ウルフマン インタビュー: 製作・主演のベニチオ・デル・トロが振り返る「ウルフマン」の撮影

ホーム > 作品情報 > 映画「ウルフマン」 > インタビュー > 製作・主演のベニチオ・デル・トロが振り返る「ウルフマン」の撮影
メニュー

ウルフマン

劇場公開日 2010年4月23日
2010年4月20日更新

19世紀末ビクトリア朝ロンドンを舞台に、野生の本能をむき出しに殺戮を繰り返す怪物・狼男の悲しい運命を描く、ジョー・ジョンストン監督のサスペンスホラー「ウルフマン」。同作で主人公の舞台俳優ローレンス・タルボットを演じたオスカー俳優ベニチオ・デル・トロが、PRのために来日し、インタビューに応じてくれた。(取材・文:サトウムツオ

ベニチオ・デル・トロ インタビュー
「“ニクソン対チェ”の演技対決は楽しめるんじゃないかな」

来日時には新宿ゴールデン街にも繰り出したというベニチオ・デル・トロ 来日時には新宿ゴールデン街にも繰り出したというベニチオ・デル・トロ

今回、プロデューサーも務めた彼にとって、「映画のタイトルと主演俳優を記憶した初めての映画だった」という、ロン・チェイニー・Jr.主演の1941年のユニバーサル映画のホラー「狼男」をリメイクすることは少年時代からの夢だったそうだ。デル・トロはひょんなことから、その夢を実現させることになったと振り返る。

「伝説的プロデューサーのリック・ヨーン(『ギャング・オブ・ニューヨーク』『アビエイター』)がぼくの家に遊びに来たとき、家に大事に飾ってあったオリジナル版『狼男』のポスターに目を止めた。それは70年代にも映画マニアの間でも話題になったポスターで、狼男に変身したロン・チェイニー・Jr.の顔がアップになったものだった。リックとぼくが顔を見合わせると、2人ともヒゲづらだった(笑)。その瞬間、リックが“『狼男』のリメイク企画をユニバーサルに持って行ったらどうだろう?”と思いついたのがはじまりだった」

“ニクソン対チェ”のようだったと振り返る名優ホプキンスとの対決 “ニクソン対チェ”のようだったと
振り返る名優ホプキンスとの対決
[拡大画像]

そして出来上がった映画の魅力を、プロデューサーらしく説明する。

「6歳ごろからあこがれていた伝説的キャラクターだけに個人的なノスタルジーもある。ストーリー的には、ぼくが演じた主人公ローレンスが逃れられない運命に導かれるのも魅力だ。兄の婚約者であるグエンとのロマンスもとても切ないし」

主人公の父親ローレンス卿役は「羊たちの沈黙」「ニクソン」の名優アンソニー・ホプキンス、ロマンスの相手グエン役は「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント。この新旧2人の英国人俳優との共演も話題だ。

「アンソニーは本当に名優で、撮影では全シーンを2テイク以内でピシッと決めてくれたね。この“ニクソン対チェ”の演技対決は楽しめるんじゃないかな(笑)。楽屋でも彼はロッド・スタイガーマーロン・ブランドの物まねをして笑わせてくれた。一方のエミリーは、ローレンスとグエンのロマンスは“美女と野獣”なのに、難役を魅力的に演じてくれた」

特殊メイク界の大御所リック・ベイカーが昨今のパフォーマンス・キャプチャー全盛の時代に「待った!」をかけるかのように、ウルフマンの手のこんだ特殊メイクを手がける。

来日記者会見でのベニチオ 来日記者会見でのベニチオ [拡大画像]

「変身する場面や狼のように走る場面だけはCGIで撮ったけど、手作り感のある特殊メイクを主にして、徹底的にオリジナル版『狼男』に敬意を払ったつもりだ。リック・ベイカーの仕事は、メイクに4時間かかることを抜きにすればすばらしかった。顔のパーツを少しずつ着けていくわけなんだけど、最初にウルフマンの完成した顔を鏡で見たとき、うちで飼っているセントバーナード犬に似ているな、と思ったよ(笑)。カッコよかった。でも、メイクを取るのに2時間もかかるんだ。スタッフ&キャスト全員が家に帰って、メイク室にはぼくひとり。孤独でさびしくなって、そんなときばかりは、ベイカーのことをウルフマンのように“殺そう”と思ったよ(笑)」

音楽ファンである彼は、作品ごとに違った音楽を聴いて役柄をつくり上げていく俳優でもある。米テネシー州メンフィスで撮影した「21グラム」ではご当地のエルビス・プレスリーを、「チェ」のキューバ革命を描く第1部ではザ・クラッシュの「サンディニスタ」やセルヒオ・ロドリゲスを聴き、ボリビアの山中が舞台の第2部ではあえて無音(音楽なし)で通した。さて、今回は?

「特殊メイクをするのに4時間もかかったので、好きな音楽を流しっぱなしだった。よく聴いたのは、ニック・ケイブの最新アルバムやボン・アイバーかな。またイギリスで撮影したので、レディオヘッド、レインボー、ザ・フーの『四重人格』なんかを聴いて気分を盛り上げたよ」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

精神と身体、人間性と獣性は、果たして分離可能なものなのか
映画評論

狼男は屋上に追われ、グリフォンの形をしたガーゴイルに跨って、満月に向かって雄叫びを上げる。この雄叫びの下に広がるのは、世紀末のビクトリア朝ロンドン。切り裂きジャックが跋扈し、エレファント・マンの見せ物小屋が人気を博す闇の都だ。この名場...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ウルフマン ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ウルフマン[Blu-ray/ブルーレイ] ウルフマン/狼男伝説[DVD] ウルフマン2014[DVD]
ウルフマン ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ウルフマン[Blu-ray/ブルーレイ] ウルフマン/狼男伝説[DVD] ウルフマン2014[DVD]
発売日:2010年9月2日 最安価格: ¥2,849 発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥1,080 発売日:2013年6月26日 最安価格: ¥1,000 発売日:2017年2月20日 最安価格: ¥3,078
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全17件)
  • The beast is out. 名優達の迷走 ネタバレ! ...続きを読む

    アキ爺 アキ爺さん  2017年9月30日 00:48  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ウルフマン 巨匠リック・ベイカーによる狼男の特殊メイクは「狼男アメリカン」「ウルフ」と本作で3度目となるわけですが、 「狼男アメリカン」のときとは各段に進歩し、 ベニチオ・デル・トロが狼男に変身するシーンは... ...続きを読む

    しょうちゃん しょうちゃんさん  2016年4月16日 22:24  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • これが、これぞ 初めてこういうガッツリ系のホラーをみたから、偉そうには言えないのだが、これぞホラーっていう感じの単純な内容って感じだった。 映像は迫力があり、眼が離せないような感じだったが、内容が薄っぺらく感... ...続きを読む

    カバーニ カバーニさん  2012年3月6日 00:07  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 女の機嫌の直し方 「女の機嫌の直し方」で早見あかり&松井玲奈が切りこんだ、男女間の価値観の違い
  • インタビュー ザ・ファブル 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る
  • インタビュー 旅のおわり世界のはじまり 前田敦子の結婚を予言していた!? 黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」での不思議なシンクロ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報