第十七捕虜収容所

劇場公開日

17%
66%
17%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

 原作は、ナチス監視下のアメリカ軍捕虜収容所を舞台にしたブロードウェイのヒット劇。皆の協力のもと、脱走を試みた2人の捕虜が射殺される。仲間内から裏切り者がいるとの声が上がり、一匹狼のセフトンは真っ先に疑いの目を向けられる。なんとか疑惑を晴らそうと、ドイツ軍のスパイ探しをするセフトンだったが……。主演のウィリアム・ホールデンは、今作でオスカー俳優の仲間入りを果たし、その後も目覚ましい活躍を遂げる。しかし、1981年不慮の事故でこの世を去った悲劇の俳優である。

1953年製作/119分/アメリカ
原題:Stalag 17

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

3.5コメディとシリアスの対比

2020年6月29日
iPhoneアプリから投稿

笑える

楽しい

『大脱走』と設定、雰囲気が似ていますね。大脱走が好きな方は本作も楽しめるかも、と思います。
本作は捕虜たちの日常がメイン。そして仲間内にスパイがいるのでは…という犯人探しの展開が描かれていきます。大脱走よりもコメディ寄りですが、シリアスな場面との対比がとても良かったです。

収容所の中でもワイワイ過ごす彼らを見ていると楽しくて、元気が出ました。

キャラも立っていておもしろかったです。特にアニマルとハリーは子供のようで、癒しの存在でした。そしてセフトン。最初はいけ好かない感じですが、格好いい。

ラストも上手い。そうくるか、とスッキリしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きーとろ

4.0すごく面白い

2019年8月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.5斯くも楽しきかな捕虜収容所。 脱走できるかで賭けたり、女性収容所を...

2019年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

斯くも楽しきかな捕虜収容所。
脱走できるかで賭けたり、女性収容所を覗き見したり。どんな状況となっても人間って逞しい。実際にはなかなかそうはいかないのだろうが、そこをユーモラスに描いているのが秀逸。残虐さで惹きつける現代の戦争映画とは全く違う。
裏切り者は誰?というサスペンス要素もあり、飽きさせません。古い作品ですが、大いに見る価値あり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.0 戦争映画は数多くあれど、捕虜収容所ものの映画は少ない・・・という...

kossyさん
2018年11月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 戦争映画は数多くあれど、捕虜収容所ものの映画は少ない・・・というナレーションで始まる。そして影の薄いクッキーの目線で語られる。

 最初に脱走を試みた2人が射殺されるが、その後のスパイ容疑は微々たる事件の連続。順番が違ってたらもっとスリリングだったに違いないと思いつつ、ワイルダーの意図は完全に娯楽作を目指してたのだと考えを改めた。ドイツ兵に賄賂を贈り、ネズミ競馬を仕切ったり、ひどい味の酒を売ったりと、セコく稼ぐ男セフトン(ホールデン)。悲観論者というより、捕虜生活を楽しんでるとしか思えない。そして脇を固めるキャラにハリーとアニマル(ロバート・ストラウス)。このコンビには何度も笑わせてもらった。向いにあるロシア女の収容所に関するネタが多いのだが、望遠鏡では飽き足らず、白線を引きながら堂々と覗きに行くシーンは爆笑モノ。プレ『大脱走』を想像してたのだが、アメリカ人の陽気な部分を見せてもらった感じ。日本人捕虜だとこうもいかなかったろう・・・

 スパイ容疑も皆からリンチを受けてひと段落ついた頃、チェスの駒を使った通信に気付いたセフトン。その頃、新たな2人の入所者があったが、その一人ダンパー(テイラー)が列車を爆破したことを仲間に語り、それが密告され拷問を受ける。最後はダンパーを救出するというストーリー展開になるのだ。

 真犯人は警備係でもあったプライス(ピーター・グレイブス)。『スパイ大作戦』のジム・フェルプスの若かりし頃だ。皆で殺したらナチに報復されるだろうから、復讐のやり方をずっと一人で考えてたセフトン。ダンパーを救出すれば金持ちの母親から報奨金をもらえると踏んだ彼は、自ら救出&脱走を志願するのだ。そして、プライスを陽動作戦に使い、ドイツの哨兵に殺させる。「真珠湾攻撃はいつだった?」という質問が渋い。そりゃドイツ時間だ!てな感じで。

 音楽には“When Johnny Comes Marching Home”(「ジョニーの凱旋」)がテーマ曲のように使われていたが、それよりも米兵たちが“ジングルベル”をアカペラで歌うところが一番気持ちよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「第十七捕虜収容所」以外にこんな作品をCheck-inしています。