夏の終止符

劇場公開日

夏の終止符

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カンヌ、ベルリン、ベネチアの世界3大映画祭の受賞作を中心に、各地の映画祭で話題になりながらも日本未公開だった作品を一挙上映する「三大映画祭週間2011」にて上映。ロシア北極圏辺境の島にある気象観測所で放射能の数値を測定し、本庁にデータを送る仕事を黙々とこなすセルゲイとパベル。ある日、セルゲイはパベルに観測をまかせて釣りにでかけるが、未熟なパベルが観測時間を逃した上に、その埋め合わせのためにウソのデータを報告してしまい……。2010年・第60回ベルリン国際映画祭で2つの銀熊賞(男優賞・芸術貢献賞)を受賞。

2010年製作/124分/ロシア
原題:Kak ya Provyol Etim Letom
配給:熱帯美術館

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
ロマン・ボルセビッチ
セルゲイ・チリヤンツ
脚本
アレクセイ・ポポグレブスキー
撮影
パベル・コストマロフ
編集
イワン・レベディフ
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Koktebel Film

映画レビュー

4.5舞台設定を許容できるかどうかが、最大の鍵

septakaさん
2011年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

“三大映画祭週間2011”

鑑賞直後は、

無骨 vs 優男

男の矜持のぶつかり合いに
鳥肌が立つほど痺れたのですが、
冷静に考えると、なぜあの島に、
放射能が野晒しにされていたのか謎。

普通にガイガーカウンターを突っ込める、
寒いからと暖をとるために放射能へ顔を突っ込む。

ありえねぇ~~~

鑑賞後、時間がたつにつれ、
大真面目に作られていただけに、
余計に、コメディだったのかとの
思いが、強くなってくる(苦笑)

男の矜持
小人の恨みの怖さ
閉ざされた空間の
閉塞感がなせる業

人の醜い部分に、
真っ向から向き合っていただけに、
冷静に考えれば考えるほど設定が(笑)

少しひねくれた『相棒』
プチ『エッセンシャル・キリング』

そんな風情も漂わせていました。

放射能の設定に目を瞑れば4.5点。
目を瞑れないと根底から覆るので1点かな(苦笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
septaka

4.0見えない被爆の恐怖

2011年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DOGLOVER AKIKO
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る