サブウェイ123 激突

劇場公開日

サブウェイ123 激突
6%
41%
47%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されたジョン・ゴーディのベストセラーを、トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントンが4度目のコンビで再映画化。冷徹な犯人グループのリーダー役でジョン・トラボルタが共演。ニューヨークの地下鉄ペラム123号が乗っ取られ、犯人グループは乗客を人質に身代金1000万ドルを要求。地下鉄運行指令室に勤務するガーバーは、犯人からの無線を受けたことから、そのまま交渉役を務めることになり……。

2009年製作/105分/アメリカ
原題:The Taking of Pelham 123
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

1.0カネかけたコント

Ezy Ryderさん
2021年4月30日
PCから投稿

大筋は、ハイジャックされた電車から、人質を救出する映画。けど脚本が滅茶苦茶で、そこかしこ、おかしなシーンだらけ。いちいち挙げればキリないけど、一例を取り上げると、現場に警察が身代金を運ぶシーン。現金輸送のパトカーやバイクが、交通事故起こしまくりとか、ありえなさ過ぎ。しかも、事故の具合が大惨事やし。

後、意外と引っかかったのは、「電車のハイジャック」程度のニュースで、「何で、株式相場全体が下がって、金地金の価格が上昇という、"世界恐慌"時みたいな、値動きすんねん」かな。「鉄道会社関連株」の「下落」は分かるが、「その他の資本部門・業種」の「株の下落」は、よく分からんし。ある程度、嘘でもいいから、最もらしい理由付けをして欲しかった。

ついでに、しょーもないトコやと、PCカメラで現場を盗撮してる、人質の青年。状況をカメラで見てる彼女が、半泣きで、「愛してると言って」からの、彼氏「今、そういう状況じゃない」→彼女「YESと言うだけでしょ~」云々とか、どんなやり取りやねん。もうちょい、ちゃんとした脚本書いたれよ。彼氏の気の毒さと、彼女のイタさ加減に、ワロてもうたし。

制作サイドは、全然そんな意図無いやろうけど、トータル、完全にコント。いっそ、ラストの「主人公が電車で家に帰るシーン」で、もっかいハイジャックに出くわしたら、オチもキレイについたのに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ezy Ryder

2.5オチが納得いかず

UNEmiさん
2020年12月25日
PCから投稿

いつもと同じはずの一日が、とんでもないことに…という、ありがちな設定。
う~~~~~ん、いまいち。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

3.0まぁまぁ

2020年11月1日
iPhoneアプリから投稿

ヒョンなことから地下鉄運営管理担当者がテロリストとの交渉役になり、事件を解決するという設定の映画。
それなりに面白かったかな。デンゼルワシントンとトラボルタと大物が出演する映画。他のレビューのとおり株価を下げ、金相場を上げてという事件を引き起こし、逃げ延びる予定だったんだろうが、若干、分かりにくかったかな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけさん!

3.0ギリギリで及第点に届かず。。

yoneさん
2020年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yone
すべての映画レビューを見る(全65件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る