トゥー・ダスト 土に還る

解説

2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」部門上映作品(映画祭上映時タイトル「トゥー・ダスト」)。

2018年製作/90分/アメリカ
原題:To Dust

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0サウルの息子

2020年4月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

『サウルの息子』を鑑賞した時にユダヤ教は、埋葬に沢山の儀式が必要な宗教だと初めて知ったのですが、今作の主人公もかなり遺体に執着していたので、日本人の私からしたら不思議でした。日本はお骨にしてしまうから、骨を見た瞬間に割り切れるのかなあ。宗教を強く信じている人もそう多くはありませんし。

日本が土葬していた時代でも、遺体がビジュアル的に腐敗したゾンビ的なものは無いし、むしろ生前の姿の幽霊があの世からやって来て、、、な世界観だから、あの世とこの世をはっきり分ける宗教感なのかもしれないですね。

普段あまり考えない様なテーマを映画が与えてくれると自分も刺激を受けるので、そういう意味で興味深い作品でした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る