サロゲート

劇場公開日

サロゲート
5%
41%
44%
9%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブルース・ウィリス主演のSFサスペンス。遠隔操作可能なロボット・サロゲートが人間の役割を代行する未来。人は自宅から1歩も出ることなく、自分の理想の姿をしたサロゲートの行動をバーチャルで体験していた。だがある日、安全だと思われていたバーチャル世界で何者かにサロゲートが破壊され、そこに接続していた人間までもが死亡してしまう。監督は「U-571」「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。

2009年製作/89分/G/アメリカ
原題:Surrogates
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)Touchstone Pictures, Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0仮想の現実は人類には扱えない

2020年10月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

2010年公開でディズニー製作のスピルバーグならば日本でも公開されると思っていたが、結局日本で公開は無く、飛行機の中でしか見れなかったのは謎だった。

映画AIでも感じたがスピルバーグはネットや仮想世界、仮想人格的な物には否定的な人だと思う。
それはこの映画にも描かれているが、その【技術が嫌い】というわけではなく、その技術を人間が正しく扱えると思っていないのだと思う。

理想の形を、仮想の自分を手にする事は夢のある話のようで実は違う。

サロゲートに没頭し偽りの自分と人生に愉悦を感じながら、罪悪感と劣等感にストレスに悩まされサロゲート中毒となっていく。
現実を捨てる事で人生を楽しむだったはずが、楽しもうとすればするほど現実の自分を追い詰め出す結果に繋がる。

人間が人間である内は、このようなコンテンツや技術は人を追い詰めていくだけだとスピルバーグは警鐘をならしていたように思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たまねぎ なきお

3.5雰囲気◎

Minaさん
2018年4月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

ブルース・ウィリス主演のSFと聞けばアクションてんこ盛りの作品に思えるが、本作は技術革新に飲み込まれる社会の闇を描いたサスペンスだ。どうも「ダイ・ハード」的要素を想像してしまうが、アクションはかなり控えめだ。役者が同じ役ばかりをやりたがらない理由はそれだろうか。
ネット社会と呼ばれる現代と通ずるものもあり、現代社会の未来を描いた作品そのものに思えて怖い。ロボット(AI)やVR技術もここまで世の中に影響を与えるかはその時にならないと分からないが、そんな世界に警鐘を鳴らす作品としてはなかなか的を得ていて良いと思う。
この製作スタッフの作品だとなかなか心配になるが、本作に関しては次第点だと思う。メッセージ性が強いため、エンターテインメントとして観ると地味すぎて万人受けしないだろうが、綺麗な映像と見事な世界観で表現出来ている。結局サロゲートを作った人物が自らそれに終止符を打とうと手を尽くしていた訳だが、「レディ・プレイヤー1」でもそうだった様に、天才が変な気を起こすと大変なことになるのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Mina

3.0やっぱり生身じゃなきゃ!

2016年11月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

やっぱり生身じゃなきゃ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふるふる

3.5日本体育大学か!

saronさん
2016年6月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
saron
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る