ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
12%
56%
27%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

二日酔いで記憶をなくした男たちの騒動を描き世界的大ヒットした「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(2010)の続編。フィル、スチュ、アラン、ダグの4人は、スチュの結婚式に出席するためにタイ、バンコクへ。再びバチェラーパーティを繰り広げる。翌朝目覚めると部屋には猿がいて、アランは丸刈り、スチュの顔にはタトゥが入っており、またしても想像できない事態を引き起こしていた……。監督のトッド・フィリップス、主演のブラッドリー・クーパーら前作のスタッフ、キャストが再結集。

2011年製作/112分/R15+/アメリカ
原題:The Hangover Part II
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

映画レビュー

0.5泥酔者が暴れるのを観て楽しいか、まじで?

2020年3月18日
PCから投稿

結婚前夜の男が仲間と盛り場で動乱ぐらいの酷い騒ぎをする、泥酔者たち、当然、記憶も無い。
器物破損、誘拐、傷害、やりたい放題。
これがコメディか?
何か勘違いしてないか?
非常に後味か悪い、最低の映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.5【無駄にイケメン、ブラッドリー・クーパー率いる狼集団のオバカな珍道中。”ミスター・チャウ”のお下劣さも更にパワーアップした面白すぎる”二日酔いワールド”再び。】

NOBUさん
2020年2月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 このシリーズの面白さは、”言うまでもないが”、でも書く。

 大酒飲みなら大いに共感できる、周囲の冷たい視線を浴びながらの
 ”俺、昨日の晩何しちゃったの???、教えて・・、何しちゃったの??”
 を見事なエンタメ作品として、描いている所である。

 今作では、各キャラクターの魅力は更に増しており、
 ・問題児アラン(ザック・ガリフィアナキス:この人も、このシリーズを足がかりにブレイクしていったなあ)のハチャメチャ振りはパワーアップし、

 ・フィル(ブラッドリー・クーパー:現在の彼のポジションを、当時誰が想像しただろうか??)は無駄にイケメンであることは変わらずに、悪友仲間の歯科医のステュ(エド・ヘルムズ)の結婚式がタイで行われることに愚痴を言っている・・(遠いよ!(バチェラー・パーティが出来ない事に不満を持っている事が見え見えである・・))

 ・唯一の理性、ダグ(ジャスティン・バーサ)も同行し、一同ロサンゼルスからタイへ・・。

 文句タラタラだったフィルも美しいリゾート地の雰囲気にテンションは上がり、ステュの婚約者(ジェイミー・チャン)の優等生の弟、テディ(メイソン・リー)も誘い、ビーチで焚火を囲み祝杯を上げる・・。

 が、目を覚ますとビーチではなく、どこかのホテルの部屋。部屋は滅茶苦茶で、問題児アランはなぜか坊主頭。ステュの顔面には見事な刺青が入っている・・。
 テディはおらず、代わりに猿が一匹・・・。

 マイク・タイソン(本人である・・)も登場する・・。

 とても、面白いが酒飲みにとっては、”明日は我が身・・”と思いながら笑いながら鑑賞した作品。

 個人的には、刺青が入った顔で実に憂鬱そうにビリー・ジョエルの”アレン・タウン”の替え歌”アラン・タウン”を歌うステュの姿がツボに入った作品。

 相変わらず、ミスター・チャウ(ケン・チョン:近作では、クレイジー・リッチで姿を拝見)は全裸で飛び出すし、安定のオバカな面白さである。

 そして、エンドロールで明かされる、彼らの狂態振り。(優等生の筈のテディが凄すぎる・・。)

 が、その元凶は今作もアランであった・・。

<2011年7月8日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.0てんどん

Kjさん
2019年10月12日
iPhoneアプリから投稿

前作と全く同じ構図で進める。ある意味思い切っているが、それでも楽しめる野郎達。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

3.5面白かった

CBさん
2019年9月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

「ワールズエンド」との組み合わせという、さすがキネカ大森という、胸焼けしそうな名画座メニューで堪能。

「ワールズエンド」と比較すると、こちらのがより純粋にバカ映画。流石にアメリカ人はバカだなあ。(注 ほめてます)
第1作を観ずにこちらが初見だったが、十分に楽しめた。皆のレビューによると、同じような作品らしいから、どっちか見れば十分なのかな?

たしかに最後には「愛すべき馬鹿野郎達」と友達になりかけてる感じがするから不思議だ。

とはいえ、指のくだりは、流石に悪趣味じゃない? あれは、俺にはついていけなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
CB
すべての映画レビューを見る(全52件)

他のユーザーは「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」以外にこんな作品をCheck-inしています。