光と血

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
光と血
37%
22%
16%
3%
22%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「オー!ファーザー」「7s セブンス」の藤井道人監督が、現代の日本を舞台に被害者になった者、加害者になった者の喪失と再生を描く。藤井監督は自身が長年撮りたかったテーマを監督するにあたり、完全自主映画体制で制作にあたった。いじめられっ子を守る心やさしい女子高生、3年の交際期間を経て、恋人と婚約した青年、被災地にボランティアへ通う青年とその姉。彼らのなにげない幸福な日常はいつまでも続くと誰もが思っていた。しかし、何者かによるレイプ、無差別連続殺人事件、交通事故と、予期せぬ悲劇が彼らを襲い、その人生は一変する。そして、大切なものを失った彼らの運命が交差していく。

2017年製作/113分/日本
配給:BABEL LABEL、エムエフピクチャーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017 BABEL LABEL

映画レビュー

4.5光からの喪失、喪失からの光

2020年3月1日
iPhoneアプリから投稿

まごうことなき傑作。

大切にしていたものをなくした人たちにわずかにさす光の話。

あいもかわらず、藤井監督の画面の光の使い方がすばらしく、美しい絵画のよう。喪失を描いているので、展開は長い闇のようなのだが、場面ごとの背景の光が綺麗で、そのアンバランスさもまた絶妙。

登場人物が多目なので、確かに最初はとっつきづらく感じるかもしれないが、登場人物が綺麗につながり、収束し、さらに最後の展開は予想できず、何本もの名作を一気に観たような気分にも感じた。

新聞記者、デイアンドナイト、青の帰り道、そして本作。藤井監督作品にはハズレが一切なく、全てが素晴らしい。心の底から脱帽です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やべっち

3.0詰め込みすぎ

2020年1月15日
Androidアプリから投稿

あまりにもいろんな事件や事故を詰め込みすぎてこの人は何をした人だっけ?となります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジェイソン

2.0詰め込み過ぎ

まつこさん
2019年11月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

題材は面白いと思うけど
色々なストーリーが入り混じって話しがコロコロ変わって行って
途中、何が何だか解らなく解らなくなった!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まつこ

4.04.2

2018年3月20日
iPhoneアプリから投稿

今年見た中で一番心に刺さる映画だった。

脚本が素晴らしい!!

藤井道人監督の作品は初めてだったが、
過去作、今後の作品も観てみようと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画大好き
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る