングママ」(70/監督)、「デス・レース2000年」(75/製作)など、監督として約50本、プロデューサーとしては400本以上もの作品を世に送り出してきたコーマンは、「早く、安く、利益を出す」という理念のもと、奇抜なアイデアで作品を連発。ジャック・ニコルソン、フランシス・フォード・コッポラ、ロバート・デ・ニーロ、マーティン・スコセッシ、クエンティン・タランティーノらがコーマンの率いる低予算作品の現場から巣立っていった。そんなコーマン門下生らのエピソードや代表作のフッテージとともにコーマンの軌跡を追う。

2011年製作/91分/アメリカ
原題:Corman's World: Exploits of a Hollywood Rebel
配給:ビーズインターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2011, KOTB, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0警察が来たら逃げる!

kossyさん
2019年7月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 低予算、速撮り、基本は1テイク!100万ドル以上の映画なんて意味がないという主張ものもと、赤字になった映画はたった1本だけという、アメリカB級映画を語るには欠かせない存在のロジャー・コーマン。彼の素顔、神髄に迫る貴重なドキュメンタリー映画。

 とにかく彼のもとから巣立っていった監督、俳優は有名人ばかり。ロン・ハワード、マーティンスコセッシ、ポール・W・S・アンダーソン、ジョー・ダンテ、ジョナサン・デミ、ジャック・ニコルソン、ピーター・フォンダ、ロバート・デ・ニーロ等々、数えきれないくらいコーマン学校から巣立っていったのだ。

 常に観客のことを考え、何が売れるかまで考えていた。また、多い年では10本もの映画を世に送り出す。そんな彼の根底には反体制の思想がある。何かに抵抗しなければ観客は喜ばないのだと・・・。

 そんな売れっ子であるはずの彼が唯一赤字を出した「Intruder」。60年代初期に南部に行って撮影し、黒人差別の問題を訴えた作品なのだが、公民権運動の前でもあるし、社会派映画としては時が熟していなかったのだ。

 アカデミー賞功労賞を受賞するシーン、ジャック・ニコルソンンの男泣きのシーンを見てしまったら、泣けるドキュメンタリーとしても印象に残る作品となった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5門下生の顔ぶれが凄すぎる

2018年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まあ、知らなかった人です。
この作品ということでのレビューはとくになし。
とにかく門下生の顔ぶれが凄すぎる。まじで映画界の頂点を極めた人物がずらり。こんなことってある?ていうぐらい。
でも、偶然じゃないんでしょうね。そんな人たちが惹かれる作品を作り、人としても素晴らしい映画監督なんでしょう。でなければこれだけの才能が集まる理由がわからない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
okaoka0820

4.0こーまん。

rさん
2017年1月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

面白い。
彼を慕う、錚々たる映画人たち。
やっぱり、
最後のジャック・ニコルソンは泣けるなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
r

4.0こういう人物が居るから映画はさらに面白い

近大さん
2013年12月25日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

興奮

言わずと知れたB級映画の帝王、ロジャー・コーマンに迫ったドキュメンタリー。

コーマンの手掛けた作品を紹介しつつ、コーマンの映画製作手腕、“コーマン学校”の卒業生がコーマンについて語る…。
コーマンの事は勿論知っていたが、改めてこうやって見ても、最初から最後まで興味深い内容。

星の数の映画人の中でも、ロジャー・コーマンほどユニークな映画人はなかなか居ない。
手掛けた作品はB級、チープと呼ぶのが相応しい超低予算映画ばかり。
コーマン映画を見て、素晴らしさや斬新さを覚える事は無いだろう。
しかし、映画をビジネスとして捉えるなら、コーマンは成功人。
安く早く作る。何でも利益を上げる時の鉄則。
低予算のSFやホラーがほとんどだが、エログロなど観客の見たいものを見せる。
言ってみれば、B級グルメと同じ。それもグランプリを穫るものではなく、それなりに満足出来るもの。

コーマンの人となりは意表を突く。
一風変わった人物かと思いきや、温厚で紳士的。
そんなコーマンの下で映画を学んだ映画人は、今さらわざわざ名前を挙げなくても分かるくらい錚々たる面々。

彼らがコーマンを語る時、本当にコーマンへの愛を感じる。
特に、ジャック・ニコルソンの言葉はグッとくる。
コーマン門下生のその後の活躍や成功が、コーマンも自分の事のように誇らしいという。
普通の恩師と教え子と変わりない。

コーマンを“B級映画の帝王”とだけで称されるのは勿体無い。
才と人徳溢れる、偉大で魅力的な映画人。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る