バンデットQ

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
バンデットQ
4%
53%
35%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスの一少年が、突然、寝室に出現した小人六人とともに冒険の旅へ出るというSFファンタシー。製作・監督は「モンティ・パイソンアンドホーリー・グレイル」のテリー・ギリアム。エキュゼクティヴ・プロデューサーはデニス・オブライエンとジョージ・ハリソン。脚本はマイケル・ペリンとテリー・ギリアム、撮影はピーター・ビジウ、音楽はマイク・モランが担当。主題歌をジョージ・ハリソンが歌っている。出演はクレイグ・ワーノック、ショーン・コネリー、デイヴィッド・ワーナー、ラルフ・リチャードソン、イアン・ホルムなど。なおオリジナルの上映時間は1時間56分で、日本版ではピーター・ヴォーンとキャサリン・ヘルモンドが扮する“悪鬼夫婦”と、ジョン・クリース扮する“ロビン・フッド”のエピソードがカットされている。

1981年製作/103分/イギリス
原題:Time Bandits
配給:東宝東和

ストーリー

イギリスのとある住宅地。平凡な両親とくらしている11歳のケヴィン少年(クレイグ・ワーノック)の寝室に、突然、馬に乗った騎士が出現し、壁を通り過ぎて消えてしまった。両親にこのことを話すが、信用されない。翌日、懐中電灯とポラロイド・カメラをかかえて待っていると、六人の小人が現われた。彼らは創造主(ラルフ・リチャードソン)につかえていたが、タイムホールの場所を示した地図を盗み出し、この地図を手に時間空間を超越して出没し、盗みを働こうとしていたのだ。このタイムホールとは、創造主が六日間でこの世界を作った時に見逃がした場所なのだ。「地図を返せ」と迫ってくる創造主の顔。ランドール(デイヴィッド・ラパポート)、フィジット(ケニー・ベイカー)、ウォーリー(ジャック・パーヴィス)、オグ(マイク・エドモンズ)、ストラッター(マルコム・ディクソン)、ヴァーミン(ティニー・ロス)の六人とともにケヴィンも逃げ出した。彼らが最初についたのは、1796年のカステリオーニ。このイタリアの町を征服したナポレオン(イアン・ホルム)は、背が低く、そのことを気に病んでいた。小人とケヴィンは身長が低いので、気に入ったナポレオンは晩餐をともにする。ナポレオンが酔いつぶれると、彼らは財宝を集めて逃げ出す。次に現われたのは、シャーウッドの森。貴族のヴィンセント(マイケル・ペリン)とパンジー(シェリー・デュヴァル)が盗賊に襲われていたが、六人は助けようともしない。彼らを暗黒の城で、悪魔(デイヴィッド・ワーナー)が見守り、地図を横取りしようと企んでいた。ケヴィン一人が、ギリシアの砂漠に出現。野獣の面をかぶった男と死闘をくりひろげていたアガメムノン王(ショーン・コネリー)を助け、ついには彼の養子になる。その祝いの宴に小人が現われ、ケヴィンを舞台に招き、彼をつれて消失、ついでタイタニック号の甲板に出現する。そこにいた新婚夫婦ヴィンセント(M・パリン)とパンジー(シェリー・デュヴァル)を驚かす。タイタニック号が氷山に衝突し、彼らは海中に投げ出された。帆船にのりこんで難をのがれたのはいいが、その船を海坊主が頭にのせて歩き出したので大あわて。頭に眠り薬を注射して海坊主を眠らせて逃げ出す。やがて、彼らは悪魔の囁きに誘われて暗黒の城へ。悪魔に地図を奪われ、カウボーイや騎士やギリシャの射手の応援も効なく、彼らはやられっぱなし。そこへ創造主が出現し、悪魔を一撃のもとに破壊、小人をつれて消えてしまう。気がつくとケヴィンはベッドの中。しかも家は火事。消防隊のおかげで火は消えた。ケヴィンは隊員の一人(ショーン・コネリー)がアガメムノン王に似ているので驚く。彼はにやっと笑って去っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Handmade Film Partnership 1981

映画レビュー

3.0ギリアムの原点で原石

散歩男さん
2019年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

1981年製作テリー・ギリアム監督。
パイソンズの一人ギリアムがそろそろひとりでやろうかいという感じで撮ったであろう作品。

スケッチや他の映画にもある歴史好きを思わすシーン多々。今見ると色々と描き方が雑というか大雑把な箇所が多いが、センスオブワンダーという点ではやはり先んじていたなと。
ここからSF要素が濃くなるとブラジルに、ファンタジー要素だとバロンにという風に捉えることもできる。

コネリーの使い方はカメオ的だがまぁよくある手法。ウインクがチャーミングなので万事OK。
演出手腕も予算もまだ初期ということで多くを求めちゃいかんだろう。ラストの妙な余韻が個性ということで。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

3.5結構怖い話

2019年5月6日
iPhoneアプリから投稿

結構怖い話

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ほぼぼーぼぼーぼぼ

3.0よかった

2018年11月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.0何を表現したかったのか

あき240さん
2018年7月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

オモチャ箱をひっくり返した夢物語
それだけを楽しむのみ、それだけで良いのだと思う
モンティパイソン流のオズの魔法使い、不思議の国のアリスなのだろう

魔王の城の巨大な岩のブロックは、レゴブロックのような丸い突起がある

未来世紀ブラジルを撮りたいのだが、資金難で暗礁に乗り上げたので、一発当てて金を作ろう!と始めた映画だと特典映像で監督自身が証言している
本当に当たって、未来世紀ブラジルが撮れるようになったと凄く嬉しそうだった

バンデットQのQとはこびと達のこと
キューピットだからQ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全11件)