月曜日に乾杯!

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

退屈な日常にうんざりした中年男の気ままな旅を描くコメディ。監督・脚本・編集・出演は「素敵な歌と舟はゆく」のオタール・イオセリアーニ。撮影は近年のイオセリアーニ作品や「恋ごころ」のウィリアム・リュプシャンスキー。音楽はイオセリアーニ作品常連のニコラ・ズラビシュヴィリ。美術・出演は「素敵な歌と舟はゆく」のマニュ・ド・ショヴィニ。出演はこれが俳優デビューで、「ルムンバの叫び」などのプロデューサーとして知られるジャック・ビドウほか。2002年ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)、国際批評家連盟賞受賞。

あらすじ

フランスの小さな村。工場に勤めるヴァンサン(ジャック・ビドウ)は、毎朝5時に起き、1時間半かけて通勤している。工場ではタバコを吸うこともできず、単調な仕事をこなすだけ。家では家族からあまり相手にされていない。でも雑用ばかり言いつけられて、趣味の絵を描くこともままならない。いつものように出勤したヴァンサンは、仕事をさぼり、そのまま旅に出ることを思いつく。彼は街で一人暮らししている父親(ラズラフ・キンスキー)のもとを訪れる。すると父親は旅の資金をヴァンサンにくれた。彼は列車に乗りヴェニスへ。そして父親の旧友であるマルティーノ侯爵(オタール・イオセリアーニ)を訪ね、駅で出会った男カルロ(アリーゴ・モッツォ)と意気投合して遊び、思いっきり羽をのばす。やがてある日、ヴァンサンは突然帰宅。次の朝、工場へ出勤しようとするヴァンサンに、彼の妻(アンヌ・クラヴズ=タルナヴスキ)はいつもより優しい態度を取るのだった。

2002年製作/127分/フランス・イタリア合作
原題:Lundi Matin
配給:ビターズ・エンド

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0イオセリアーニに乾杯

ローラさん
2016年6月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

寝られる

あぁもう本当に、オタール・イオセリアーニ大好きです
見たのは2作目だけど、見るたびグルジア(ジョージア)の人々への愛が止まりません。今作はフランスの田舎が舞台なのですが住民達がグルジア人にしか見えないなぁって思ってたけど監督のコメントを見て納得。フランス人はこの映画を見てフランス映画だというが、グルジア人はグルジアを描いている映画だと言う。
常に酒を飲み、老人がやたら悪くて元気。この映画全体に漂う空気がほんとうに神々しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローラ
すべての映画レビューを見る(全1件)