プール

劇場公開日

プール
9%
34%
37%
15%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本の家族から離れ、タイ・チェンマイ郊外にあるゲストハウスで働く母・京子を訪ねてきたさよだったが、そこで暮らすオーナーの菊子、従業員の市尾、タイ人の子供・ビーとうまく馴染めずにいた。しかし彼らと数日を共にすると、自分を置いていってしまった京子と自然に向かい合うようになる。「デトロイト・メタル・シティ」「ヘブンズ・ドア」などの脚本家として知られる大森美香が監督を務め、林聡美、加瀬亮、もたいまさこら個性派俳優が出演している。

2009年製作/96分/日本
配給:スールキートス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督・脚本
プロデューサー
小室秀一
前川えんま
木幡久美
エグゼクティブプロデューサー
奥田誠治
石原正康
原作
桜沢エリカ
撮影
谷峰登
美術
富田麻友美
編集
普嶋信一
音楽
金子隆博
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)プール商会

映画レビュー

5.0流れる癒しの時

ハートさん
2022年5月12日
スマートフォンから投稿

子供が自分で選んだことを尊重する姿勢や自分の自由を謳歌して、誰のせいにもしない人生を歩む姿を見せるのは、自分の人生に責任を取るということを口だけではなく背中で子供に教えているのと同じ。
家族のためにと我慢に我慢を重ねて、不幸になる、その責任を家族に負わせるより余程素敵です。
子供を置いてタイへ行ってしまった時の子供の年齢にもよるけれど、高校生の時とかなら全然OK。

人はいつか死ぬこと、一瞬一瞬を自分らしく大切に生きること、家族とは?を込めた作品だと思います。
映像や雰囲気が癒し系なので、眠くなりますが、会話や間の取り方が素敵で、とても良い映画でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハート

2.0画竜点睛を欠いている

因果さん
2021年12月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
因果

2.5かもめが好きだから、という人は注意!

2021年11月13日
iPhoneアプリから投稿

かもめ食堂やめがねの監督(荻上直子さん)とは別の方が監督しています。

演者、物語のテンポ感など似ているものの、上記の作品の様に惹きつけられるものがないのでガッカリ。

独特な音楽の使い方とか、ファッションとか、クスリと笑えるやりとりとか、そういうちょっとした魅力という物が感じられず、、、。

小林聡美さんの自由奔放なキャラクターも、上記2作品はそこに内包された気遣いや共感する普通の人っぽさがあったけど、ただ自分の好きな様に振る舞っている冷たい人にしか見えず、他のキャラもそんな感じ。
11月のプール並。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
かっちゃん

4.0タイトルのイメージから離れた舞台

osincoさん
2021年6月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

タイのチェンマイにて。
いつものメンバー、いつもの雰囲気。
子供を置いてタイに行ってしまうとはとんでもな母親だけれども。
小林聡美目線からするとアリですけど、子供目線からは複雑よね、きっと。
実際に、娘のさよが寂しかった思いを吐露しているシーンがある。

加瀬くんはすごいなぁ。
こういう役が許される人ってそんなにいない気がする。

すてきな景色に市場にお家にインテリア。飯島奈美さんのほっこり飯といい、定番化しててもうらやましい。心が汚れてて素直に受け取れないとこもあるけれど。
歌のシーンも子役の子の声が好み。小林さんも弾き語りできるんだなぁ。いい声だった。

客が来るでもなく、金の流れが見えない。
あんなゆるさで生きていけるなら、みんなそうしたいよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osinco
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る