フォー・ウェディング

劇場公開日

フォー・ウェディング
8%
36%
43%
11%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

4つの結婚式と一つの葬式をモチーフに、真実の愛を見つける男女の姿をコミカルかつロマンティックに描いたラヴ・ストーリー。ロンドンでの豪華な式、カントリーサイドでの自然の中での式、スコットランドでのトラディショナルな式など、イギリス各地でロケーション撮影された、数々の英国式結婚式の風景が見もの。監督は「白馬の伝説」のマイク・ニューウェル。脚本とエクゼクティヴ・プロデューサーは「彼女がステキな理由」のリチャード・カーティスで、11年間に65回もの友人の結婚式に出席した経験に基づき、「これまで無駄にした土曜日への腹いせに」脚本を執筆したという。製作は「ダーククリスタル」などでジム・ヘンソンのパートナーを務めたダンカン・ケンウォーシー。撮影はマイケル・コールター、美術はマギー・グレイ。音楽はオリジナル・スコアをリチャード・ロドニー・ベネットが書き、ウェット・ウェット・ウェットの主題歌『愛にすべてを』ほか、エルトン・ジョンなどの挿入歌が全編を彩る。主演は「日の名残り」のヒュー・グラントと、「バッド・ガールズ」「ショート・カッツ」と出演作が相次ぐアンディ・マクドウェル。

1994年製作/イギリス
原題:Four Weddings and a Funeral
配給:東宝東和

ストーリー

チャールズ(ヒュー・グラント)は生粋のイギリス人気質が災いして、自分の気持ちを素直に表現することの苦手な32歳の独身男性。ハンサムでリッチで、女性にもモテるのに、隣にいる女性が本当に生涯を共にする相手なのか自信が持てず、結婚となると逃げ腰になってしまう。ある日、友人の結婚式に招かれた彼は、アメリカ人女性キャリー(アンディ・マクドウェル)と出会う。才色兼美でチャーミングな彼女の魅力にまいった彼は、ひと目で恋に落ちる。さっそく果敢にアタックし、幸運にも彼女とベッドを共にした。翌日、彼女は帰国する。チャールズは再び友人の結婚式でキャリーと再会したのを喜んだのも束の間、彼女からフィアンセを紹介される。愕然とする彼に追い打ちをかけるように、結婚を迫られて別れたばかりのヘンリエッタ(アンナ・チャンセラー)に泣きつかれたのをはじめ、パーティは悪夢と化す。キャリーの誘いでパーティを抜け出した彼は、再び彼女とベッドインする。しばらく後、街で偶然、キャリーに再会した彼は、彼女のウェディングドレス選びに付き合わされる。2人はお互いの恋愛観を語り、チャールズは初めて彼女に愛を告白するが、全ては手遅れだった。キャリーの結婚式の当日、年長の友人ガレス(サイモン・カラウ)が突如倒れた。葬式の席で、同性愛の恋人マシュー(ジョン・ハンナ)の弔辞が響く。それはこの世で結婚を許されなかった彼の、愛の誓いだった。チャールズは、結婚とは何だろうと思い悩む。彼は迷いを捨てて、ヘンリエッタとの結婚を選んだ。ところが、式の当日5分前に現われたキャリーが、彼に離婚したと告げた事から、チャールズの心は再び激しく惑わされる。とうとう彼は式の席上で、結婚の誓いを破棄してしまい、チャールズはヘンリエッタに殴られて式は閉幕。彼はキャリーに今度こそ結婚を申込むと彼女も承諾し、2人の結婚式が執り行われた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第52回 ゴールデングローブ賞(1995年)

受賞

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ヒュー・グラント

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) アンディ・マクダウェル
最優秀脚本賞 リチャード・カーティス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

3.0我々の描く理想のヒューグラントが見れます。

JYARIさん
2020年4月12日
PCから投稿

これこれ、
ヒューグラントには一生これでいて欲しいよね。

こう、ハンサムなのにどこか抜けてて、女性に慣れてない。くせに優しいから誰からも愛される。
本作の彼はまんまで本当にキュートだった。

アンディマクダウェルは「恋はデジャヴ」と「セックスと嘘とビデオテープ」以来に観るけど、うん、本作でも綺麗だったけど、なんか嫌な感じの女だったな、なんか。

それよりフィオナよ!!めちゃ好きだわ!なにあの感じ!堪らん!
クリスティンスコットトーマス、すんごいセクシーでクールで知的なの。

脚本に関しては、あんまり言うことないけど、コメディの具合と次の結婚への伏線が徐々に張ってある感じは上手。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

3.0ミスター・ビーン

kossyさん
2018年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ローワン・アトキンソンの神父が最高だ。かなり笑った。色々な結婚式の様式が見られるのもいいですね。イギリスでも結婚式での悪友のスピーチはあるのだなぁ・・・などとしみじみとさせられた(笑)。しかし、全体的に自分が出席した冠婚葬祭を思い起こさせ、懐かしむだけの映画のような気もする。「あ~、ある、ある」といったような。

 ラブコメとしては恋愛部分がほとんど無いため、ジャンル分けするならばドラマという分類になるのでは?普通だとキャリーみたいな女性に惚れるわけないし・・・単なるチャールズの女性遍歴の一人という感じ・・・群像劇としても、他の登場人物が薄いしなぁ。何となく同窓会に出席したくなるような映画!といったところでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.0ストーリーが微妙

Alexaさん
2017年3月8日
iPhoneアプリから投稿

発想はいいと思う。でも結婚式続きでテンポが悪くならないために葬式を入れたのかもしれないけどそれでもテンポが悪かったと思うし最終的な決断もそれだけかって感じはあった。ラブコメと聞いていたので期待していたが、いくつか笑えるシーンはあったし新たなヒューグラントは見れたけれどストーリーは微妙だったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Alexa

2.5極々平凡な作品。ヒュー・グラントだけが印象に残っただ毛だってた。

2015年12月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

極々平凡な作品。ヒュー・グラントだけが印象に残っただ毛だってた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る