ソラニン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ソラニン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

累計70万部を突破した浅野いにおの人気コミックを、宮崎あおい主演で映画化した青春ドラマ。音楽で成功する夢を諦めきれずにフリーター生活を送る彼氏・種田と暮らす芽衣子は、OL2年目で突然会社を辞めてしまう。不安定な生活を2人で支え合いながら、種田は「ソラニン」という曲を書き上げ、レコード会社に持ち込むが……。共演に高良健吾、桐谷健太、ロックバンド「サンボマスター」の近藤洋一ほか。監督は多数のミュージックビデオを手掛け、本作が長編劇映画デビューとなる三木孝浩。

2010年製作/126分/日本
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)2010 浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会 写真:太田好治

映画レビュー

3.0爽やかな青春と恋人を無くした痛み

2019年9月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

観ていて爽やかだけどどこか悲しい気分になる。原作を読んでからの鑑賞だったのでどこかものたりなさを感じた。しかし、当時の実写化の中では成功したものなのかなとも思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

3.5ノスタルジックモラトリアム

2019年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

萌える

昔感じた郷愁が迫ってくる感じ。
今の自分は戻れない想い出の中の淡い純情。
多分10代20代には響くであろう。
自分もその年頃であれば、この作品は劇薬かもしれない。
悲しいかなおじさんな自分には、わがままな若者の話でしかない。
それでも同情を禁じ得ないのは、まだまだ未熟な自分が中にいるから。

カエルに手紙を入れようとするおじいさん。
呆けてる割に応答ハッキリしてる、あのテキトーなやりとりの中で、
残された人は亡くなった人を、忘れないでいようとするが、
亡くなった人は残してきた人を、はたして覚えているのだろうか。

天才・宮崎あおいの序章。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
クリストフ

5.0自分が年を重ねるほど、胸が深く抉られる。

shotamalさん
2019年9月14日
iPhoneアプリから投稿

浅野いにお先生のファン。
先生の作品の中で実写化されたのは、今のところソラニンだけだ。
現実的に実写化不可能なものも多々あるからか。

ソラニンは大人になればなるほど、観た時に胸を抉られる作品だ。

夢と現実の狭間に悩まされ、諦めるか否かの壁にぶち当たるのは、多くの場合青年期〜成人になってからだ。
そのため挫折を味わったことのある大人たちは、多かれ少なかれ種田に自分を重ねられる部分があるのではないか。

このなんとも言えない葛藤を、モヤモヤを、とても繊細かつリアルにうまく表現している数少ない作品がソラニンである。

初めてソラニンを漫画で読んだ頃、いにお先生は種田の「あの」行動の意図についてはまだ言及されておらず、さまざまな意見が飛び交っていた。

しかし当時何故かスッと、種田の行動の意図が自分の中で腑に落ちてしまったことを覚えている。

全く同じような発想をする人がたしかにいると思えたこと。
漫画の中の人物だが素直に親近感が湧いた。

そんな危険でバカみたいな、他人には理解されないような発想が、ふとした瞬間に頭の中を過ぎる人間なんて、自分以外にいないと思っていたから。

「あー、なんかわかるよ。わかっちゃうよ種田」
そう思えたことで、すごくほっとした。

この作品は「モラトリアム、若者向け作品」と言われることがどうも多いらしいが、果たしてモラトリアムの意味を本当に理解して、その言葉を使っているのか疑問である。

種田は十分大人だ。フリーターだが社会的にも自立はしており、青年から大人になるまでの猶予を設けているわけでも、ましてや自分探しをしているわけでもない。
種田にとって自分とは、アイデンティティとはすでに見つかっている。

それでも、大人になってもなお、「どうしても諦めることができなかった夢」を本作は描いているのだ。
ソラニンを、種田を、そんな生温い言葉で締めくくらないであげてほしいと切実に感じる。

過去の若き頃の自分と重ねて、「これで本当によかったのか?」と、一度大切な夢を諦めた大人にこそ観てほしい作品だ。そしてぜひとも悶々としてほしい。

主題歌「ソラニン」は、音楽が消費物となった今でも飽きることなく時折聴いてしまう。
ソラニンの歌詞が、自分の中の教訓みたいになっているのかもしれない。
そして聴くたびに心臓がギュッと熱くなる。

アジカンのどこか気だるげな歌い出しも大好きだが、
劇中の宮崎あおいの力強い全力の歌い方も大好きだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
shotamal

5.0大好き

2019年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

2回目の鑑賞です。
自分自身の過去の後悔、今の悩み、将来の不安など色々重ねながら観て、まだまだこの先も繰り返し観たくなる映画だと思います。
あおいちゃんはひたすら可愛いことはもちろん、演技も歌も引き込まれます。
後半の、サンボマスターのベースさんと桐谷健太さん伊藤歩さんの演技が素晴らしくて好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さとらこ
すべての映画レビューを見る(全87件)

他のユーザーは「ソラニン」以外にこんな作品をCheck-inしています。