闇の列車、光の旅

劇場公開日

  • 予告編を見る
闇の列車、光の旅
13%
62%
25%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日系米国人のキャリー・ジョージ・フクナガ監督が移民たちの現実を描いた人間ドラマ。ホンジュラス出身の少女サイラは、父と叔父とともに移民たちでひしめく列車でアメリカを目指し旅立つ。道中、メキシコの強盗集団に襲われたサイラは、彼らの一味である青年カスペルに命を救われる。その後、サイラは裏切り者として組織から追われるカスペルと行動を共にし、国境を目指すが……。製作総指揮にガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナ。

2009年製作/96分/PG12/アメリカ・メキシコ合作
原題:Sin Nombre
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2008 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0移民ではなく亡命

U-TAさん
2019年4月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

この世は地獄に満ちている
人が造った世界は地獄に満ちている
まるで希望が見えない程に
それでも希望という光を求めて歩く

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
U-TA

4.5理不尽な社会の中の片隅にある"小さな希望"。

2019年3月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

難しい

非常に心を激しく揺さぶる、とにかくズッシリ来る映画です。カスペルという少年はギャングの世界に生きているけど、その世界に居場所を持てない、スゴく孤独な存在です。唯一の心の有り処でさえ、ボスのリマルゴに殺されて(コイツがとにかくクズ野郎)、乗り込んだ列車の上で思わずリマルゴを殺した結果、カスペルに助けられたサイラの旅路を手伝うことに。

ざっとこういうあらすじですが、この少年は被害者であり加害者である立ち位置なので、彼の最期は悲しさよりも自業自得と思いました(悲しくはありましたけど、仕方無いが先行したので)。スマイリーを結果的に地獄へ誘った元凶ですし、一つの善意ですべてが不問になるってことは不可能ですし(そもそもどれだけ善を重ねたところで、不問はありえないから)。

じゃあサイラと過ごした時間がムダかと言うと、ムダではないです。カスペルがいなかったら、サイラは向こう(アメリカ)へ行けなかった。もしサイラと会えなかったら、きっとカスペルは変われなかった。世界がどれだけ残酷だろうと、一つの行為や出会い次第で人は大きな変化に出会える。そして死の瞬間で受けとるものは変われるはず。だからカスペルという少年の味方で僕はずっとありたい。世界がどれだけ非難しようとも、微力だろうとそうありたい。

『チョコレート』の"背中越し"に匹敵しているラストシーンは、静かですが力強くて、微かな救いに満ちてます。メキシコ映画はほぼ初ですが、この時代にこの映画を見られてスッゴく良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
平田 一

3.5悲しい

ぴょんさん
2018年9月22日
iPhoneアプリから投稿

ただただ悲しさと空虚感が残った。
でも現実はこれよりももっと酷だと思う。
展開の速さが、この現実を受け入れろという現れなのでしょうか。
他の方のレビュー通り、清々しさがあるのが不思議。
今の日本に生まれた事が幸運なのでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぴょん

4.0なぜかさわやかで眩しい印象

2018年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

内容は重いはずなのに、なぜかさわやかで眩しい印象が残る。それは二通りの切ない失恋も描いているからだろうが、それと背景に広がる南米の街や景色に開放感があるから。
ギャングの役者、描写はリアルぽいが、この映画にはなぜか麻薬は登場しない。大人の事情でしょうか。
主役を追って女の子も電車を降りるシーンはきれい。一瞬ぞわっとする美しさのあるシーンだった。
ラストは先の見えない現実を描いて潔く。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る