フェリーニのアマルコルド

ALLTIME BEST

劇場公開日

フェリーニのアマルコルド

解説

巨匠フェデリコ・フェリーニが故郷であるイタリア北部の港町リミニを舞台に撮りあげた半自伝的作品。自身の幼少期のエピソードを盛り込みつつ、ある少年が家族や個性的な人々と触れ合いながら大人の世界をのぞき込む姿を、季節の移ろいとともに温かいまなざしで描く。1930年代。港町リミニで暮らす少年チッタは、学校の友人たちとイタズラに明け暮れる毎日を送っていた。年上の女性グラディスカに憧れるチッタだったが、子ども扱いされ全く相手にされない。町にファシズムの足音が忍び寄る中、チッタの周囲では様々な出来事が起こり、その年は彼にとって生涯忘れられない1年となる。第47回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。1974年製作・公開。フェリーニ生誕100年を記念した「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」(2020年7月31日~8月20日=東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか)で4Kデジタルリマスター版が上映。

1974年製作/124分/イタリア・フランス合作
原題:Amarcord
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1974年11月16日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第47回 アカデミー賞(1975年)

受賞

外国語映画賞  

第32回 ゴールデングローブ賞(1975年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1973 - F.C. PRODUZIONI S.R.L - PROCUCTIONS ET EDITIONS CINEMATOGRAPHIQUES FRANCAISES.

映画レビュー

3.0少年時代の想い出

SpicaMさん
2021年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SpicaM

3.0あのマジックは何処へ?

osmtさん
2021年7月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

深夜の大型客船のシーンや、早朝の霧の中、詩的な雰囲気で現れる牛のシーンなど、いかにもフェリーニな感じの、期待していたとおりの映像は出ては来るのだが、もうこの頃に至っては、嘗ての人間離れしたマジックが消えかかって見えるのは私だけだろうか?
暗闇から大型客船が現れて皆んなが熱狂するシーンなどは、あの圧倒的な客船をもっとゆっくり長回しにした方が効果的だった気がする。
オリジナルの予告編を見た時には傑作にしか見えなかったので、フィルムの素材自体は良かったのだと思う。
改めて編集し直せば、もっと良くなったかもしれない。
音楽のリミックスみたいに出来れば、やってみたいもんだ。
パブリックドメインにならないかな?

あと俳優たちに関してだが、これ以前の作品のマストロヤンニや、アニタ・エクバーグ、アヌーク・エーメ、あるいは、ジュリエッタ・マシーナたちと比較しても酷なのかもしれないが、ちょっと魅力に欠けていた。
女優陣に関しては演技指導も甘かった気もする。

フェリーニは全作品を見た訳でないが、長編作品としては、やっぱり「8 1/2」がピークだったのではと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osmt

5.0フェリーニの最高傑作!!

2020年8月12日
Androidアプリから投稿

 冬の噴水に降り立った孔雀の静謐。あの、どこまでも巨大できらびやかな客船の灯り。それからラストシーンで、みんなの上に平等に降り注ぐ日の温かさ。恐らくすべての人にとって、嘗ていちばん大切だったはずのものが、フィルムに焼き付いている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
つくねと皮以外は塩

4.5超猥雑で、軽妙洒脱。

2020年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

綿毛が春の到来を告げ、冬の終わりを告げる祭りが始まる。
そして、再び綿毛が舞うまでの1年間。
 ある一家、特に長男チッタを中心に話が展開するが、様々な人のエピソードが雑多に点描される。ゆる~い起承転結はあるが、街の日常を描いた作品。
 ただそれだけ。
 街の歴史等の解説は入るが、登場人物の解説はない。
 他の映画なら15分で飽きるのに、この映画は飽きない、最後まで見せ切る。ロータ氏のメロディに乗せられて、なぜか目が離せなくなる。

異国、かつちょっと前の時代の、ファシズムの影はちらつくが、ごく普通の生活の風物詩。

随所に出てくるおならネタ。お尻ネタ。それから、それから。『週刊ジャンプ』等で炸裂する、男児が好みそうな小ネタの数々…。子どもと見ていたら焦るかも…。
 15歳の長男とその学友達の思春期エロ目線・妄想、憧れ、経験、いたずら。初恋。
 風刺化された教師達の授業が笑える。
 ファシズム。それにまつわるエピソード。
 豪華客船。
 嘘っぽい不思議なエピソード。
 季節ごとのエピソード。
 葬式。
 結婚式。
 この映画では、精神障碍者・視覚障碍者・低身長な方々も、扱いは雑だが、そこに暮らす人として出てくる。排斥しない。おじさんのエピソードは強烈だが、家族の一員。突き放しているようでどこか温かく、可笑しい。

幾人もの主要人物?とみえる人物が登場し、その彼らがお互い関係している関係もあるけれど、単に並列的に登場し、映画全体の筋を追うと混乱する。
そんなエピソードの羅列で、つなぎが唐突に見える個所もあるけれど、
喧噪だらけだったキッチン兼ダイニングの火が消えた様は胸にグッとくる。
エピソードも、人々の心の動きを活写しているところ、
ダンスや演劇のように凝った演出のシーンと、一つ一つテイスト、アングルが違う。
特に、まったく雰囲気が異なる霧のシーンは、影絵のようでもあり、幻想的な世界に連れていかれる。
そのあとに続く、少年たちのダンス、チッタの妄想のような体験、病気、幻想的な孔雀、病院、葬式。そして春の到来、ラストのシーンの展開に惹きつけられる。

15歳長男チッタが青年に見えて、ちょっと無理があったような。でも、演技は15歳っぽい。そのギャップが惜しい。
 他の役者はみな、見事。特にチッタの両親の喜怒哀楽。
 そしてヴォルピーナが、福祉が整っていなかった頃はああいう方も街でああやって暮らしていそうで唸ってしまった。あれ、演技だよね。

解説によると、『アマルコルド』は「私は覚えている」という意味(監督の故郷の既に使われなくなった言葉がなまったもの)とか。監督の少年時代?夢?の映画?

喜怒哀楽、人生にはいろいろあるが、季節は巡る。
そんなことを思い出させてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る