カルテット!

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
カルテット!
0%
11%
22%
45%
22%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

バラバラになりかけていた家族がカルテットを組み、再び絆を取り戻していく姿を描いた音楽ドラマ。音大出身の両親をもち、バイオリンの才能も豊かで将来を有望視される少年・永江開。しかし、フルートを習っている姉は弟の才能にコンプレックスを抱いてドロップアウト気味な上、父親がリストラされたことで家族はバラバラに。再び家族の笑顔を取り戻すため、開は家族カルテットを結成すべく奮闘する。主演はオーディションで選ばれた新人の高杉真宙。クランクイン直前に東日本大震災が発生し、舞台でもあり撮影地でもあった千葉県浦安市が液状化現象の被害を受け製作が危ぶまれたが、市民700人がエキストラで参加するなど協力して完成させた。

2011年製作/118分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2011「カルテット!」プロジェクト

映画レビュー

2.0シシリエンヌ

kossyさん
2019年6月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 開は母のチェロも覚えてないくらいだったが、崩壊しつつある家族の絆を取り戻そうと、祖母のバースデーパーティに10年ぶりで演奏しようと提案するのだった。その母方の祖母は由紀さおり、祖父は上条恒彦だ!しかし、美咲はあくまでも参加しようとしない。仕方なく3人で演奏することになり、老人ホームの皆を集めて「G線上のアリア」を奏でる。しかし、ブランクのあった父は演奏を途中で止めてしまう。しかし、開のバイオリンを聴いた渡辺(サンプラザ中野くん)が開にチャンスを与えてくれた。とりあえず、ライブ喫茶で直樹と開のデュエットをやらせてくれたのだ。それを観た美咲は友達の後押しもあり、フルートで参加することになる・・・曲はトゥーランドット。

 家族の絆を取り戻すなどという展開はあっという間に過ぎ去ってしまい、開の才能に目をつけた音楽家が彼に一流のオーケストラに参加させるというストーリー。だけど、そんなプロの道よりも家族で演奏することを選ぶということがメインとなる。クライマックスはそのオーケストラと家族のコンサートがバッティングし、開がドタキャンして家族の下へ向うというお決まりパターンでした。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0家族の仲直り

kikki_tkさん
2017年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

家族が仲直りすることを勧めてくれる作品だと思います。
行き違いやすれ違い、ケンカなどはよくある事
そこをどうやって仲直りするかを気づかせてくれる内容かなと
思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kikki_tk

2.0なぜ?

2017年8月18日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キクさん

1.5秋の感動2時間ドラマスペシャル

近大さん
2013年7月3日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

元は才能ある音楽一家だったが、父は失職し母はパート、姉は不良の道に。バラバラになった家族の絆を取り戻す為、弟は家族カルテットを組む提案をする…。

舞台は千葉県浦安市。
撮影直前に東日本大震災に見舞われ、製作が危ぶまれたが、地元の方々の協力で完成に漕ぎ着けた。
実は、本作のイイ点はそこだけだったりして…。

ハッキリ言って、“秋の感動2時間ドラマスペシャル”レベル。いや、それ以下。
話はありきたり。演技はお下手(特に主役の男の子)。キャストも2時間ドラマで見かけるパッとしない面々ばかり(失礼!)。
わざわざ映画でやるほどの事?

もう一つ残念なのが、見所であるハズの演奏シーン。
だって、吹き替えなんだもん。
普通は猛練習して、実際に演奏するでしょ。
クラシック音楽は美しいけど、何だかガックシの映画。

不良姉を演じるのは、今人気のゴーリキ。
だけど彼女って、本当に人気あるの?可愛いの?
ちなみに僕はあまり好きではない…。
今年から来年にかけて出演映画が多数公開。これで来年度の日本アカデミー賞新人賞は確実にゲット!(皮肉です)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「カルテット!」以外にこんな作品をCheck-inしています。