ブルーサンダー

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
8%
46%
38%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハイ・テク装備のヘリコプターブルーサンダーをめぐるアクション。「ドラキュラ(1979)」のジョン・バダムが監督にあたり、ゴードン・キャロルが製作した。エグゼクティヴ・プロデューサーはフィル・フェルドマンとアンドリュー・フォーゲルソン。ダン・オバノンとドン・ジャコビーの脚本に、バダムとディーン・リースナーが手を加えたものに基づいて撮影された。撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はアーサー・B・ルービンスタインが担当。ヴィジュアル・コンサルタントのフィリップ・ハリソンがブルーサンダーをデザイン、仏製エアロスパシアル・ガゼルを2機購入してディック・マーティンが改造した。特殊効果監修は「ガントレット」のチャック・ガスパー。ヘリコプターのチェイス、ジェット機の追撃シーンのモーション・コントロール撮影は「スター・トレック」でダグラス・トランブルの下で働いた6人のエキスパー卜が設立したドリーム・クエストが手掛けた。出演はロイ・シャイダー、ウォーレン・オーツ、キャンディ・クラーク、ダニエル・スターン、マルカム・マクダウェルなど。なお、この作品は撮影後に死亡したウォーレン・オーツに捧げられている。ドルビー・ステレオ。パナビジョンで撮影。日本版字幕は野中重雄。テクニカラー(プリントはデラックス)、シネスコサイズ。1983年作品

1983年製作/110分/アメリカ
原題:Blue Thunder
配給:コロムビア

ストーリー

LA市警航空課でヘリコプター・パトロールをやっているマーフィー(ロイ・シャイダー)は、一匹狼的な性格のため周囲のうけはよくない。課長のブラドック(ウォーレン・オーツ)から事あるごとに注意されている。マーフィーは新人の若いライマングツド(ダニエル・スターン)と組んで、夜のLA上空をパトロールする。酒屋強盗を上から追跡して、ライトを犯人に当て逮捕に協力する。リンデン・ロードでナンバー・プレートのないシェヴィを発見して本部に通告。シェヴィは、自宅にもどって来た都市暴力対策委員長ダイアナ・マクニリーの後をつけてドライヴ・ウェイに入り込む。シェヴィの中から男たちが出て来て、彼女を襲い書類を奪う。警官隊が駆けつけ、マーフィーらも急行する。この事件は彼女を強姦しようという目的でなされたものとして片付けられた。ブラドックはマーフィーを連邦政府の2人の役人、アイスランとフレッチャーに引き合わせる。マーフィーは彼らと一緒にピンクヴィル軍基地に行く。そこで、マーフィーは新型ヘリコプターブルーサンダーのデモ・フライトを見る。来たるLAオリンピックでのテロ対策用に作られたというブルーサンダーは、強力な火器、コンピューター、盗聴マイク、パイロットがかぶったヘルメットの動きで弾丸が発射される装置がついている。マーフィーはこのブルーサンダーのテスト・パイロットに選ばれたのだ。軍側の責任者コクレイン大佐(マルカム・マクダウェル)はマーフィーがパイロットと知ると怒る。二人はベトナムで一緒に闘った仲だが、なんとなく険悪な感じ。翌日、マーフィーはマクニーリー邸から拾った書類に書かれたスペイン語の解読を、同僚のモントーヤに頼む。マーフィーとライマングッドはヘリコプターに乗り、コクレインのヘリコターに続いて上空へ。しばらく飛んでいるうちに、マーフィーらのヘリコプターが揺れ出す。コクレインが秘かに部品をゆるめていたのだ。マーフィーは落ちついて、ヘリコプターを操縦。ヘリコプターは建築現場に落下し大破したものの、二人は無事だった。モントーヤはマーフィーに書類にはスペイン語地区で何か騒動が起きると書いてあり、THORという意味不明の語があったことも告げる。その後、マーフィーとライマングッドはブルーサンダーに乗り夜の空を飛ぶ。コンピューターにコクレインのことをイン・プットするとTH0Rプロジェクト(Tactical Helicopter Offensive Response 戦略ヘリコプター攻撃レスポンス)に従事と出た。ブルーサンダーは、コクレインの車をつけ、連邦ビルでコクレインやフレッチャーがスペイン語地区でトラブルを起こそうとしていること、邪魔なマーフィーを消そうという相談を盗聴マイクで聴き、テープに録音する。そのテープをライマングッドはドライヴ・イン劇場のごみ箱に隠す。一方、コクレインたちはテープの行方を知ろうとして、ライマングッドをいためつけるが、聞き出せない。ライマングッドはすきを見て逃げ出すが、射殺される。参考人として警察に追われるマーフィーは、ガール・フレンドのケイト(キャンディ・クラーク)にドライヴ・イン劇場のゴミ箱からテープを手に入れ、KBLA・TVに運ぶよう頼む。自分はブルーサンダーに乗り護衛する。ブルーサンダーを追いモントーヤの乗った市警のヘリコプターや空軍機がやってくるが、マーフィーにかわされる。そしてコクレインの空軍ヘリコプターと空中戦となる。コクレインはベトナムの空で敵の兵士をつき落した残酷な男で、マーフィーはその時のパイロットだったのだ。マーフィーは傷つきながら、コクレインのヘリコプターをやっつける。ケイトは追ってくるパトカーをかわしてKBLAに行き、プロデューサーにテープを渡す。一方、マーフィーはブルーサンダーを進行する列車の前に置き去りにしたので、ブルーサンダーは大破してしまう。(コロムビア配給*1時間50分)

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
  • サスペリア PART2 劇場版
  • 今日も僕は殺される
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0街中での低空飛行バトルが見もの

2019年11月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

吹き替えで鑑賞。

音響に少し古さを感じたものの、楽しく観られました。
高性能のヘリが出てくるってだけでワクワクしますね。
ヘリ等の空中戦は他作品でもたまに観ますが、本作のような街中での低空飛行のバトルは初めてみました。おもしろかったです。

ライマングッドがいいキャラしてて良かったです。お喋りだけど有能。
主人公の時計の設定も好きでした。本筋としては大きな意味がなくても、その人物の考え方や生き方を細かく演出でするのっていいですよね。

決めゼリフ?の「じゃあな〜」が笑えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きーとろ

4.0THOR

everglazeさん
2019年8月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ヘリに乗ってLA上空から治安を守る警察航空課のFrankが、ブルーサンダーこと最新鋭攻撃型ヘリにまつわる陰謀を暴こうと奮闘する話。

ワルがいかにも意地悪そうな面構えなので分かりやすいのですが、中身は意外と凝っていると思いました。

そもそもの目標が民間人の犠牲も厭わない大雑把な治安維持だからなのか、ヘリはもちろん、戦闘機まで登場します。ぶっ放しレベルに倫理観はゼロ(^_^;)。
ベトナム戦争帰還兵でもあるFrankは未だ悪夢にうなされているのですが、太陽を背景に向かってくるブルーサンダーは”Miss Saigon”を彷彿とさせ、警察ヘリや軍用ヘリと飛び回る姿はLAにやって来ちゃった「地獄の黙示録」という感じです。
Frankがヘリチェイスなら、恋人Kateはカーチェイスで縦横無尽に暴走(^_^;)。超タフなカップルでした。

市街地でこんなにヘリを飛ばして撮影できたことに驚き。撮影も内容も現在なら無理ではないかと。4Dで鑑賞できたら楽しそうです。

1980年代初頭でこれだけのヘリが完成していたとしたら、今では世界中が盗撮盗聴の対象となっていても何ら不思議ではないです。

ロサンゼルスオリンピックの頃が、まだ人種差別をして当たり前という雰囲気であったことにビックリ。
Little Tokyoだから誤爆も仕方ない?!
最後に少し贔屓にしてくれるから許します(^^)。
LAの住友銀行が一瞬映りますし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
everglaze

3.0スーパーヘリ、ブルーサンダーの大活躍。 ヘリが凄すぎてその分ドラマ...

2019年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

スーパーヘリ、ブルーサンダーの大活躍。
ヘリが凄すぎてその分ドラマ的には薄くなってしまった感あり。軽く流されているがものすごい数の犠牲者がいたのでは(笑)
昔のスーパーヘリドラマ、エアウルフの方が面白かった気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

5.0本編もメイキングも素晴らしい

よねさん
2019年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

DVDで再鑑賞。忘れもしない29年前、高1の2学期中間試験中に観ました。さすがに四半世紀超経過しているので陳腐化してる描写もあるし、プロットも適当。それでも当時の興奮がガツンと蘇ってくるのは特撮を最小限にとどめてガチの空撮に拘ったアクションシーンの数々によるところが大きい。ヘルメットのシールドやヘリの風防に映り込み流れ去る風景に鳥肌が立ちます。

本篇も素晴らしいですが、DVD化に際して制作されたと思しきメイキング"Ride with the Angels"が白眉。監督のジョン・バダム、脚本のダン・オバノン(実は殆ど名義貸しだったことをあっさりカミングアウト)、主演のロイ・シャイダー他のインタビューと豊富なオフショットで綴られる至福の44分。当時の撮影裏話も驚きですが一番驚いたのは、ジョン・バダムの前髪が30年前から全く変わっていないこと・・・その秘密は私の心の中にしまっておきます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る