山猫

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
山猫
34%
47%
14%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イタリアの巨匠ルキノ・ビスコンティの代表作で、第16回カンヌ国際映画祭で最高賞(グランプリ)に輝いたドラマ。日本では1964年、短縮された英語版で初公開された後、81年にイタリア語のオリジナル完全版が公開されたがプリントの状態は悪かった。そのイタリア語完全版を、撮影監督のジュゼッペ・ロトゥンノ監修のもと復元させたのが「イタリア語・完全復元版」で、2004年に公開された。16年、ビスコンティ監督の生誕110周年、没後40年を記念した特集上映「ヴィスコンティと美しき男たち アラン・ドロンとヘルムート・バーガー」では「山猫 4K修復版」として、「イタリア語・完全復元版」を初の4K映像で劇場公開。19年には「4K修復版」が35ミリプリントとデジタルで同時上映。統一戦争に揺れる1860年のイタリア。シチリア島を長年に渡って統治してきた名門サリーナ公爵家にも革命の波が押し寄せる。貴族社会の終焉を感じながらも優雅な暮らしを続ける公爵は一家を連れて避暑地へと向かうが、革命軍の闘士となった公爵の甥タンクレディが、新興ブルジョワジーの娘アンジェリカと恋に落ちてしまう。

1963年製作/186分/G/イタリア・フランス合作
原題:Il gattopardo
配給:クレストインターナショナル
日本初公開:1964年1月18日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0不朽の名作を4K版で見る至福のひと時。これほどの贅沢はあるだろうか。

2019年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

不朽の名作。にもかかわらず、レンタル屋は取り扱いがなく、ソフト購入も高すぎて手が出ない。それゆえ、このたび4K版がかかる機会を逃すわけにはいかなかった。結果、あまりの美しさに本作の真の凄みを見せつけられた思いがした。バート・ランカスターが立ち上がる時、その長身から放たれる波動が、肌をも震わすかのような感動となって沁み渡っていく。

貴族文化を肌身で知るヴィスコンティゆえ、全編の「本物感」は圧倒的だ。一方、本作をきちんと理解しようと思えば、近代イタリア史を頭に入れて臨まねばなるまい。これは時代の荒波に揉まれ、古い体制や価値観が刷新される激動期の物語。取り残される側の貴族、それも一家の長としてのランカスターが辿る心の移ろいを、全体の3分の1の長さを誇る舞踏会シーンに投影させたヴィスコンティの芸術性は素晴らしい。昔は良さが分からなかった筆者も、20年を経て、すっかり心に沁みてしょうがなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.0令和の始まりに観てこそ意味がある

あき240さん
2019年6月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

中世から近世への変革期
社会だけでなく人間もまた変革されていく

サリーナ公爵とセダーラは支配階級の交代と貴族社会の終焉を
サリーナ公爵とタンクレデイは老若の世代交代を
それぞれの人物を通して描いています

このようにさまざまな切り口で、こういった洋の東西、古今を問わない人類不変のテーマを幾重にも重ね合わせています

最初の内こそ事情を飲み込めずに退屈してしまうかも知れません
しかし次第にその不変のテーマの重ね合わせに気付きだしてからは、いつしか3時間を超える長さも気にならないくらいに没入してしまうのです
イタリアの近世史に詳しく無くともテーマは誰にも理解でき共感できることなのです

忠実に再現されたであろう1860年のシチリアに於ける貴族社会の実相が見所でしょう
後半に長く続く舞踏会のシーンはことに有名です

もちろん日本人にはそれがどのくらい忠実であるのかは判断つきません
しかし21世紀に生きる日本人であっても幕末の頃を舞台にした映画の時代考証の忠実さはある程度は肌感覚で分かります

それと同じように本物の貴族である監督が本物を再現して見せているのは、映像の中の空気からハッキリと伝わってきます

見たことのあるような西洋絵画のそのままの光と色彩が画面にあります
絵画的なのではなく、西洋絵画が如何に現実に写実的であったのかの証明ですらあります

物語はまさに同じ時代の日本でもあったような物語です
大政奉還に揺れる地方の小藩の殿様の物語です
例えるならこうでしょう

御維新は時代の流れと諦めつつも家名を残す為には富裕な商家から嫁を迎えるのも当然と考えています
うまく立ち回って新政府軍に連なっている甥は、これからはこれくらいの才覚がなければと頼もしく見ます
野心ある若い彼にはアンジェリカのような強い女で無くては連れ添えない、コンチェッタなような古い時代のままに育った娘では足手まといになると
そして鏡に写る自分に老いを感じ
洋装、断髪は自分にはできないと知る

山猫の時代は去ったと主人公は最後に述べます
同じように21世紀の日本も時代は変わり令和となりました
山猫と獅子は去り、ジャッカルと羊の世の中なのかも知れません
古い世代の人々からは舞踏会の部屋で騒ぐ娘達を猿の様だと冷たい目で見られているのかも知れません
しかし新しい世代はタンクレデイの世代なのです
古い人間は夜道を一人歩いて退場していくのみなのです

令和時代の始まりにこそ観ておくべき映画でしょう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240

3.5状況説明が悪くのめり込めない

Cape Godさん
2019年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

総合:65点 ( ストーリー:50点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:80点|音楽:65点 )

 何が起きているのかわからない。ろくに説明がない。どうも戦争が迫っているらしい。だけど登場人物側がどのような立場で、それに対してどのような立場の勢力がいて、どのような利害関係があるのかわからない。ただ将来を左右する岐路にいるのかなというのがわかる程度で、具体的なことが描写されない。いきなり戦っているけれど、背景を理解していないから、何一つのめり込めず、遠い昔にどこかの誰かが誰かと戦っているんだなと遠い目で見てしまう。
 戦いが終わってからも似たり寄ったりで、タンクレディは遠い所で何をしたいのか何をやってきたのかを部屋でちょっと語るだけで、実際の行動は殆ど示されない。物語の躍動感がなく、色々と大変な時代らしいとはいえ日常生活が延々と描写されるだけ。

 そんな場面が変わって舞踏会になると実に華があった。古い伝統のお屋敷で美男美女が舞い踊る姿は豪華で美しい。古いために映像の色は鮮明とは言い難いが、延々と続く舞踏会こそこの映画の見せ場で、ここのみで見る価値がある。点数はここにつける。

 時代が変わり貴族の時代でもなくなり、侯爵は貴族階級と共に時代に置き去りにされる。そして新しい時代には新興の上流階級が支配階級となっていく。そのような雰囲気はわかる。
 だが同じビスコンティ監督の『ベニスの死す』でもそうだが、この監督は設定と物語の展開の描写が情報不足で、雰囲気ばかりを作ることに集中しすぎている。ビスコンティは貴族の出身らしく城で育ったそうだが、貴族の描き方は良く分かっているように見えた。だが物語の描き方が駄目。伝わってこないしのめり込めない。今まで観た中で、ビスコンティ監督作品で面白いと思ったものがない。本作も久しぶりに観なおしてみたが、やはりこの名監督は自分の感性には合わないようだ。

 アラン・ドロンはイタリア語が喋れるのかと思ったら、こちらは吹替らしい。バート・ランカスターは当然吹替。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

3.5劇場鑑賞のラストチャンス

movieさん
2019年3月21日
Androidアプリから投稿

57. 1963年初公開。ビスコンティ監督の初期の代表作。4K復刻版公開。1時間に及ぶ舞踏会のシーンがこの作品のクライマックス。貴族社会の衰退を暗示している。個人的には、ビスコンティの「ベニスに死す」推し

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
movie
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る