ウェイバック 脱出6500km

劇場公開日:

ウェイバック 脱出6500km

解説

「刑事ジョン・ブック 目撃者」「マスター・アンド・コマンダー」の名匠ピーター・ウィアーが、スラボミール・ラウイッツによる手記「脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち」を映画化した実録冒険ドラマ。1940年、スパイ容疑でソ連当局に逮捕されたポーランド軍人のヤヌスは、極寒のシベリア強制収容所に収監される。ヤヌスは収容所内で出会った仲間6人とともに収容所からの脱出を図るが……。出演はエド・ハリス、ジム・スタージェス、コリン・ファレルに、「つぐない」のシアーシャ・ローナン。

2011年製作/134分/G/アメリカ・アラブ首長国連邦・ポーランド合作
原題:The Way Back
配給:ショウゲート

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第83回 アカデミー賞(2011年)

ノミネート

メイクアップ賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2010 Siberian Productions, LLC

映画レビュー

3.5過酷な旅の恐怖

2022年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ジムスタージェス扮するヤヌシュビスチェックは、共産党を批判しスパイだと妻から証言されシベリアの収容所に入れられた。ヤヌシュは脱走について強い意志を示していた。気がふれそうな重労働を強いられチャンスを狙い仲間とともに吹雪の中脱走した。体力だけが勝負のひたすら続く過酷な旅の恐怖。いつかきっと祖国へ帰る日を夢見て。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
重

4.5ただ歩くだけなのに・・・

2022年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし

3.0たんたんと話が進む

2021年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ストーリーとしては単調で、起伏に欠ける展開だ。
映像の重厚さは、掛け値なし。素晴らしい出来栄え。
登場人物も、上手に描き分けてある。
特に、途中で合流する少女が、映画にいいアクセントを添えている。
無味乾燥な、徒歩の行程に明るい花が咲いたような印象。
好奇心旺盛な少女は、全員のプロフィールを詳しく詮索して、それぞれに披露してまわる。
まさに、女性の備えた本能。
物語は、これと言った山場もなく、静かに閉じていく。

2013.12.6

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ

3.5彼等が追い求めたもの

2021年1月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.7
脱出冒険記は入り込めるし、応援したくなる。エド・ハリスの演技が、この壮絶なサバイバル活劇をリアルな質感に仕上げている。またスペシャルにキュートなシアーシャ・ローナンは、少々このサバイバルなチームには不似合いだったが、最後の命が尽きる瞬間は、表情も過酷な旅に染まり素晴らしかった。
彼等の求めるものは自由なのか、それとも帰るべきホームなのか。命をなげうってまで追い求めたものは。最後に回収はしてくれるが、劇中に掘り下げが薄く、命を賭ける原動力を感じにくかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
カメ
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る