ドライヴ
ホーム > 作品情報 > 映画「ドライヴ」
メニュー

ドライヴ

劇場公開日

解説

「きみに読む物語」「ブルーバレンタイン」のライアン・ゴズリング主演で、昼はハリウッド映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手として働く孤高の天才ドライバーが、愛する女性を守るため裏社会を相手に命がけの戦いを繰り広げる姿を描いたクライムサスペンス。デンマーク出身の新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン監督が手がけ、2011年・第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。

作品データ

原題 Drive
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 クロックワークス
上映時間 100分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第84回 アカデミー賞(2012年)

ノミネート
音響編集賞  

第69回 ゴールデングローブ賞(2012年)

ノミネート
最優秀助演男優賞 アルバート・ブルックス

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

受賞
コンペティション部門
監督賞 ニコラス・ウィンディング・レフン
出品
コンペティション部門
出品作品 ニコラス・ウィンディング・レフン

DVD・ブルーレイ特集

命をかけた壮絶な純愛が、いまハイスピードで駆け抜ける── 世界がしびれた“新ハードボイルド・ヒーロー”誕生!
DVD・ブルーレイ特集

 カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したほか、業界内外を問わず全世界で高い評価を受けた「ドライヴ」が、9月19日にブルーレイ&DVDリリース! カーアクションに彩られた壮絶な純愛に身を投じる寡黙な主人公は、まさに“新ハードボイルド・ヒーロー”の誕生だ。 DVD・ブルーレイ特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

寡黙なヒーローが夜の街を切り裂く。新鋭監督N・W・レフンに注目
ドライヴの映画評論・批評

名前はない。家族はいない。過去は語らない。感情はめったに表に出さない。寡黙で謎めいた気配を漂わせている。1960年代や70年代に映画を見てきた人なら、こういうヒーローにはたっぷり親しんできたはずだ。「荒野の用心棒」や「サムライ」は例に...ドライヴの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全122件)
  • ただただカッコ良い 観たのは何年前でしょうか…忘れましたが、この映画を観てライアン・ゴズリングをカッコイイと思いました。 『きみに読む物語』と同じ人だと思わず、『ドライヴ』で初めて観た、と勘違いしましたが、アクショ... ...続きを読む

    ☆ユウ☆ ☆ユウ☆さん  2018年8月26日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • Jesus Christ(笑) 聖痕蠍 ...続きを読む

    たろっぺ たろっぺさん  2018年8月24日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 静と動のコントラスト NWレフン祭その1。 ゴズ君がK(『ブレードランナー2049』)よりよっぽど寡黙で感情を表に出さないので、まさかのレプリカント説が頭をよぎる。名前すら明かされていないようだしね。ただおかげでゴズ... ...続きを読む

    なお なおさん  2018年7月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ドライヴ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi