サロゲートのレビュー・感想・評価

メニュー

サロゲート

劇場公開日 2010年1月22日
38件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

雰囲気◎

ブルース・ウィリス主演のSFと聞けばアクションてんこ盛りの作品に思えるが、本作は技術革新に飲み込まれる社会の闇を描いたサスペンスだ。どうも「ダイ・ハード」的要素を想像してしまうが、アクションはかなり控えめだ。役者が同じ役ばかりをやりたがらない理由はそれだろうか。
ネット社会と呼ばれる現代と通ずるものもあり、現代社会の未来を描いた作品そのものに思えて怖い。ロボット(AI)やVR技術もここまで世の中に影響を与えるかはその時にならないと分からないが、そんな世界に警鐘を鳴らす作品としてはなかなか的を得ていて良いと思う。
ただし作品としての重みは今一つだった。主人公の心の葛藤などの描写は丁寧だったが、その他の表現は比較的さらっとしているように思える。
しかしこれを90分未満でまとめたのは凄いと思う。何を言おう監督はあの悪名高き「ターミネーター3」のジョナサン・モストゥ。やはり本作も独特な空気感がでた。それが人の嗜好に合う合わないで見方も変わるかもしれない。

MASERATI
MASERATIさん / 2018年4月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やっぱり生身じゃなきゃ!

やっぱり生身じゃなきゃ!

ふるふる
ふるふるさん / 2016年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本体育大学か! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本体育大学の集団行動みたいにロボットが一斉にこけた ドミノを倒す感じかな
設定はSFぽくていい、が、アクション少ない

saron
saronさん / 2016年6月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんとなく、攻殻機動隊。

思うのだが、人間そっくりなアンドロイドを作ることが出来るなら、絶対に、性の欲求を満たすために使うヤツが出るだろう!なのに、なぜ誰もエロのために利用しない?
攻殻機動隊は、過激なエロ描写ナシでエロ問題を見事に画いており、感動したもんだ。

うーん、本作はやっぱり何か物足りない。

サケビオース
サケビオースさん / 2015年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラノベで十分な内容。 もっとサロゲート独特の葛藤が見たかった。もっ...

ラノベで十分な内容。
もっとサロゲート独特の葛藤が見たかった。もっと気持ち悪いのがいっぱいとれたはず。

sorato
soratoさん / 2015年5月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世の中、全員ニート(笑)

全てがバーチャルで世間を動かすのはロボットだけ。
そんな世界が繰り広げられる今作品サロゲート。
痛烈な社会風刺とも言えるテーマに望むは
我らがマクレーン刑事、もといブルース・ウィリス。
しかし、今回はアクションはなりをひそめ、
人間としての心の葛藤や苦悩を見事に演じています。
作品としては深みが足りず、いまいちですが
彼の円熟味が増した演技は素晴らしい。
テーマは面白いのですが、幅や広がりを感じ無い。
何か重厚さが足りないと言うか、大作にまで
なりきれていない気がします。
ストーリーも中間中弛み。

ただ、面白かったのはサロゲートを使わない
人間で犯罪情報の監視をする太ったオッサン。
コンピューターオタクで容姿からして、
まるで今で言うニートなのだが、彼が
ニートの象徴でもあるサロゲートを
否定していることが面白かった。
そして重要な役を担います。
それは見てのお楽しみ。

映画館でみる程ではないが、
DVDではみる価値あり。
そんな作品でした。

としぱぱ
としぱぱさん / 2014年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

便利だから?いや本心を誤魔化したいから

この映画のスタッフ陣であまり面白かったためしがなかったのでぶっちゃけ不安でしたがこの作品はそうでもありませんでした。
この近未来設定はなかなか面白くそれなりに魅力があります。しかしその世界観だけで楽しもうとすると物足りないと感じるかもしれません。サスペンス映画としてもそれほど驚くトリックでもありません。
しかしこの映画、「サロゲート」を使用している人々を見てるととてもありえそうな話で興味深いものでした。確かに何かと便利ではあるだろうが、本当は現実逃避に使う道具に過ぎないのではと思ってしまいます。ただでさえ現代がネットなどで現実逃避をしている人がいる中こうした「サロゲート」のようなものが誕生したらこうなるんだろうなと思いながら見ていました。現代と照らし合わせるといろいろ思わせる内容ではないでしょうか。
あとブルースウィルスさんですが髪の生えた彼は違和感がすごかった(笑)しかしやっぱり名優だけあって感情のこもったシーンはとても輝いています。彼のおかげもあってか、ラストのシーンの決断は共感できるものになってると思います。

全体的に丸く収まってる作品になってると思います。この作品を見逃してると思っているのならば見てみてもいいと思います。

ソロモン
ソロモンさん / 2012年5月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう少し深みがほしい。

劇場でみたときはまあま面白かったと思ったんだけど、改めてDVDで見たら荒が目立つ。

生身では外出もできずに、家族とも向き合えずに孤独を生きる人々。非常に残念だけど、ありえる世界。
人が集まっても、それぞれ携帯を開いて顔を見合って話す機会が減っている現代の人間関係を考えさせられる。

その辺の危機感や孤独感は非常にうまく描いているかと思う。

しかしながら、みんながずっと寝たきりで部屋に引きこもっていたら、筋肉なくなって太って大変なことになっちゃうだろ。って思ったり、サロゲートの存在が不自然に感じるところも多く、その辺の世界観の作りこみをもっとうまくやってたら、もっと面白かったんだろうなーと。

laalaa1224
laalaa1224さん / 2010年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんだか古臭い。

こうゆう設定って昔の映画によくあったような…。

こんなSF系は映像観て楽しむものだと思っているので、
いまいち見所がありませんでした。

まあ普通です。

しょうぴー
しょうぴーさん / 2010年10月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サロゲートは熟年夫婦の再起の物語である

今年はアバターな世界観に個人的にどっぷりである。
キャメロンが文字通りの作品を世に出して
話題になってるとおもいきや
こちらでもアバター的なロボット社会のお話である。

ぼくはと言えば、年明け早々、
FF13目当てに買ってしまったPS3でホームに
どっぷりはまってしまっているが、
セカンドライフなどのアバターを活用した仮想現実世界を、
現実生活に持ち込んだ世界観が、このサロゲートの舞台だ。
自分は家にいて身代わりロボットが代わりをやってくれる
という未来社会での代替ロボットによる生活は、
SFのモチーフとしてよくあるが、
今回のは代替ロボットをアバター的に活用している点が旬である。

ロボット開発の飛躍的な進歩で、人間は自宅以外の生活を
サロゲートという代替ロボットに委ね、自分は自宅から
遠隔操作をして生活するというライフスタイルが確立する。
それにより、人間は直接的な危害を加えられることがなくなり、
犯罪が激減することになる。

そのような設定の中で、ブルース・ウィルス扮する主人公
FBI捜査官のトムもまた自分よりずっと若作りした、
サロゲートで捜査にあたっている。
しかし彼の悩みの種は、息子を交通事故で失って以来、
心を閉ざしてしまった妻との関係である。
妻はサロゲートでしかコミュニケーションを取ろうとせず、
ずっと部屋に閉じこもっている。
そんな家庭内別居の状態に対してトムはこのサロゲートが
もたらした社会に対して疑問を抱き始める。
そんな矢先に、捜査中自身のサロゲートを失い、
そして再び社会の中で生身の自分として行動するとき、
サロゲートが本来の人間らしさを見失わさせたことに気づくのだ。

監督はジョナサン・モストウだが、彼が「ターミネーター3」を
手懸けたことはこの作品に活かされていると思う。
アクションシーンはまんまターミネーターである。

ぼくも仮想空間で感じる既視感にも似た現実との曖昧さが、
人間の本来的なコミュニケーションを鈍らせているのではないか、
と感じるのだが、まさにそのことを警告するような作品である。

結果的にこの作品は、熟年夫婦の再起の物語であるのだけど、
それは文字通り仮面夫婦というものにも通じる、
非常に現代的な問題も提起している、と付け加えておこう

Kadwaky悠
Kadwaky悠さん / 2010年8月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアルアバターが何でもしてくれる世界

世界の人、み~んなヒッキーになった近未来SF。

ネットの中でリアルに生きてるヒッキーにとったら、リアルアバターもネットのアバターも変わらないんじゃない?少なくともメンタル面では。

でもこれじゃ人口減るよね。
他人と触れない生活でしょ?…つまり…だって…子作りとかぁ?ww

itamania
itamaniaさん / 2010年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結構おもしろかったよ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なにしろ上映時間が短めなので中だるみしなくてよかった

オチは読めたし予告でおもしろい部分流してるしで、残念ではあったけど、個人的には好き

つーか最近の予告は良いとこ流しすぎだろうよ
予告以上の何かが観たくて本編観るのに…

1月28日鑑賞

ぉゃっ
ぉゃっさん / 2010年6月26日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ある意味アバター的?

普通に楽しめるし、自分のようなネット人間はある意味、この映画の社会の住人のような気もするので、自分の人生にあてはめて少し考えさせられた。自分がネット世界を全て破壊させられる立場にいたとしたら、どうするだろう。最終的な解決法がいかにもアメリカ映画に頻繁に出てくる展開の作品。アメリカ人というのはこれ以外の展開を考えられないものだろうか。アバターなんかもそうだけど。映像はきれいでいかにもお金がかかっているという感じがでている。ブルースウイリスの若作りが面白い。ロザムンド・パイクが自分好みなのできれいで良かったです。

k.mori
k.moriさん / 2010年6月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブルース・ウィリスが笑えた! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ブルース・ウィリスの…を楽しんで!

映画館で観て後悔。
でもブルース・ウィリス好きなんで楽しみました。

ストーリーはありきたり。
時間の流れに猶予ありすぎて緊迫感がない。

残念

ゆまゆま
ゆまゆまさん / 2010年4月9日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

佳作

SFの義体化された世界を映像として見れたので満足であったが、ストーリーは浅い。
しかし、決定的に不満という訳もなく、見ても良い。

作中重要な武器の製造経路、その後の博士の行動理由が共感できず作品に入り込めなかった。
もう少し博士の心理描写に同情できるグッとくるところが欲しい。

いずる
いずるさん / 2010年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱりそうする? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最初は不自由な人間が、
同じように暮らせるために、
作られたサロゲート。

しかし、人間の自分の
外見に対するコンプレックスや
出歩く面倒くささ、
万が一事故に会っても死なないなどと
人間の欲求を満たすための道具と化していく。

その中で、
反ロボットの人間社会もわずかながら残っているが、
そこのリーダは実は、サロゲートを作った本人!

結局のところ、
人間をダメにしてしまった道具
『サロゲート』を消滅させようと、
サロゲートを安全装置を壊し、
サロゲートもそれを操る人(ダメ人間)も
絶滅させてサロゲートを使用する事自体を
なかった事にしようとしてしまう。

まぁ、結局のところ
ブルース・ウィリス演じるトム・グリアーが、
"サロゲートだけ"停止させ、
人間は助けるんですが、、、

話の先が読めまくりでしたね(汗)
まぁいいんですけど。。。

自分もこんな時代が来たら、
ロボットを使用する側になってしまうかも!?

とか思ってしまいますが、
やっぱり、トム・グリアーみたく、
愛している人には、直接接したい気持ちは同じですね。
ロボットを通して、話しあうなんて、
自分にはできませんX(

いつかこんな時代が来ちゃうんですかね???

2010年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこそこ納得できる

この手のSFは好きなので、観ようとは思っていましたが、実は最初、それほど期待はしていませんでした。ただ、見始めてみると、さすがブルース・ウィリスが出ているだけあって、そこそこ内容もこなれています。
考えてみれば、'60年代から'70年代ぐらいには、この手のSFは結構あった気がしますが、この映画では色合いも含め、映像的な革新はもちろんあるけれど、そういう懐かしさもある感じもします。
でも、この発想、ある意味(もちろん文字通りでもあるが)“アバター”と似ている気もするのですが、実際、ああいう社会は楽しいだろうか?

Tom
Tomさん / 2010年2月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクション薄めなのは残念だけど、なかなかの出来の社会派SFミステリー[修正]

[文章の一部を丸々コピペし忘れていたのに今更ながら気付いて修正]

容姿を自由に変えられ、
欲望のままに行動しても命の危険に晒されることは絶対に無い——
サロゲートの普及した未来社会は、外出せずともネット上で
世界に介入できるようになった現代社会と見事にダブって見える
(ペンネームで好き勝手言っている僕自身も無関係じゃない訳で)。
特に、壊されても壊されても再投入されるサロゲート兵士が登場するシーンは、
短いながらも命の価値が希薄になった世の中を強烈に印象付けてかなり不気味。

映画が訴えるのは、血肉の通った人間と接する事の大切さ。
何の変換も修正もされない、傷だらけで情けない姿を互いが認め合うこと。
この物語の主人公に強烈な“生身感”を持つブルース・ウィリスを選んだのは
完璧なチョイスだったと思う。彼が中盤で見せる涙ながらの訴えには、
心を動かされずにはいられない
(つくづく味のある俳優さんになってきたなぁ)。

そんな社会的なテーマも盛り込みつつ、
エンタメ作品としても抜かりが無いのがこの映画の良い所。
サロゲートとサロゲート操縦者がコロコロ入れ替わるので誰が誰だか
混乱したけど、サロゲート殺人を巡って二転三転する展開はなかなか先を読ませず、
SFミステリーとして見応え十分である。

そんで、ここからが不満点。
監督のジョナサン・モストウは『ブレーキダウン』『U571』『T3』てな具合に、
メカを絡めた重量感のあるアクションが得意中の得意と伺える。
今回も物語の大きな要素がロボットであり、そこに未だダイハード野郎の
印象が強いブルース・ウィリスが加わるのだから、やはり骨太で大掛かりな
アクションを期待してしまう。だけど残念ながらアクション要素は随分と薄めだ。
サロゲートと人間のチェイスシーンとかはなかなかの迫力で面白いのに……短い。
アクションに期待する気持ちもあっただけに、
個人的には今一つ食い足りなかった。
それとジョン・カーペンター監督のあの映画を彷彿とさせるラストは好きだが、
主人公に最後の選択をさせる動機はまだまだ随分弱く感じる。
ラダ・ミッチェル演じる主人公の相棒刑事も、なんか扱いが雑な気が……。

という訳で、内容の割に上映時間がタイトな為か、その分アクションやキャラの
心理描写に物足りない印象は受けるが、ミステリーとしてなかなかの出来映え。
楽しめると思いますよ。

<2010/1/24観賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2010年2月21日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不毛じゃないのよ、ブルースは。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

1月は心身ともに疲れ切っていたので((+_+))
ぜひこういうのを観たかったのだが、あー観て良かったv
すごく良く出来ましたという話ではないし、深みもない^^;
だが非常に分かりやすい冒頭から、若返ったアンドロイド
的な俳優たちの造型美、対して生身の人間たちの苦悩、
近い未来に絶対こんな世界があり得ないとはいえない…。
むしろ実際に起こりそうで怖くなった。

あぁブルースおじさん。。
ハゲだ汚ないだと、大変無礼な書き方をする私ですが、
今回も見事に役にハマり、本当に素晴らしゅうございましたv
若返ったサロゲート姿では金髪姿、顔はテカテカ光り輝き、
若かりし貴方様のお姿を思い浮かべ…いや~楽しかった。
周囲のオッサンやオバサンたちも見事に化けてますんで^^;
怖くて切ない話ながら、プッとなれるシーンも多数存在。。
いやでもしかし、こんな世界がきたら実際どうなんだろう。
皆おんなじ顔をしてそうだなぁ^^;

誰がどうやって?というサスペンスでもあるのだが、
元々が生身じゃない身体で外を出歩き、危険を回避する
のが一般人だけじゃなくて刑事まで?という世界なので
そこに命の重みを感じさせない。
過去に息子を事故で失ったブルース演じる一家の苦悩が
本当に生きるとはどういうことなのかを示してくれている。

そこから逃げてちゃダメだ。という彼のメッセージは、
当たり前の感情を押し殺し平静を装う妻の美顔と対照的。
なにが美しくて、なにが汚いことなのか、
ブルースは身をもって(あ、意味を間違えませんように^^;)
傷だらけで示してくれているわけである。
単純だけどこういう演技、彼で良かったvと心から感じる。
…でもやっぱ、髪の毛は欲しいんですね?

(反対派の動きがなんだか曖昧。みんな悪党顔してるし^^;)

ハチコ
ハチコさん / 2010年2月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロボットVS人間

ロボット無くして生きられない世界。
想像すると恐ろしい気もするが、未来的で楽しいかも。。。
やっぱり最後は人間愛。Goodjob!

visualsan
visualsanさん / 2010年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

38件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報