マイ・フェア・レディ
ホーム > 作品情報 > 映画「マイ・フェア・レディ」
メニュー

マイ・フェア・レディ

劇場公開日

解説

ロンドンの花売り娘が一流の淑女に変貌していく姿をオードリー・ヘプバーン主演で描き、1964年のアカデミー賞主要8部門を独占した名作ミュージカル。アイルランドの劇作家ジョージ・バーナード・ショウの戯曲「ピグマリオン」をもとにした同名ブロードウェイミュージカルを、「フィラデルフィア物語」のジョージ・キューカー監督が映画化した。ロンドンで花を売り歩いていた女性イライザは、言語学の教授ヒギンズから下品な言葉遣いを直せば一流のレディになれると言われ、教授から言葉や礼儀作法のレッスンを受けることに。猛勉強の末に美しいレディへと成長したイライザは華々しい社交界デビューを飾るが、実は教授が彼女をめぐって友人のピカリング大佐と賭けをしていたことを知り、ショックのあまり教授のもとを飛び出してしまう。

作品データ

原題 My Fair Lady
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 173分

受賞歴

第37回 アカデミー賞(1965年)

受賞
作品賞  
監督賞 ジョージ・キューカー
男優賞 レックス・ハリソン
撮影賞(カラー) ハリー・ストラドリング
編曲賞 アンドレ・プレビン
衣装デザイン賞(カラー) セシル・ビートン
美術賞(カラー)  
音響賞  

第22回 ゴールデングローブ賞(1965年)

受賞
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) レックス・ハリソン
最優秀監督賞 ジョージ・キューカー
ノミネート
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) オードリー・ヘプバーン
最優秀助演男優賞 スタンリー・ホロウェイ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全24件)
  • “言葉遣い”ってやっぱり大事 数々の名ナンバーと共に、貧しい身分である花売り娘のイライザが、言語学者のヒギンズ教授の指導の下、華やかな淑女に生まれ変わっていく様を描く傑作ミュージカルです。 終始コミカルな演出に満ちていて楽し... ...続きを読む

    syu-32 syu-32さん  2018年8月18日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ミュージカルが嫌いだったが ウェストサイドストーリーを観てミュージカル映画が大嫌いになったが、この作品を観て観た作品が悪かったのだと実感。 台本も唄もダンスも良かった。 必然性のある演出の作品である。 他のミュージカル映画... ...続きを読む

    アリの人 アリの人さん  2018年7月9日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 1964公開の先進性 初めに描かれる格差から強いメッセージを感じる本作 訛りから来る差別を上手く使っており、ミュージカルの部分では、どのような存在が権威として考えられているかよく分かります。 また、イギリスが舞台とい... ...続きを読む

    T O T Oさん  2018年6月17日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「マイ・フェア・レディ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi