劇場公開日 2010年4月23日

  • 予告編を見る

ウルフマンのレビュー・感想・評価

2.919
4%
28%
59%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全19件を表示

4.0誰もが知っている「満月の夜」の怖い話

mittyさん
2019年8月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mitty

4.0このコンビ好きです。

Ririさん
2019年7月6日
iPhoneアプリから投稿

古典ホラーとのことですが、悲しい純愛にもとれます。

ベネチオデルトロは独特の雰囲気と色気がありますよね。
5年後にボーダーラインでエミリーブラントと共演してます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Riri

3.0The beast is out. 名優達の迷走

アキ爺さん
2017年9月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アキ爺

4.0ウルフマン

2016年4月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

巨匠リック・ベイカーによる狼男の特殊メイクは「狼男アメリカン」「ウルフ」と本作で3度目となるわけですが、
「狼男アメリカン」のときとは各段に進歩し、
ベニチオ・デル・トロが狼男に変身するシーンは、
ボキボキと骨が変形して行く過程は見応えがありました。
リック・ベイカーのファンである人にとっては満足のいける特殊メイクではなでしょうか?
狼男が二本足から四本足で駆け抜けるシーンもスピード感がありました。
狼男から人間の姿に戻ったベニチオ・デル・トロが返り血浴びた血みどろの格好も良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しょうちゃん

3.0これが、これぞ

2012年3月6日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

単純

初めてこういうガッツリ系のホラーをみたから、偉そうには言えないのだが、これぞホラーっていう感じの単純な内容って感じだった。

映像は迫力があり、眼が離せないような感じだったが、内容が薄っぺらく感じた。

軽い感じで見るにはいい1本だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カバーニ

3.0これだけの俳優を揃えているのに

銀平さん
2011年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

単純

過去、数多く作られてきた狼男の映画(といっても私はそれらを全て見たわけではないですが)。

昔に比べれば映画技術は進歩しているし、主要キャストも好きな人ばかりだし、TVのCMでも期待が持てるし、これはDVDが出たら見よう!と思っていました。

しかし、この作品の狼男は…、なんだか狼とゴリラの中間のような姿。
もう少し狼らしくならなかったのか…。

野獣モンスター、ヒロインの美女、恐怖に怯える村人たち…

ストーリーはまったく王道のパターンで、新しさを感じません。
狼男が走り回って人を惨殺する他には、あまり特徴がなかったと思います。
苦悩する主人公(ローレンス)が迎える結末も、映画としては普通すぎます。

もっと斬新な狼男の映画を期待します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
銀平

4.5ジックリ寝かした濃厚なルーのような味わい

septakaさん
2010年12月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

興奮

まさかまさか
すいません、ラスト
泣いちゃったんですけど(苦笑)

ホラー映画が苦手な私。
時には、その日の夜に
映画のシーンがそのまま
出てきてうなされることもある私。

なんどか震えていました。
なんどか体を斜めにくねらせて
スクリーンから目をそらす準備を万端に整えていました。

だって、
怖いシーン苦手なんですもん。

特に、あの突然、わけもわからぬ物体が
激しい効果音と、ともにスクリーンの脇から
フレームインしてきて人間が襲われるシーンなんて
心臓が口から飛び出すんじゃないかくらいの勢いでバクついて、

「あ~~~、やっぱりみるんじゃなかったぁ~~~」

別の意味で眼を潤ませながら後悔してしまうのです。

今作も何箇所か、そういう場面がありましたが、
なんとか、ラストまで退席することなく見届けることができました。

◇   ◇

冒頭の“まさか”。

まさか、ラブ・ロマンス色が
強い作品だとは想像していなかったのです。

もっと、狼男の残酷さと
その裏に隠れている悲哀が
クローズアップされるのかなと思っていました。

でも、この意外さ、大歓迎です。
そのおかげで、エミリー・ブラントさまを
何回もスクリーンで拝見することができましたから(笑顔)

嫉妬
自制心
女性に対する男心

訴えかけてくるテーマは、この辺りでしょうか。

ベニシオ・デル・トロ
アンソニー・ホプキンス

誰しもが認める名優二人が
親子の葛藤を含めて、ホラーではあるのですが、
人間くささをスクリーン全体を使って表現してくれています。

終盤のクライマックスから
ラストシーンは、まさにその集大成。

CG、音楽、
特殊メイク、アクション、
忘れちゃならない俳優の熱演。

すべての条件が揃っています。

ラストシーンなんて
怖いから体を斜めにして、
でもやっぱり観たいから
スクリーンに顔を向けて

「お願い○○しないでぇ~~~」

両手を顔の前であわせて
スクリーンに向かって、
小さな声をだして拝んでしまいましたからね。

そして、願いが叶うと同時に、
ホロホロと涙が零れ落ちてしまいました。

★彡     ★彡

正直、エミリー・ブラントさまだけを
拝顔できればいいや、くらいのノリで
あまりストーリーには期待をしていなかったのですが、
いやいやどうして、何日も素材を寝かしこんだような
コクとトロミのある、上質で一筋縄ではいかない濃厚な作品に仕上がっていました。

星の数、迷ったのですが、
パンフを買いたいところまでは行きませんでしたので、
限りなく5点満点に近い、4,5点をつけると同時に、
しばらくの間、満月の夜は外を出歩けなくなりそうです(苦笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
septaka

3.5アンソニーって凄いな

リンダさん
2010年11月2日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

怖い

興奮

デル・トロ&アンソニー・ホプキンス、2人のベテラン男優がいて引き立った映画だと思ったよ。途中、肉へんとか…首とか…キモいシーンはありましたが、リアルさと恐怖感も伝わってきた。

アンソニー・ホプキンス…あなたは凄い(@д@)!!存在自体が恐怖だよ。特殊メイクで人間からウルフマンに変身するとこは、凄いうまくできてたけど、途中親子同士戦うシーンがちょっとぬいぐるみみたいで⤵ね😓⤵

エミリー・ブラント CUTEで綺麗だったな。館の小道具にしろ 俳優さんの衣装 オシャレだったな。夜中に観たから眠気はさめたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
リンダ

3.0チューバッカにしか見えない(笑)

マロピさん
2010年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

デル・トロ好きなんで期待してみました。
しかし、まあ、あれです。
狼男が「チューバッカ」にしか見えないのですよ・・・。
スリラーのMJとチューバッカ?
黒いチョッキを赤いジャケットにしたら、もう、あれです。
恐怖、興奮は飛んでパロディにしか見えません。

映画自体はロンドンの薄暗さをよく表現していて空気感は好きです。
城の不気味さとかも良くできてましたし。
こういうのは大事です。

でも、チューバッカ(笑)

ラストは、人外のモノによる、もはや天下一武道会ですし。

ホラーという感じはしなかったです。

エンターテインメントとしては良作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マロピ

2.5アンソニー・ホプキンス、がんばる

αさん
2010年6月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
α

4.0気軽に観ましょう

Intuitionさん
2010年5月17日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

単純

興奮

物語は複雑ではなく気軽に楽しめる。
悪い言い方で、単純で先が読める。
そこらへんの評価は人それぞれですので置いておきましょう。

観てて気になったのが、メイクの事。
ウルフマンとは『人狼』…ですね。
第一印象はゴリラとしか…。
キングコングとハルクが混じった感じに思えた。
街で走ってるシーンは特に…だが迫力があってカッコよく、なかなか興奮できた。

役者の事を言わせてもらうと、主演/製作のベニチオ・デル・トロより注目してしまうのは、やはりアンソニー・ホプキンスだ。
このウルフマンでも圧倒的な存在感で、流石だと感じた。
彼は、2011年公開のマーベル・コミック実写映画『Thor』にて、主人公の父親オーディンを演じるとの事だが、このウルフマンを観てさらに期待できた。
他にも脇を固める役者はいい人揃いで、安心して観れます。

悪いところを挙げさせてもらうならば…残虐シーンは少し幼稚な気がした。
それと、多少時間の経過がおかしかったり、登場人物の行動に疑問を持ったりもした。
全体的には楽しめた。
たまにはこういうオーソドックスさも欲しくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Intuition

4.0楽しめるけど、ちょっと中途半端かな。

りりーさん
2010年5月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りりー

4.0野性への畏怖が見え隠れする古典ホラー

2010年5月11日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
浮遊きびなご

3.0世紀末ロンドンを舞台に名優たちが重厚に演じている。

aotokageさん
2010年5月5日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

リアルに再現された世紀末ロンドンを舞台に、名優たちが重厚に演じている。

R15にしてまで、残虐シーンも再現してる。(そうしなくても、子どもにも見られるようにした方がよかったとも思うけど)

昔通りの物語は、現在のもっと刺激的なホラーに慣れてしまった観客には退屈だったかも。

でも、最新の3DとCG技術を駆使しても、オリジナルを越えられなかった「タイタンの戦い」よりも、リメイクとしては、こちらの方が出来がよかったと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aotokage

4.0トロの目つきと狼メイク。

ハチコさん
2010年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ハチコ

2.5ただのモンスター映画にしてしまった

2010年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

秘密の鍵を握っていそうな父を抑えた演技ながら存在感を示すアンソニー・ホプキンス。いかにも変身しそうなベニチオ・デル・トロはナイーヴさと野性味を持つ。徐々に謎の本質に気づき始める紅一点のエミリー・ブラント、そして捜査官のヒューゴ・ウィーヴィング。キャスティングは非の打ちどころがない。
この作品を駄目にしてしまったのは監督のジョー・ジョンストン(「ジュラシック・パークⅢ」)だ。満月の夜ごと、獣に変身する我が身を呪い苦悩する人間ドラマに仕立てるだけの役者が揃っていながら、できあがったのはただのモンスター映画。技術的に可能だからといって、人を裂き、内蔵を散らばすカットの連続は稚拙だ。これでは名作「エイリアン」を駄目シリーズにしてしまった「エイリアン3」と変わらない。人間と獣の狭間で生きなければならない狼男の本質に迫った大人の映画にして欲しかった。役者がもったいなさ過ぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マスター@だんだん

3.0映像はよかったけど

xtc4241さん
2010年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

単純

ベネチオ・デル・トロって結構好きな役者です。
なんといっても、「21グラム」はよかった。
ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、それにデル・トロの3人の役者が
心底、登場人物になりきった・・・あの映画はすごかったね。
そのデル・トロが主役の「ウルフマン」。

たしかに映像はよかった。
中世イギリスのダークな世界、満月の夜のどんよりしたイメージ
はとてもよく表現されていたが・・・。

でも、ストーリーが、特に、その詰めがつまらない。
実に予定調和的なんだ。
第一、なぜ親子の確執が生まれたのかっていうところもない。
ただ、呪われた親子だったのか。

その親子を演じたのがデル・トロとアンソニー・ホプキンズ。
惜しいよね。このふたりなら、もっともっと深堀できたはずなんだけど。

いづれにしても、中途半端な印象はぬぐえなかったな。
残念、Bです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
xtc4241

3.5アンソニ-・ホプキンスの怪演は、ハマリ役です!!

yoiteさん
2010年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yoite

3.5名優と特殊メイク

Blueさん
2010年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

久々のホラー、プレビューに結構ドキドキさせられたので 期待して観に行きました。 悪くはなかったけれど、期待したほどではなく…

原作を観ていないので リメイクがどの程度の物かは分かりませんが、ベニチオ・デル・トロ&アンソニー・ホプキンスを揃えたのは 正解だったと思います。 アンソニー父さんは、しゃべるだけで背筋がゾクゾクするのは 『ハンニバル』のイメージが定着しているせいでしょうね。 ベニチオ息子は、顔とて好みではないのですが なぜかカッコよく見える(『チェ』の時もそうだったし)。

エミリー・ブラントが すごくキレイだったのと(エミリーのシーン&ベニチオとの絡みが少なかったのが 残念)、『マトリックス』の エージェント・スミス(今回はインスペクター)が“ちょい嫌われ役”を うまく演じてました。

特殊メイクの良さは、素人目にはよくわかりませんが “変身する場面”は今まで見たことがない感じで 興味深かったです。 でも戦うシーンは… やっぱり着ぐるみっぽかった。。

ドキドキ度で言えば、個人的に 『ヴァンヘルシング』や 『ドラキュラ(キアヌ・リーブス主演)』の方が印象がつよいので 今夜コワい夢を見ることはなさそうです・。☆

かなりグロテスクな場面があるので、苦手な方はご注意を。 あ、あと『ロード・オブ・ザ・リング』の ゴラムもいましたよ、check it out!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Blue
「ウルフマン」の作品トップへ