プリシラ

ALLTIME BEST

劇場公開日

プリシラ
22%
51%
26%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

3人のドラッグクイーン(女装のゲイ)が大自然の中、バスに乗って真実の愛を求めて旅をするロードムービー。主人公たちのド派手なファッションや全編に流れる70年代ディスコ・ヒット曲の数々が印象的。監督・脚本はオーストラリア映画界の新鋭ステファン・エリオット。製作は「ゴシック」のアル・クラークと「U2/魂の叫び」のマイケル・ハムリン。撮影はブライアン・J・ブレヘニー、美術はオーエン・パターソン。衣装デザインは豪州屈指のデザイナー、リジー・ガーディナーとティム・チャペル。チーフ女装コンサルタントは女装アーチストの第一人者、ストライカーマイヤー。出演は「コレクター」「ブロンディー 女銀行強盗」のベテラン、テレンス・スタンプはじめ、ヒューゴー・ウィーヴィング、ガイ・ピアース、「誓い」のビル・ハンターほか。

1994年製作/103分/オーストラリア
原題:The Adventures of Pricilla: Queen of the Desert
配給:ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画(提供 デラ・コーポレーション=ヘラルド・エース=フジテレビジョン/協力 日本コロムビア)

ストーリー

ショウガールの仕事で結ばれた、誇り高い性転換者バーナデット(テレンス・スタンプ)、バイセクシュアルのミッチ(ヒューゴー・ウィーヴィング)、若く世間知らずなフェリシア(ガイ・ピアース)の3人のドラッグクイーンは、オーストラリア中部の砂漠の真ん中にあるリゾート地でショウを行うため、大都会シドニーからプリシラ号と名付けたバスに乗り、3千キロの旅に出た。快調に飛ばすバスの中、ミッチは興行先のホテルで別れた妻が待っていることを告白した。彼らは道中、砂漠でのアボリジニ(オーストラリアの先住民)との交歓、車の故障などの冒険を重ねる。そんな中、彼らは知り合った元ヒッピーの修理屋ボブ(ビル・ハンター)を同乗させた。ボブはパブで男たちを相手に際どいショーを行う妻シンシア(ジュリア・コルテス)と大喧嘩し、逃げられた後だった。立ち寄った町でゲイへの偏見から罵声を浴びせられたフェリシアを、バーナデッドは優しく慰める。目的地に着き、不安を抱きつつ元妻のマリオンと息子のベンジーに涙の再会を果たしたミッチ。その夜、ショーの客席にベンジーの顔を見つけたミッチは失神する。4週間のショーは終わり、やがて一行はシドニーへ帰る日が来るが、いつの間にかボブと恋に落ちていたバーナデッドは、2人で残ることに。都会に戻ったミッチとフェリシアのステージは、今日も満席だ。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第52回 ゴールデングローブ賞(1995年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) テレンス・スタンプ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0 オーストラリアではゲイ、女装趣味は市民権を得られてないような。「...

kossyさん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 オーストラリアではゲイ、女装趣味は市民権を得られてないような。「エイズ野郎は出て行け!」などとバスにペンキを塗られてしまった。

 砂漠で立ち往生。暇になったけど、かなり通りかかる人々が多いんだな。思わずリハーサルを兼ねてみんなを喜ばせる3人。実際にこんな素敵な(?)ショーを見ることができたらなぁ。砂漠を中心としたオーストラリアの映像も綺麗だったし、衣装も自然には溶け込まないがすごく綺麗。

 ロードムービーなので、そえぞれの過去の妻など、偶然にも出会うところなんかが軽くていいかも。エンドロールのワンカットは日本ファン向けか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5テレンス・スタンプの俳優の魔力

2020年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

口パクショーのドラッグクイーン3人の大陸横断のロードムービー。ヒューゴ・ウィーヴィングとガイ・ピアースがこの映画出演を契機にアメリカ映画で活躍するようになった作品で納得の演技。しかし、やはりというか、テレンス・スタンプ55歳のドラッグクイーンの存在感が凄い。貫禄と憑依を備えて見事なものである。元々不思議な存在感で特異なスタンスにある異色男優だが、この作品でも安定した演技力を見せてくれる。
26歳の「コレクター」28歳の「血と怒りの河」「世にも怪奇な物語」「テオレマ」32歳の「ランボー」の頃の唯一無二の妖しさを、若さを失っても感じられる俳優としての魅力がある。このテレンス・スタンプの演技を観るだけでも価値がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

3.0ゆるめで気軽に見れる内容 ストーリー展開も全体的にハッピー 衣装、...

2020年2月26日
PCから投稿

ゆるめで気軽に見れる内容
ストーリー展開も全体的にハッピー
衣装、色、バスの内装がオシャレ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Azuma_Shinna

4.0キャストが最高!

JYARIさん
2019年11月27日
PCから投稿

"
ノリノリのガイピアース、にじみ出るいい人感ヒューゴ・ウィーヴィング、そしてそして本当に40年くらいゲイやってただろテレンス・スタンプ…。どんな感性もってたら、あの悲壮感出せるん…。子供の話にはウルウルしたし、ホモフォビアに対して成すすべなしな感じとかもリアルで響きました。お気に入りはガイピアースかな~あんなノリノリでゲイ演じてくれる人だとは思わなかったよ!好きだ!あと、映画史上最高であろうマンマ・ミーア、どこをとっても文句なし映画でした。"

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る