アンノウン : 映画評論・批評

メニュー

アンノウン

劇場公開日 2011年5月7日
2011年5月10日更新 2011年5月7日より新宿ピカデリーほかにてロードショー

これぞリーアム・ニーソンが放つ“驚愕の身元”シリーズ第2弾だ!

異国の地、孤立無援、巨大な陰謀、どんでん返し……。これらのキーワードに鑑賞欲をそそられるスリラー好きの読者に、ぜひお薦めしたい快作である。古都ベルリンで不測のトラブルに見舞われ、アイデンティティーを失ってしまったアメリカ人学者の苦闘。ここでいうアイデンティティーとは、この手のジャンルにありがちな“記憶”ではなく、辞書に載っている意味そのままに“身元”のことをさす。

自分の名前も職業も、ベルリンに来た理由もすべて覚えているのに、その事実を証明する術(すべ)がない。同伴してきた愛妻には「あなた、誰?」と告げられたうえに、主人公の名前を語る別人が現れ、揚げ句の果てには殺し屋が迫ってくる。こうした不条理な異常事態の勃発が手際よく描かれる導入部からして、往年のヒッチコック作品や「コンドル」「フランティック」などを彷彿(ほうふつ)させる上質なスリラーのエッセンスが濃厚に匂い立つ。

そして主演俳優がリーアム・ニーソンだということも忘れちゃいけない。彼が50代半ばにしてアクションに開眼した「96時間」は、まさに意外な“身元”を隠し持つ中年男の話であり、かなり唐突な設定を力ずくで見せきることによって問答無用の映画的快感を喚起していた。その点「アンノウン」は、終盤に明かされる衝撃の真実がより論理的なミステリー的興趣と結びついており、主人公の“身元”自体が巧妙なトリックになっている。「96時間」に続くニーソンの“驚愕の身元”シリーズ第2弾としても大いに楽しめるはずだ。

高橋諭治

関連コンテンツ

特集

映画ファンのゴールデンウィークは極上のアクション・サスペンスで締めくくる。最強のオヤジ、リーアム・ニーソンの闘いを見よ!
特集

重厚な演技派イメージから一転して、娘の奪還に挑む「96時間」の本格アクションで映画ファンのド肝を抜いた、あのリーアム・ニーソンが帰ってきた。今度は、異国の地で交通事故に遭い、目覚めると孤立無援の状況に陥っていた男が挑む“人生の奪還”。...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

unknown/アンノウン[DVD] アンノウンッ2 心霊映像徹底追及[DVD] アンノウンッ[DVD] アンノウン[DVD]
unknown/アンノウン[DVD] アンノウンッ2 心霊映像徹底追及[DVD] アンノウンッ[DVD] アンノウン[DVD]
発売日:2007年7月4日 最安価格: ¥4,104 発売日:2017年6月2日 最安価格: ¥3,283 発売日:2017年4月7日 最安価格: ¥3,283 発売日:2012年4月25日 最安価格: ¥1,000
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全55件)
  • WOWOW無料放送、吹き替えで。 事故の昏睡から目覚めた時、誰かが... WOWOW無料放送、吹き替えで。 事故の昏睡から目覚めた時、誰かが自分になりすましていた。証明してくれるはずの妻からも知らない人呼ばわりされてしまう。 えっ、なんで?一気に引き込まれてしまいま... ...続きを読む

    はむひろみ はむひろみさん  2018年9月24日 22:58  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • もっと面白く出来たはず 最初の30分間で激しく引き込まれた。その先の展開に凄く期待したが。。。何だこの失速感。勿体無い。 ...続きを読む

    @Jankichi@ @Jankichi@さん  2018年9月15日 09:54  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ブルーノ・ガンツの名演 定期的にリーアム・ニーソンのしょぼくれ顔が観たくなるのは何故なんだろう? 映画としてはツッコミ無用のおバカアクションで、ニーソンファンとしては及第点といった感じです。 本作一番の見所は、ブル... ...続きを読む

    凪 さん  2018年3月18日 06:30  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi