マイ・フェア・レディ

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
マイ・フェア・レディ
マイ・フェア・レディ
21%
56%
17%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロンドンの花売り娘が一流の淑女に変貌していく姿をオードリー・ヘプバーン主演で描き、1964年のアカデミー賞主要8部門を独占した名作ミュージカル。アイルランドの劇作家ジョージ・バーナード・ショウの戯曲「ピグマリオン」をもとにした同名ブロードウェイミュージカルを、「フィラデルフィア物語」のジョージ・キューカー監督が映画化した。ロンドンで花を売り歩いていた女性イライザは、言語学の教授ヒギンズから下品な言葉遣いを直せば一流のレディになれると言われ、教授から言葉や礼儀作法のレッスンを受けることに。猛勉強の末に美しいレディへと成長したイライザは華々しい社交界デビューを飾るが、実は教授が彼女をめぐって友人のピカリング大佐と賭けをしていたことを知り、ショックのあまり教授のもとを飛び出してしまう。

1964年製作/173分/アメリカ
原題:My Fair Lady
配給:ワーナー・ブラザース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 アカデミー賞(1965年)

受賞

作品賞  
監督賞 ジョージ・キューカー
男優賞 レックス・ハリソン
撮影賞(カラー) ハリー・ストラドリング
編曲賞 アンドレ・プレビン
衣装デザイン賞(カラー) セシル・ビートン
美術賞(カラー)  
音響賞  

第22回 ゴールデングローブ賞(1965年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) レックス・ハリソン
最優秀監督賞 ジョージ・キューカー

ノミネート

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) オードリー・ヘプバーン
最優秀助演男優賞 スタンリー・ホロウェイ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)1964 Warner Bros. Pictures Inc., renewed (C)1992 CBS. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved

映画レビュー

5.0オードリー、オードリー、オードリー⭐️

Birdさん
2020年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Bird

4.0服装も楽しむ。

奈緒さん
2020年8月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

吹き替えが見つからなかったので字幕で見ました。

The rain in Spain stays mainly in the plain.
映画が終わった後でも記憶に残るくらい聞きました笑

教授とエリザベスの親子愛を感じられました。

服装をよく見たいがために借りてきて、頭の飾りや色が白or黒であったり、首の飾り、服と靴の色や履いている靴の種類を見ながら楽しめました。

心地いいミュージカル映画でした。

歌っているのはオードリーヘプバーンなのかな?急に音声の入れ方が違いすぎて少し違和感がありました。この時代は普通なのでしょうか?

長編映画なので、映画でもあったように途中休憩を挟みました。

椅子、服装、家具など、シックな感じでとても楽しかったです。オードリーヘプバーンの花屋である時と成長した時とで話し方、声の荒げ方が全く違う。すごい!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奈緒

4.0吹替問題

kossyさん
2020年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 歌はオードリーの声じゃないと知ったときから違った目で観るようになってしまった。変ななまりの台詞の後に綺麗な発音の歌が来るからおかしいとは思っていたのだが・・・王様が出てくるところの歌とエンリー・イギンズの歌は本人のような気もするのですけど、このだみ声の歌のほうがが好きだ(笑)。その吹替えという理由やジュリー・アンドリュースを起用しなかった理由により、オードリーだけが何の賞も獲らなかったという事実も興味深い(同年主演女優賞は『メリーポピンズ』のジュリーアンドリュース)。

 しかし、この映画の中の音声学というのも不思議な学問だ(笑)。どちらかというと方言学といった感じで、日本国内の方言の違いがわかるようなものなんでしょうね。

 ビー玉を飲み込んだときのオードリーの表情、ヒギンズ教授がコーヒーカップを帽子の上に乗せるシーンなどは何度も見たいものだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

4.0一言で言えば、 シンデレラ ストーリー かな?

KEOさん
2020年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KEO
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る