トム・ヒドルストン、新「ベン・ハー」主演候補に

2014年8月19日 22:40

歴史超大作に挑戦!?
歴史超大作に挑戦!?

[映画.com ニュース] 米MGMとパラマウント・ピクチャーズが、1880年に発表されたルー・ウォーレスによる歴史小説「ベン・ハー」を映画化するプロジェクトで、主演に英人気俳優トム・ヒドルストンを希望していると米Deadlineが報じた。

アベンジャーズ」「マイティ・ソー」シリーズでブレイクしたヒドルストンがすでに主人公ユダ・ベン・ハー役のオファーを受けているのかは不明。しかし同作以外にも、2012年に出版されたベストセラーロマンス小説「Me Before You」をMGMが映画化する企画など複数の作品から声がかかっているため、キャスティングが実現するのか、今後の動向に注目が集まる。

原作小説は、ローマ帝国が支配するエルサレムのユダヤ人貴族ユダ・ベン・ハーの数奇な人生を、「新約聖書」のイエス・キリストの生涯を交えて描く叙事詩的ストーリー。これまで1907年と25年にサイレント映画、59年にトーキー映画、2003年にアニメ映画として4度映画化されている。なかでもウィリアム・ワイラー監督、チャールトン・ヘストン主演の59年版は、アカデミー賞で最多11部門を受賞。その後、「タイタニック(1997)」と「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」が同じく11部門を受賞しているが、これを上回る記録は出ていない。

新「ベン・ハー」は、脚本家キース・クラーク(「ウェイバック 脱出6500km」)が脚色した企画をMGMが買い取とったことからスタート。最新の脚本は「それでも夜は明ける」でアカデミー脚色賞を受賞したジョン・リドリーが手がけており、監督にはティムール・ベクマンベトフ(「ウォンテッド」「ナイト・ウォッチ」)が決定している。16年2月26日の全米公開を予定しており、来年早々に撮影を始めるようだ。

現在ヒドルストンは、J・G・バラードの長編小説を映画化する「ハイ・ライズ(原題)」を撮影中。その後、米音楽史に大きな影響を与えたカントリーミュージックの巨匠ハンク・ウィリアムスの伝記映画「I Saw the Light(原題)」に主演する。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース