ウェイバック 脱出6500km : 映画評論・批評

ウェイバック 脱出6500km

劇場公開日 2012年9月8日
2012年8月28日更新 2012年9月8日より銀座シネパトスほかにてロードショー

過酷な大自然のなか地球全周の6分の1を歩くサバイバルドラマ

第2次世界大戦の秘話であり、壮絶な実話だ。主人公は、ドイツ軍とソ連軍に侵攻され戦場となったポーランド人捕虜(ジム・スタージェス)で、故国に妻を残した彼はシベリアの収容所を脱出する。だが、「第十七捕虜収容所」や「大脱走」のように収容所の外へ出ればいいというものではなく、それは序章にしかすぎない。それからの道程が真の地獄となるのだ。シベリア~モンゴル~中国~チベット~インドと、“歩いた”距離はなんと6500キロ。6500キロといえば、地球全周の約6分の1。壮大なスケールである。ブリザードが吹きすさぶ厳寒のシベリアからモンゴルの大平原、砂嵐が舞い蜃気楼も見える灼熱のゴビ砂漠を通り、万里の長城やヒマラヤ山脈を超えて彼らはインドを目指す。

ピーター・ウィアー監督がオールロケで、人間の生命の限界点を描くサバイバルドラマをそつなく演出。命がけの脱出行の伴走者ならぬ“伴歩者”となる、シアーシャ・ローナン演じる紅一点のポーランド人少女が作品自体の可憐な一輪の花となっている。彼女の登場で、生きることに血眼になっていた6人の男たちの目に、人間らしいやさしさが戻ってくる。うまい演出だ。

印象としてやや長めに感じるが、アメリカのナショナルジオグラフィック協会の協賛による映像が、人間の無力さを容赦なくあばく。大自然が人間に牙を剥くのだ。大自然を戦争という言葉に置き換えてもいいだろう。フランク・キャプラの「失はれた地平線」で到達するシャングリ・ラ(理想郷)ほどでないが、ラストの苦い勝利が実に心地よい。

サトウムツオ

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ウェイバック-脱出6500km-[DVD] アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち[DVD] ジオストーム ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ガフールの伝説[Blu-ray/ブルーレイ]
ウェイバック-脱出6500km-[DVD] アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち[DVD] ジオストーム ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ガフールの伝説[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2013年3月2日 最安価格: ¥3,283 発売日:2016年10月5日 最安価格: ¥1,000 発売日:2018年5月23日 最安価格: ¥3,145 発売日:2011年9月7日 最安価格: ¥1,490
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全9件)
  • エドハリスかっこいいよー! ネタバレ! ...続きを読む

    よめハム よめハムさん  2016年3月7日 14:04  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 途方もない距離 映画の内容はフィクションらしいが、実際にインドまで脱出した人がいるということに驚きだ。 ...続きを読む

    pazoo pazooさん  2015年4月6日 19:09  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 傑作 間違いなく傑作 ピーターウィアーの最高傑作 もう相変わらずの傑作放出監督 もう最後は涙が止まりませんでした ...続きを読む

    case-K case-Kさん  2015年3月5日 05:21  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi