マイ・フェア・レディ

ALLTIME BEST

劇場公開日

21%
57%
17%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロンドンの花売り娘が一流の淑女に変貌していく姿をオードリー・ヘプバーン主演で描き、1964年のアカデミー賞主要8部門を独占した名作ミュージカル。アイルランドの劇作家ジョージ・バーナード・ショウの戯曲「ピグマリオン」をもとにした同名ブロードウェイミュージカルを、「フィラデルフィア物語」のジョージ・キューカー監督が映画化した。ロンドンで花を売り歩いていた女性イライザは、言語学の教授ヒギンズから下品な言葉遣いを直せば一流のレディになれると言われ、教授から言葉や礼儀作法のレッスンを受けることに。猛勉強の末に美しいレディへと成長したイライザは華々しい社交界デビューを飾るが、実は教授が彼女をめぐって友人のピカリング大佐と賭けをしていたことを知り、ショックのあまり教授のもとを飛び出してしまう。

1964年製作/173分/アメリカ
原題:My Fair Lady
配給:ワーナー・ブラザース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 アカデミー賞(1965年)

受賞

作品賞  
監督賞 ジョージ・キューカー
男優賞 レックス・ハリソン
撮影賞(カラー) ハリー・ストラドリング
編曲賞 アンドレ・プレビン
衣装デザイン賞(カラー) セシル・ビートン
美術賞(カラー)  
音響賞  

第22回 ゴールデングローブ賞(1965年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) レックス・ハリソン
最優秀監督賞 ジョージ・キューカー

ノミネート

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) オードリー・ヘプバーン
最優秀助演男優賞 スタンリー・ホロウェイ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)1964 Warner Bros. Pictures Inc., renewed (C)1992 CBS. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved

映画レビュー

4.5英語がうるさいけど楽しい

Sheetaさん
2022年3月17日
Androidアプリから投稿

綺麗な発音、言葉遣いって字が綺麗なのと同様、その人の生涯の宝だと思う。身につけて悪いことは何もない。このテーマは現代にも大いに参考になる。やり方や女性感は古くさいところもあろうが・・・オードリーヘップバーンがとにかく可愛い、ドレスが素敵。そしてエンディングのオシャレさよ、ハグでもないキスでもない、あの終わり方がとても気に入った!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sheeta

5.0いつ観ても色褪せない素晴らしい映画!全てが美しい!

2022年2月20日
iPhoneアプリから投稿

笑える

楽しい

萌える

先日友人から「好きなミュージカル映画10選」を聞かれた時に紹介した作品。
話題に出た作品が観たくなってしまう性格なので、久しぶりに鑑賞。

汚い言葉と汚い身なりでギャンギャンと喚く花売り娘を舞踏会に出せる貴婦人にするプロセスストーリー。

何度観ても素敵な音楽に、衣装、街並み、お屋敷…画面に写るもの全てが美しいです。
可愛いイライザのファッションはかなり私の服選びの参考になっています…!

全てのシーンが可愛いですが、可愛いだけのお洒落映画ではなく、ストーリーも素晴らしいです。
イライザにハラハラしたり、切ない乙女心に胸が打たれ、素敵な音楽で胸が踊る。

60年代の映画ですが、今観ても素晴らしいと思います。
色褪せない映画とはまさにこのこと。

マイフェアレディの歌といえば数々の名曲。
「踊り明かそう」は動き出す乙女心の歌で大好きですし素敵なメインテーマ曲。
私の特に好きな歌は「Wouldn't It Be Loverly?」です。
街の人たちと「こんな暮らしできたら幸せよ」と守ってくれる彼がいてくれたらいいなと歌うのが後半の切なさをグッと引き立てられます。

この映画の舞台も鑑賞しにいきました。
大好きな女優さん神田沙也加ちゃんのイライザ本当に素敵でした。
今までもこれからも大好きです。
大好きなオードリーヘップバーンと大好きな神田沙也加ちゃんが同じ作品の同じ役を演じるだけでも嬉しいのに、2人のイライザの表情がとても似ていて感動したことを覚えています。

ストーリーも衣装も音楽もとても素敵でこれからの私の人生でも何度も観て触れる映画、作品になると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おもちまろ。

4.04

2021年12月26日
iPhoneアプリから投稿

オードリーの美しさを楽しむ映画だと思って
いましたが、年を重ねて見直すと、
1964年の作品だが色褪せない理由がよく分かります。
舞踏会や競馬のシーン等の演出は目を奪われるし、
男女のなかなか理解が難しい考え方の違いの
描き方も今見ても共感できるし面白い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
さあああん

2.0今の感覚で見ると…

2021年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

1964年の作品なので、致し方ないのだが、今の感覚で見ると、主人公イライザへの男性たちの発言など、まったく共感できない。後半のイライザの思いもまったく理解できない。

また、言葉を直して、礼儀作法を教えただけで、作品後半のように主人公が変わるということもあり得ない。教養というものを軽くとらえすぎていて現代には合わない。
おとぎ話であるのは分かるのだが、そこにもある程度の納得感が欲しい。
もともと舞台作品だが、舞台で見たならばまたこのおとぎ話感も「あり」なのだとは思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ホレッタ
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る