バロン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

18世紀の伝説的人物バロン・ミュンヒハウゼンの活躍を描くファンタジー・アドヴェンチャー。エグゼキュティヴ・プロデューサーはジェイク・エバーツ、製作はトーマス・シューリー、監督・脚本は「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアム、共同脚本はチャールズ・マッケオン、撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽は「ダイ・ハード」のマイケル・ケイメンが担当。出演はジョン・ネヴィル、エリック・アイドルほか。

あらすじ

18世紀、トルコ軍占領下にあるドイツの海岸沿いの町。貧困と飢えに苦しむ人々であふれた崩れかけた城壁の中の廃墟と化した小さな町のロイヤル劇場の舞台に、バロン・ミュンヒハウゼン(ジョン・ネヴィル)は突然姿を現わした。彼は、トルコ軍は自分を探していると語り、なぜトルコ軍に追われるはめになったかを話し始めるが、あまりにも荒唐無稽で、誰にも相手にされない。落胆するバロンであったが、空想好きの10才の少女サリー(サラ・ポリー)に励まされ、トルコ軍をやっつける約束をする。そこで彼はまず最初に、かつて一緒に戦った不思議な力を持つ四人の仲間達を集めるために、絹の下着で作った巨大気球に乗ってサリーと共に旅を始めるのだった。頭と胴体が別の意志を持つ月の王のもとで世界一の足の速いバート・ホールド(エリック・アイドル)を、地底の神ヴァルカン(オリヴァー・リード)が支配する火山の国で怪力の持ち主アルブレヒト(ウィンストン・デニス)を、巨大魚の中で鉄砲の名手アドルファス(チャールズ・マッケオン)と、どんな遠くのどんな小さな音も聞こえ、すごい肺活量の持ち主グスタヴァス(ジャック・パーヴィス)をそれぞれ助け出すが、四人ともすっかり老け込んで昔の力を失っていた。またバロンの背後にも死神の影が常につきまとうようになっていた。六人は何とか町の海岸にたどりつくが、トルコ軍の攻撃は一層激しくなってきており、バロンは意を決し、トルコ国王に会見を求め、事の決着をつけようと試みるが、実は……。

1989年製作/イギリス
原題:The Adventures of Baron Munchausen
配給:コロムビア

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第62回 アカデミー賞(1990年)

ノミネート

衣装デザイン賞 ガブリエラ・ペスクッチ
美術賞  
視覚効果賞  
メイクアップ賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

4.5劇場で観たぞ!

ヒロさん
2019年4月22日
Androidアプリから投稿

制作費に対する興行での損失額という負の記録で語り継がれている本作だが、個人的に大好きなのです!

しかも当時、劇場で観てパンフも買って持ってるのだ!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヒロ

3.0 息子じゃない!と文句をたれる少女サリーはサラ・ポーリーだったんで...

kossyさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 息子じゃない!と文句をたれる少女サリーはサラ・ポーリーだったんですね!

 舞台があっという間にセットに変化する。トルコのサルタンとも親しく、ワインを取り寄せるエピソードで盛り上げるバロン・ミュンヒハウゼン(ネヴィル)。ほら男爵の話は大がかりで面白い。もう最初からモンティ・パイソンの雰囲気そのまんま。褒美の宝物を一人で持てる範囲内でと言われたけど、家来の一人が怪力すぎ。
 月にまで行ってしまうバロンとサリー。月にも王様がいて、その王がロビン・ウィリアムズ。劇団の一人と女神がユマ・サーマンで、これまた色っぽい。最初に捕虜を奪還したのに目立っているという理由で処刑されるのはスティングか?

 世界観は歴史モノをベースに子供が想像するかのようなアドベンチャー。モンティ・パイソンなんだと頭を柔らかくしておけば、十分納得できる作品。製作費が嵩み過ぎて中途半端になったのはギリアムらしいエピソードだし、一見ハチャメチャであることも許容範囲。しかし、戦闘でトルコ軍を退けるのはいいにしても、最後に狙撃されても生き返るってところで、やっぱり子供向けに作られたってことか・・・途中までは大人向けだったのに。

 ミュンヒハウゼン症候群もビュルガー著作の「ほら男爵」からとったもの。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0バロン

Y&Mさん
2018年9月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

懐かしい、昔よくテレビで見ました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y&M

3.5バンデットQの柳の下の泥鰌狙い

あき240さん
2018年7月23日
Androidアプリから投稿

予算も増えて大掛かりだがそれだけだ
映像は楽しめる
特にトルコ軍の侵攻は見ものだか
そこまでだ
つまらない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る