巴里のアメリカ人

ALLTIME BEST

劇場公開日

解説

ジーン・ケリーが主演を務め、1952年・第24回アカデミー賞で作品賞を含む6部門に輝いた傑作ミュージカル。画家としての成功を夢見てアメリカからパリへやって来た青年ジェリーは、ピアニストのアダムや歌手のアンリら友人たちと楽しい日々を過ごしていた。ある日、ジェリーの個展にやって来た富豪の女性ミロが彼を気に入り、公私にわたるパトロンとなる。ジェリーはミロと一緒に訪れたキャバレーで、愛らしいパリ娘リズに一目ぼれ。2人は恋に落ちるが、ジェリーはリズとアンリが婚約していることを知る。ヒロイン役のレスリー・キャロンはバレリーナとして活動していたところをケリーに見いだされ、本作で映画デビュー。「花嫁の父」のビンセント・ミネリがメガホンをとり、「マイ・フェア・レディ」のアラン・ジェイ・ラーナーが脚本、ジョージ・ガーシュウィンと兄アイラがそれぞれ作曲と作詞を担当、ケリーが自ら振付を手がけた。

1951年製作/113分/G/アメリカ
原題:An American in Paris
配給:東京テアトル
日本初公開:1952年5月2日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第9回 ゴールデングローブ賞(1952年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジーン・ケリー
最優秀監督賞 ビンセント・ミネリ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0タップダンスが鮮やか

花丸さん
2022年7月23日
iPhoneアプリから投稿

名作☆彡
ジーンが見たくて。
PARISの
名所が沢山出てきて

ユーモアもあって、なかなか面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
花丸

3.5楽しい

2022年7月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
吉泉知彦

4.0切なくて、愛らしいエンターテイメント

愚者さん
2022年5月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

昔から大好きな映画で、ビデオやDVD'をレンタルして、10回以上観ているのですが、今回、初めてスクリーンで観ました。やはり、スクリーンで観るといいね(≧∇≦)bジーン・ケリーの踊りは最高。劇中の音楽も素敵です。芸術家として生きることは、当時(1950年代)も難しい。でも、恋もある。当時の青春の姿がリアルに表現されながらも、音楽の力を存分に使って極上のエンターテイメント作品に仕上がってますぞ(^^)機会があったらぜひ(^o^)

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
愚者

4.038年振りの劇場鑑賞

たつじさん
2022年3月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

やっぱ映画館の大画面で観られて幸せ😃💕

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たつじ
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る