神様のパズル

劇場公開日

7%
20%
34%
23%
16%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

双子の弟に代わって大学の素粒子物理学ゼミに出席することになった基一は、教授から不登校の天才少女サラカを連れてくるよう言い渡される。仕方なくサラカの自宅を訪れた彼は、彼女に「宇宙を作ることはできるのか?」という究極の疑問を投げかけてしまう。その疑問に興味を持ったサラカは翌日ゼミに現われ……。機本伸司の同名小説を三池崇史監督のメガホンで実写映画化。主演は「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の市原隼人と「魍魎の匣」の谷村美月。

2008年製作/134分/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2008「神様のパズル」製作委員会

映画レビュー

4.0この感じの市原隼人がまた見たい

津次郎さん
2021年9月21日
PCから投稿

素人なりに誰某の演技がどうの/こうのと言ったりする。
ところで俳優の演技はうまくなければならないもの──だろうか?

というのも、演技をどうの/こうの言うわりに、演技力に定評のない俳優に魅力を感じることがある。から。
演技がうまいからその俳優が好きか──と言えば、そんなことはない。俳優の演技力は彼/彼女の魅力とイコールにはならない。

たとえばわたしは演技がへたな山崎賢人や福士蒼汰がすきではない。
しかし演技がへたな東出昌大や市原隼人がきらいではない。

俳優は、それぞれの主観のなかで「好ましく感じられる癖っぽさ」で魅力が決まる。と思う。へたでも、わたし/あなたにとって「好ましく感じられる癖っぽさ」があるなら魅力的な俳優──なのだ。

この頃の市原隼人はとても癖っぽかった。なんかワザとみたいに癖っぽかった。この映画のこの配役だから──ではなく、どの映画でもかれはこんな調子だった。たどたどしいセリフ回し。ばかっぽい抑揚。アンチクライマックス。びんぼうゆすりみたいな躍動。すべてが賢さの裏返し──だったと思う。

「物真似される俳優には魅力がある」との定説があるが「物真似されない俳優には魅力がない」とも言える。
小栗旬も藤原竜也も──物真似される俳優ほど、現実に伸し上がっている。山崎賢人や福士蒼汰は物真似されるだろうか。

いっぱんに「絵がうまい」と言うばあい、それは絵が写実的であること意味している。抽象画を「絵がうまい」とは言わない。それは主観に委ねられること──だからだ。

同様に「演技がうまい」と言うばあい。それは演技がリアルであることを意味している。リアルではない独特な演技者を「演技がうまい」とは言わない。それは主観に委ねられる・・・。

独特さ/癖っぽさがなく、ただたんに演技がへたならば、魅力を見つけられない──山崎賢人・福士蒼汰がすきではないことはそのロジックで説明が付く。(個人の意見です。白黒はありません。)

独特の魅力を有している俳優を「演技がへた」とは言わない。そもそも演技力を云々しない。
リアルな演技者ではないが魅力的な演技者がいるなら──俳優の魅力が演技力に依存しているのでなければ(素人が好き勝手にやっているレビューとはいえ)演技がどうの/こうのと言うのは両刀論法だったのかもしれない。とか(今更ながら)思ったという話。

三池崇史監督は玉石混交な商業映画の監督。だと思う。
スキヤキ~(2007)や初恋(2020)など海外媚び映画のせいで、賞レースに出てくるクリエイター型監督みたいなとらえられ方をしているが、そうじゃない。たんなる商業映画の監督。(褒めことばです。)ただし今の時代に年1本以上という多忙監督なので、あっけにとられるほどの石が交じる。

監督作を網羅しているわけではないが、十三人~(2010)や一命(2011)は見事な玉だった。この映画も。本作の市原隼人はほんとに楽しい。輩が相対性理論を概説するのを想像してくれ。ほんとにそれが見聞できる。

くわえて谷村美月もいい。
むかし(今もあるのか知らないが)、少女がじぶんのことを「ボク」と呼ぶ(自称する)二次元ものがあった。それはオタクの願望による言葉遣いであり、じっさいこの世にじぶんのことを「ボク」と言う少女はひとりもいない。(と思う。)

ただしこの映画の谷村美月の「ボク」はしっくりきた。沙羅華(谷村美月)はギークで天才なキャラクター、彼女と軽薄な綿貫(市原隼人)が好コントラストを成し、おふざけとシリアスが混じり合う快作になっている。と、わたしは思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0谷村美月の谷間のパズル

2019年7月14日
PCから投稿

単純

寝られる

萌える

前半何に遠慮したんでしょうか、停滞した進行は三池らしからぬ展開で間が抜けていました。
後半は三池節炸裂ですし、谷村美月の胸も濡れて、それらしい動きになりました。
角川と三池は俳優選びがうまいですね。
名実ともに真面目一筋で、隠れ巨乳、谷村美月を生かしてましたね。
濡れ場を嫌わなければ、そこそこ主役をいつもはれる名女優なのに惜しい事です。
また、市原隼人も、名実ともに、儚く糸の切れた凧みたいな男ですが、そのままで、さすが角川と三池の眼力はさすがですね。
寿司とギターは面白い、ギターは弾けないし、料理もしないそうでが。
原作者は泣いて感激したそうです。
地味な原作者を派手に爆発させてくれて。
残念ながら、谷村美月の貞操は守られて爆発しませんでした、ジャージのままで、さわやかな笑顔だけでした。
ブラックホールを作ろうとして、宇宙を作る話なら、前半の話は省略でも良いのですが、青春ロード純愛ムービーをやりたいので、こんなテンポの悪い展開になりました。
慣れない事はするものでは有りませんね、三池さん。
原作の名前もパズルとゆうと、何か解きそうですが、そんな事はないので名前負けとゆうか、賞をもらえたのは半分以上は題名のおかげです。だから、過度の期待は禁物です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

3.0大切な3つの袋とは、堪忍袋、給料袋、そして・・・ほら、男にとって大切な・・・

kossyさん
2019年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 珍しく映画の原作を読んでしまい、拙ブログにてキャスティング予想までしてしまいました。しかし当たったのは谷村美月だけ!まさか監督に三池崇史が抜擢されるとは思いもよらなかった。予告編だけで判断すると、小難しい物理をテーマにするよりはロックとSMと任侠で勝負してやるぞ!という意気込みも感じられ、原作をどこまで壊してくれるのか楽しみにしていました。

 まず人物設定から。原作では単に落ちこぼれ大学生という主人公でしたが、映画では双子の弟(市原二役)を加え、彼が海外旅行に行くので主人公基一が代返するために物理学ゼミを受けるという大幅変更。観客が主人公と同じように宇宙創造というテーマを理解するため、彼が寿司屋で修行するロッカーであるという斬新な設定も加えられた。中でも、寿司とアインシュタインは一貫して語られるくらい。とにかく前半部分は小説と全く違う感覚!特に市原隼人の演技はいつでも笑えるのです。

 “映像化不可能と言われた”などと最近は耳にタコができるくらい使われてますが、この映画でも巨大な施設“むげん”のCGが背景の自然にも溶け込み真に迫ってました。一方では、難解な用語がポンポン飛び出すために、コミカルなアニメーションで丁寧に解説。ただ、中盤からは眠くなってくるかもしれません。

 三池監督の狙いだったのかどうかはわかりませんが、谷村美月の胸元を強調するカメラワーク。それに盗撮映像などもあるし、男だったら目が釘付け。当然、彼女のファンならば必見です。英語がネイティブの発音じゃなかったのもアイドルらしくていいのかも。他の俳優では、笹野高史と李麗仙、それに若村麻由美がいいなぁ。

 エビとコハダのエピソードは本当なのだろうか・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5ジャージ似合ってんな

2018年7月6日
スマートフォンから投稿

ベートーベンNo.5運命がはじまる前の8分休符(一瞬の沈黙)とそれまでの無音の境目が聴き分けられるか。宇宙のはじまりはどこから...みたいな話はとても興味が持てた。
ゼミでの研究発表のテーマをきかれて、聴講生(笹野高史)と喋った会話の内容から「宇宙の作り方」と口からでまかせでいってしまうことから物語が始まる。
真面目に勉強して物理の生徒たちの前で発表、ディベートする場面がすごくよかった。全然わからないのに、わからないからこその解答を見出していく。とても良い。

宇宙を作る=内側にすべてぶっ飛ぶ。それを実行しようとする天才を止める後半。
コハダのすし食いねぇ!気合入れて握ってきたんだ食えやー!気合入れて握ってきたんだ食えやー!うめえかー!
今までの流れからすると、こんなので良いのかのラスト。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
collectible
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る