スリーデイズ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
スリーデイズ
スリーデイズ
12%
53%
32%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「クラッシュ」「告発のとき」のポール・ハギス監督が、2007年の仏映画「すべて彼女のために」をラッセル・クロウ主演でリメイクしたサスペンスドラマ。大学で教鞭をとるジョン・ブレナン(クロウ)の妻ララが、ある日突然殺人罪で逮捕され刑期3年を言い渡される。以降、ブレナンは妻の無実を証明するために奔走するが、彼らの上告が棄却されると、妻の脱獄を計画する。共演にリーアム・ニーソン、エリザベス・バンクス。

2010年製作/133分/G/アメリカ
原題:The Next Three Days
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2010 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0思った以上に良作

2020年11月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

オリジナルのほうを知らないが、思った以上に良作。
冤罪と脱獄というサスペンスの二枚看板をテーマにしたシナリオが秀逸。前半はすこしだるいが、中盤あたり計画を練りはじめるあたりからおもしろくなる。

で、たぶん一番この作品のよいところは、最後までひっぱりがあること。冤罪かどうかの真相を明らかにせず、途中であきらめるのではないか、逃亡は成功しないのではないか、という線を残している。だから、最後まで緊張感が途切れない。

そして、すんごいハッピーエンド。すれまくって素直に観れない自分なんかにはこれこそ予想外だった。ラスト刑事の推理シーンで冤罪を明らかにするわけだが、最後まで丁寧な編集で余韻も心地良い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

2.0ヒューマンドラマ的

2020年10月7日
iPhoneアプリから投稿

愛する人のためにというのは分かりますが、やはりちょっと無理があるような気がしました。そもそもラッセルクロウがカッコよ過ぎてなんか全て上手くやってくれるんじゃないかと期待してしまったので、結果的には「なーんだ」というシラケた感じになってしまいました。できればもう少し非力な感じのキャストの方がよかったような気がします。ハードボイルドなのかサスペンスなのか、よく分からない設定で印象に残ったのは最後下水溝を調べる際に証拠となるボタンが無情にも落ちていくシーンですね。でもここに気づくのに3年かかる刑事には土台無理なんでしょう。なんともスッキリしない映画でした。ヒューマンドラマですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
black swan

4.0絶望に生きるより、狂気に生きる

2020年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

妻と一人息子の三人暮らしの温厚な教師は、妻が殺人容疑の逮捕されてしまう。判決後、残された時間は3日。

妻の無実を信じる教師が妻を脱出させて、一緒にいく逃避行。これまで温厚な男性が、犯罪を犯してまでも救出する狂気を描く。

主人公のセリフ「人が自分の世界だけを生きれば、狂気と呼ばれる。だが、絶望の中に生きるよりはマシだ」。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜野 灯

4.0全ては妻のために・・・

2020年7月12日
スマートフォンから投稿

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画は生き甲斐
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る