僕等がいた 後篇

劇場公開日

16%
39%
35%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。東京へ引越した矢野との再会を夢見て大学進学を果たした七美だったが、待っていたのは最愛の人の消息不明という事実だった。苦渋の決断の末に姿を消した矢野と七美は数年後、思いがけない再会を果たすが……。生田斗真と吉高由里子がダブル主演する純愛ストーリーの完結編。監督は「ソラニン」の三木孝浩。

2012年製作/122分/G/日本
配給:東宝、アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2012「僕等がいた」製作委員会 (C)2002小畑友紀/小学館

映画レビュー

3.0脇役のほうが存在感ある

2022年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

俳優の実年齢が役の年齢に近くなって後編は違和感がだいぶ薄らいだ。でも脇役の方が圧倒的に存在感あって(高岡蒼佑、比嘉愛未、本仮屋ユイカ)、やっぱり演出と本が主役の味を引出せてない。ようは万事が不自然なのだ。監督も生田斗真と吉高由里子のあの演技でOK出すのはプロとしてどうかと思う(だってこの映画のあとの作品はそんな悪くない)。いずれにしても星3つだけど前編よりは良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
O家の主人@マンU

2.5僕はラストシーンがわかんない。

2021年5月17日
Androidアプリから投稿

単純

難しい

まず、前編を見たときに最初は良作と思ったが、なんか暗くてなんか嫌いう感情が頭にもやっときて、前編の評価を4.0→3.5に変えた。

そして、そんな気持ちを感じながらの後編を見て、少し気持ちが乗らずに見た感想が以下になります。

前編を見たときに信じ続ける高橋に打たれたけど、矢野は後半に6年も放置して全く振り向かない。6年その間に竹内が高橋を支えた。矢野をおもう竹内をまるごと愛した竹内。僕は竹内の愛する力により感動した。

矢野は、山本妹と住んだりして意味がわからない。理屈として説明されてわかるかもしんないが、竹内君の「高橋が溺れてるのかなんでわかんないんだ(殴る)」もっともすぎる。あと5発くらい俺ならボコボコにしただろう。こいつ5発くらい殴らんと気づかんよ。

竹内はどこまでも、高橋の幸せを願う。
矢野は鈍いもここまできたら悪。山本妹が同情で付き合われて幸せになるわけなし。

高橋は矢野にどんなに振り向かれずとも、竹内をふって、思いだけもって一人で生きていこうとする。

最終的に、ラストシーンで、帳尻合わせみたく、矢野は高橋と結ばれるが、僕は、どう矢野が気持ちを整理して、しっかり、気づいたのか説得力に全く欠けるし、まずは高橋に言葉を尽くして謝らないといけないし、竹内と同じ6年は付き合ってから、本当に好きって言ってくれないと納得できない。ラストシーンまでの過程がないんだよなあ。俺が見誤ってるのか。

高橋の愛は矢野を遥かに上回るのは明白だし、竹内の高橋への愛も矢野を遥かに上回る。ギャップを見ていて感じちゃうのよ。
高橋が重すぎるくらい必死だから、矢野のテンションが合わさらないとこのストーリー成立しないのよ。

せっかく、丁寧に前編で気持ちを描いてきたのに、矢野の気持ちが、高橋や、竹内に比して全く伝わりません。

あと、矢野は自分のひとりよがりが強いと前編後編を見てかなり思った。矢野は自分がいろいろ思うのをよく一人で抱える。自己完結すなよ。こんな辛い思いを好き人に僕なら絶対にさせません。

なんというのか、回り道が必要な苦労する恋愛もあるんだけど、この話、回り道がこんなに必要?その説得力がないんだなあ。

※私の感想をわかりやすくすると、弥生3月君を愛した30年なんかは、めっちゃ回り道するんだけど、説得力がある。前編後編使わなくとも回り道の意味を悟る。

※比嘉愛未はいいです。竹内も比嘉愛未みたいな人を好きになったら、いいのに。

おわり

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
れいすけ(休眠中)

3.0確かにいたかな❓

2021年5月5日
PCから投稿

高岡と本仮屋ユイカが無反応なのは演技なのだろうか。
本仮屋ユイカが現在と別人のように感じた、少し退屈な展開なので。
比嘉愛未の演技は良いのだが、前半、吉高由里子が出てこないので、失望しました。
悪いところはそれほど無いのですが、良いところも見つけにくい微妙な内容でした。
ハマる人にはハマるのかもしれませんが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アサシン5

3.5ラストシーンが惜しい

2020年6月26日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
はるはる
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「僕等がいた」シリーズ関連作品