ミミック

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

遺伝子操作によって生み出された新生物の恐怖をSFサスペンス。監督は、メキシコ・アカデミー賞で9部門を受賞した長編第1作「クロノス」で注目を集めた新鋭ギレルモ・デル・トーロ。ドナルド・A・ウォルハイムの短編小説を基にデル・トーロと「ニューヨーク東8番街の軌跡」の監督マシュー・ロビンスが映画用ストーリーを作成、さらにふたりで脚本化した(ノン・クレジットでジョン・セイルズとスティーヴン・ソダーバーグも加わっているという)。製作は「ハッピィブルー」のボブ・ワインステイン、「ターミネーター2」のB・J・ラック、オーレ・ボールネダル、製作総指揮は「未知との遭遇」のマイケル・フィリップス。撮影はダン・ラウストセン、音楽はマルコ・ベルトラミミ、美術は「クラッシュ」のキャロル・スピアー、編集はパトリック・ラッサー。視覚効果監修は「ジュラシック・バーク」「ロング・キス・グッドナイト」のブライアン・ジェニングス、クリーチャー・デザインは「セブン」のロブ・ボッティン。スタイリッシュなタイトルバックのデザインは「セブン」のカイル・クーパーが担当。なお、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」の監督ロバート・ロドリゲスが第二班監督として参加している。主演は「ノーマ・ジーンとマリリン」のミラ・ソルヴィーノ。共演は「Emma エマ」のジェレミー・ノーザム、「雲の中で散歩」のジャンカルロ・ジャンニーニ、「評決のとき」のチャールズ・S・ダットン、「アメリカの災難」のジョシュ・ブローリン、「モブスターズ」のF・マーレイ・エイブラハム、「ノーバディーズ・フール」の子役アレクサンダー・グッドウィンほか。

あらすじ

近未来のニューヨーク。ストリックラー病と呼ばれる死の伝染病が蔓延している近未来のニューヨーク、昆虫学者スーザン(ミラ・ソルヴィーノ)は、病原菌の媒介源の虫を殺す新たな遺伝子生物を生み出すことに成功、新生物を「ユダの血統」と名付けて学会に発表した。3年後、スーザンは自殺遺伝子で死んだはずの「ユダの血統」が地下鉄の奥で生きていることを知る。地下鉄の靴磨きマニー(ジャンカルロ・ジャンニーニ)は行方不明になった孫の後を追い、地下鉄の奥へ。同じ頃、謎を解くため、地下鉄の奥へと向かったスーザンと夫のピーター(ジェレミー・ノーザム)達は巨大に進化した「ユダ」の大群が襲われる。構内のガス管を爆発させて「ユダ」を焼き尽くすことに成功、かろうじてスーザン、ピーター、マニーは脱出した。

1997年製作/106分/アメリカ
原題:Mimic
配給:松竹富士(アミューズ=松竹提供)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

2.0擬態って言うほど擬態しない

2019年4月19日
Androidアプリから投稿

正直に言えば、見んでよい作品。
同時期に『レリック』『ヴィドック』『ミミック』と観賞したせいで、◯◯ックとつくタイトルは趣味に合わないと思い込んでしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪

2.5ミラ・ソルヴィーノ主演でミラマックス制作

なおさん
2018年6月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

思いっきりワインスタイン案件ですね。
それはさて置きギルレモ祭その1。
オープニングは「『セブン』?!」と思ったらやはりカイル・クーパー。
モンスターそのままはっきり見せない方向で通した方が良かった気がするが…。
デル=トロ監督ということで、ちょっと期待しすぎたかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

3.0巨大虫版エイリアン2

2014年10月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

ユダが作られる切っ掛けとなった伝染病とゴキブリ退治の流れは面白いと思ったが、タイトルにも成っているミミック(擬態)が、作品内で、あまり活かされていないのは残念。
主人公夫婦の子作りについても、物語に深く関わってくるものだと思っていたが、特に何もなく終わってしまった。大量繁殖した虫との対比位?
自閉症気味のチューイ君もエイリアンを身籠ったリプリーの様に虫に攻撃されない何らかの要素を持っていて事態解決のキーマンに成るものだと観ていたが、行動が意味不明で単なる御荷物キャラと成っている。妊娠できない主人公に母性を出させる為に準備されたキャラなのかな?ラストでは、生還を喜び抱き合う主人公夫婦に、チャッカリくっついていて笑った。
物語に深みを持たせる為の設定が中途半端で、無かった方がマシだったと思わせる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ソルトン
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ミミック」シリーズ関連作品