ファニーとアレクサンデル

劇場公開日

  • 予告編を見る
ファニーとアレクサンデル

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが自身の故郷である地方都市ウプサラを舞台に撮りあげた自伝的作品で、劇場を営む一族の2年間を2人の孫の目を通して豪華絢爛に描いた全5章構成の群像ドラマ。1907年のクリスマスイブ。少年アレクサンデルと妹のファニーは、劇場主で俳優の父オスカル・エクダールや女優の母エミリーと共に毎年恒例のキリスト降誕劇を上演し、クリスマスを盛大に祝う。ところがその年明けにオスカルが舞台のリハーサル中に倒れ、そのまま帰らぬ人に。夫を亡くしたエミリーは、相談に乗ってくれたベルゲルス主教と再婚することになるが……。第56回アカデミー賞で外国語映画賞など4部門を受賞したほか数々の映画賞に輝いた。1985年に日本初公開。2018年「ベルイマン生誕100年映画祭」(18年7月~、YEBISU GARDEN CINEMAほか)では、全5章・5時間11分のオリジナル全長版でリバイバル上映。

1982年製作/311分/スウェーデン・フランス・西ドイツ合作
原題:Fanny och Alexander
配給:ザジフィルムズ、マジックアワー
日本初公開:1985年7月6日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第56回 アカデミー賞(1984年)

受賞

外国語映画賞  
撮影賞 スベン・ニクビスト
衣装デザイン賞 マリク・ボス
美術賞  

第41回 ゴールデングローブ賞(1984年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

ノミネート

最優秀監督賞 イングマール・ベルイマン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)1982 AB Svensk Filmindustri, Svenska Filminstitutet. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0人間そのもの。

kさん
2019年2月10日
Androidアプリから投稿

ファニーとアレクサンデル観た。5時間!

登場の大人、特におっさん達がすべからくクズクズしくて、脆弱で一本気で情けなくてぐうの音も出ないのよ。

絢爛豪華と繊細な美と醜悪がいっぺんに堪能できてため息。

人間の弱さと強かさをあけすけに清々しく描いてて最高。希望もちょっと灯るのがいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
k

5.05時間という長さに恐れず挑戦すべき、その価値のある物語

あき240さん
2018年11月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

5時間は長い様で見終わって見ればあっという間
中盤以降は物凄い緊張感の中で物語が進行して全くあきささない
流石はべルイマン監督と言わざるを得ない

確かにテレビシリーズをワンシーズン観たと思えばその長さも不思議ではない

北欧版の「渡る世間は鬼ばかり」
冗談抜きでそのテレビ番組の元ネタにだったのかも知れない
それほど全体構造は同じ
一族の様々な問題が主として女性を中心に進行するのだ
ファニーとアレキサンドルの二人の子供は狂言回しの役割

それを骨格に監督自身の子供の頃の思いでの記録を被せ、更に異常性格者の神父と二人の子供を助け匿うユダヤ人一家の対比をもって
神の相対性、生と死の端境とはを散りばめる
正にベルイマン節そのもの
映像もうっとりするほどに美しい

エピローグもまた新たに起こった一族の問題を
正に嫁と姑の二人で相談するシーンで終わる
結局、女の私達が決めちゃうのよねと

5時間という長さに恐れず、最初の2時間を辛抱できればあとは一気に観れます
それは登場人物の自己紹介と彼ら彼女らに共感していくのに必要な時間なのです
5時間は、素晴らしい豊かな物語を楽しんだ時間となるはずです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.0二回見ました

2018年10月21日
iPhoneアプリから投稿

長くて二回とも、途中で寝てしまいましたが、
二回で一回分、一通り見ることが出来ました。

見直してみて、ベルイマン監督作品の目次にあたる、色んなものが詰め込まれた作品のように感じました。

何作か見てだんだんわかってきましたが、少年が出てきたら、それはベルイマン自身の過去の似姿だと思って見るのが、ベルイマン作品を見るときの基本的な作法のようです。

そういう見方で見ると、色んな作品に実は共通の骨組みがあるような、そんな理解が得られます。

個人的には、「家族観」に関して言うと、
ここ最近で動画と含めて見た

「万引き家族」や
「紀子の食卓」「愛のむきだし」

などと並べてみて、
家族のリアル、擬似の境目が曖昧になる、
そんな感覚を味わうのも一興かと。

そんな風に思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bomb1978

2.55時間11分は長すぎる

kkmxさん
2018年8月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
kkmx
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る