アンノウン

劇場公開日:

アンノウン

解説

「96時間」のリーアム・ニーソン主演によるアクションスリラー。医学博士のマーティン・ハリス(ニーソン)は若い妻とともに学会に出席するためベルリンへと赴くが、宿泊するホテルに向かう途中で交通事故に遭う。病院で一人意識を取り戻したハリスだったが、妻にはその存在すら認識されず、見ず知らずの男が自分になりすましていたため、真相究明に乗り出すが……。監督は「エスター」のジャウム・コレット=セラ。

2011年製作/113分/G/アメリカ
原題:Unknown
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2011 DARK CASTLE HOLDINGS, LLC

映画レビュー

4.5見ているうちに既出感を覚えた。大筋は「トータルコール」とそっくりで...

2022年6月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

見ているうちに既出感を覚えた。大筋は「トータルコール」とそっくりである。それぞれ、原作は、ディディエ・ヴァン・コーヴラールの小説『Out of My Head』とフィリップ・K・ディックのSF小説『追憶売ります』と異なると言うことだが、どういうことだろうか。もちろん、物語はディーテールに宿るので、映画の面白さは保証したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナムトック

4.0『黒いカーテン』を思い起こす話

マサシさん
2022年6月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

最初はウィリアムアイリッシュの『黒いカーテン』を思い起こす話だった。
ただ、それだけでは終わらない話だった。面白い話だった。
エスターと同じ監督?!でも、これは評価出来る。

ベルリンの地下鉄はジーゼルエンジンなのだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マサシ

4.0私はだーれ?

bunmei21さん
2022年4月19日
iPhoneアプリから投稿

『96時間』のリーアム・ニーソンが主演する、クライム・サスペンス。いつものごとく、ニーソンは、闇の組織との追いつ追われつの逃亡劇を繰り広げるアクションも満載。そして、本作の舞台は、ドイツのベルリン。

学会で妻と共にベルリンに降り立ったニーセン演じる主人公・ハリス・マーティン。ホテルに着いた所で、1つ荷物がない事に気づき,妻を置いて,一人で空港に取りに戻る。しかし、その途中で交通事故に遭い、4日間昏睡状態となる。目が覚めた時には、彼の状況は一転していた。

記憶は徐々に戻ったが、身分を明らかにする物が無く、妻とも再会するが、妻は別の男と結婚し、自分を知らないと言う。見知らぬ街で途方に暮れる中、いつしか彼に魔の手までが忍び寄ってくる。

次第に、追い詰められていく中で、闇の組織とマーティンの研究に関わる、大掛かりな陰謀が明らかになっていく。その中で、物語は二転三転しながら、マーティン自身に課せられた、衝撃的な秘密にも辿り着く。

この作品は、ニーソンにとってもハマり役。彼の持つアウトロー的な男臭さと危機一髪のギリギリのアクションは、ニーソンの魅力を充分に、引き出した作品である。個人的には、彼の作品の中で,一番のお気に入りだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
bunmei21

3.0好みが分かれる

アトラさん
2022年4月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

謎解きがあって面白いって言う人がいたので観てみたけど私の好みではなかった。もちろんつまらなくはないんだけど中盤で飽きてきた。後半で色々謎が解けてきて少し盛り返すけど展開が好きではない。良い人が亡くなるので悲しい。敵が主人公を殺す機会がたくさんあるのに見逃しがすごい。女性陣は綺麗だった。リーアム・ニーソンはスター・ウォーズで好きになったけど主役じゃない映画の方が面白い気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アトラ
すべての映画レビューを見る(全87件)