プリシラ

ALLTIME BEST

劇場公開日

解説

オーストラリアの広大な地を舞台に、3人のドラァグクイーンが真実の愛を求めて旅する姿を描いたロードムービー。シドニーで暮らすバイセクシュアルのミッチ、誇り高き性転換者バーナデット、若く騒々しいフェリシアら3人のドラァグクイーンは、オーストラリア中部の砂漠のリゾート地でショーを行うため、おんぼろバスの“プリシラ号”に乗って3千キロの旅に出る。道中で様々な出会いやトラブルに遭遇しながら、目的地を目指す3人だったが……。出演は「コレクター」のテレンス・スタンプ、「マトリックス」シリーズのヒューゴ・ウィービング、「L.A.コンフィデンシャル」のガイ・ピアース。1995年・第67回アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞した。

1994年製作/103分/オーストラリア
原題:The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert
配給:ヘラルド・エース、日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第52回 ゴールデングローブ賞(1995年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) テレンス・スタンプ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0楽しい

まゆうさん
2021年12月27日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

楽しい

切なくて悲しくて、…でもあったかい。元気が出るし何より楽しい!!彼らのステージを一人の観客として堪能しました。立ち上がって歓声あげながら拍手してしまいました(自宅にて鑑賞)。また絶対行きたいわ~ライブ、って感じ。めちゃカッコいいです。オーストラリアの壮大な自然とずばらしい衣装、映像美がすごい。一度見たら記憶に残る。

人間生きるのは色々あってとにかくめんどくさいけど、彼らの悲しみや強さが美しくて。生きていくのも悪くないって思えますよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まゆう

3.5【”天皇星から来たらしき、色々な事情を抱えた強烈な色彩のオカマトリオ、”GO・WEST!”珍道中を描く作品。】

NOBUさん
2021年9月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

ー 当時の資料によると、バーニーを演じたテレンス・スタンプは今作の出演に対し、難色を示したという作品。”そりゃ、そーだ!”ー

 ・オーストラリアの広大な地を舞台に、3人のドラァグクイーン(バーニー&ミッチ(ヒューゴ・ウィーヴィング:この人が最もオカマらしさを出してきた気がする。歌舞伎町で見た気がするよ・・)&フェリシア(ガイ・ピアース)がオンボロバスの「プリシア号」でオカシナ旅する姿を描いたロードムービー。

 ・超有名だった(過去形)のミュージカルの映画化であるが、極彩色の3人のドラァグクイーンの衣装はインパクトがあるが、ミュージカルシーンの楽しさが少し欠けている気がするなあ・・。

<アバの楽曲を活かそうとしているのかもしれないが、なんとなーく、ミッチの久しぶりに会う妻や息子との対面シーンがメインになってしまった、本来のミュージカル映画としての楽しさが薄らいでいる気がした作品。
 それは、テレンス・スタンプを筆頭に、メインキャスト3人が歌って躍るシーンが殆どなかったからであると思われる。
 ヒットしたミュージカルを映画化するのであれば、衣装だけではなく、歌って躍れるキャスティングをお願いいたします・・。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.0ABBAのう○こ

2020年11月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

幸せ

歳もまばらな三人のドラァグクイーンが繰り広げる珍道中なロードムービー。

テレンス・スタンプがこんな役を演じていたなんて、マダム感が強くてステージでの姿は気品があり可愛らしくも映る。

過酷で深刻になる状況より、常に楽しい場面を中心に、三人を微笑ましく見守れる心境に。

映画の中のドラァグクイーンは、心が綺麗で陽気に逞しく、何かを背負いながら生きる姿に哀愁が滲み出る美しさがある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
万年 東一

3.0 オーストラリアではゲイ、女装趣味は市民権を得られてないような。「...

kossyさん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 オーストラリアではゲイ、女装趣味は市民権を得られてないような。「エイズ野郎は出て行け!」などとバスにペンキを塗られてしまった。

 砂漠で立ち往生。暇になったけど、かなり通りかかる人々が多いんだな。思わずリハーサルを兼ねてみんなを喜ばせる3人。実際にこんな素敵な(?)ショーを見ることができたらなぁ。砂漠を中心としたオーストラリアの映像も綺麗だったし、衣装も自然には溶け込まないがすごく綺麗。

 ロードムービーなので、そえぞれの過去の妻など、偶然にも出会うところなんかが軽くていいかも。エンドロールのワンカットは日本ファン向けか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る