本当に若い娘

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

思春期の少女の性を赤裸々に描いた1976年発表の作品。監督・脚本・美術は「ロマンスX」のカトリーヌ・ブレイヤで、これがデビュー作(原作も彼女による小説『換気扇』)。出演は「インモラル物語」のシャルロット・アレクサンドラ、「サテリコン」のハイラム・ケラー、「ボルサリーノ」のブルーノ・バルプ、「バルスーズ」のリタ・メイデン、「ハネムーン・キラーズ」のシャーリー・ストラーほか。

1976年製作/93分/フランス
原題:Une vraie jeune fille
配給:プレノンアッシュ

ストーリー

14歳のアリス(シャルロット・アレクサンドラ)にとって、父親(ブルーノ・バルプ)と母親(リタ・メイデン)と過ごす夏休みは息のつまる日々。あてもなく町をさまよう大人びた彼女の体に、男たちの熱い視線が向けられる。そんな中、魅惑的な青年ジム(ハイラム・ケラー)に心を奪われたアリスは、彼に接近を試みるが、中々相手にしてもらえない。実はジムには恋人がいたことが分かり、アリスはショックを受ける。彼との淫らな妄想にふける日々を過ごすが、ついに彼を誘うことに成功。しかし夜に家まで迎えにきたジムを、アリスの父親は誤って射殺してしまうのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る