パンダフルライフ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
パンダフルライフ
0%
30%
30%
30%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ぬいぐるみのような愛らしさで子供から大人まで多くの人々を魅了する動物界のアイドル、パンダの生態に迫ったドキュメンタリー。約60頭のパンダたちが暮らす中国・四川省の成都パンダ繁育研究基地での子育ての様子や、和歌山県にあるレジャー施設アドベンチャーワールドで生まれ育った4歳の双子パンダ、リュウヒンとシュウヒンの別れと成長をドラマチックに描き出す。女優・菅野美穂がナレーションを務める。

2008年製作/100分/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
撮影
金沢裕司
音楽
鈴木さえ子
ナレーション
菅野美穂
主題歌
オトナモード
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2008「パンダフルライフ」フィルムパートナーズ

映画レビュー

4.0大熊猫的生活

2009年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

幸せ

萌える

絶滅危惧種であるジャイアントパンダの生態に迫ったドキュメンタリー。

・・・と言うと小難しそうですけど、愛らしいパンダの姿や仕草を楽しむ作品になってます。
可愛らしいパンダを観ているうちに、パンダの貴重な生態や繁殖に携わる人々の苦労なんかを垣間見ることが出来ます。

菅野美穂さんのナレーションもホンワカしてて、とても合っていました。

硬派なドキュメンタリーよりも、こういう感じの作りの方が、環境問題とか動物保護の問題とかが、自然に入ってくるので良いかもしれないですね。

今まで知らなかったこともあったので勉強になりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
だいすけ

3.0美人でしょ?腰もきっとしまっていて

shimoさん
2008年11月22日

笑える

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

3.5パンダのおやじ。

ハチコさん
2008年9月13日

悲しい

難しい

幸せ

ただ、可愛~い♪癒された~い♪の一心で観に行ったのが、
案外しっかりとしたドキュメンタリーだったので驚いた。
とはいえ、彼らのおとぼけムードいっぱいの映像に、
ほんわかふわふわと彼らが転がり遊ぶ様子は、激カワイイ☆

それにしても。。
絶滅の危機にあるパンダの生育には並々ならぬ努力が施され、
人間&パンダの両面において、とても勉強になったのは確か。
胡散臭いドラマ仕立て(最近そういうナレーションが多い)
と思いきや、菅野美穂のほのぼのした語り口はかなり絶妙で
和歌山から中国へ旅立った兄弟のその後には、ちょっと泣けた。

パンダって、ものすごく人間ぽいのだ。
寝ているパンダに飼育員が餌を投げる…が、まだ寝ている。
そこで何度も何度も名前を呼ぶと「え?あ、なに。オレ?
あぁ~餌ね。ハイハイ。」みたいな感じで起きてくる(爆)
…そしてあぐらをかく。食べる。まるでどっかのお父さんだ^^;

可愛いとは言い難い、そのしぐさや表情も。
ひねくれてケンカをするし、なんと想像妊娠までする!(爆)
こんなに喜怒哀楽が激しい動物だとは思わなかった…。
残念ながら、先日日本で生まれた赤ちゃんは亡くなったが、
双子を産むパンダは、基本どちらかしか育てないのだそうだ。
それを人間は交代で抱かせ、おっぱいを飲ませ、育てさせる。
どうも最近の中国には、いい印象が持てないのだけれど(汗)
この「成都大熊猫繁育基地」での彼らにはとても好印象^^;
未熟児灰色パンダの発育過程には、かなり感動。。
パンダの生きざまから生命の不思議を教わった気がする。

おそらく好き好きが分かれるタイプの映画…だろうけど、
学生の頃まで獣医か飼育係になりたかった自分なので
(あまりに脳密度が足りなくて方向転換…)
動物の為に生きている彼らを見ると、つい感情移入してしまう。
危機に瀕しているとはいえ、パンダたちは彼らをこよなく愛する
人間に手厚く保護されている、一握りのラッキーな動物なのだ。

(人気アイドルの道は険しいというのが、人間と同じねぇ(T_T))

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

1.5納得できず

minepanさん
2008年9月6日

難しい

パンダ好きなので期待して見に行ったのですが、イマイチ納得できませんでした。
地震前の映画撮影だったにもかかわらず、パンダの聖地である臥龍のセンターは、全く出てきません。日本の映画会社は、こんな映画をいつまで作り続けるんでしょうか?こんな程度なら、テレビ番組かビデオで見れば十分だと私は思いました。
キャラクターのパンダのイラストも、私の周りでは大不評です。いまどき、こんなイラストをよく採用したなと驚きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
minepan
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る