ハスラー

ALLTIME BEST

劇場公開日

解説

ポール・ニューマンが主演を務め、賭けビリヤードの世界に生きる男の転落と再起をモノクロ映像で描いた名作。ウォルター・テビスの同名小説を原作に、「オール・ザ・キングスメン」のロバート・ロッセンが監督を務めた。

賭けビリヤードのプロとして頭角を現した若きハスラーのエディは、負け知らずの大物ハスラー、ミネソタ・ファッツに戦いを挑む。勝負の前半は圧倒的にエディの優勢だったが、油断して酒を飲んだために逆転負けを喫し、一文無しになってしまう。酒びたりの荒んだ生活を送るようになった彼は、足の不自由な女子大生サラと恋に落ち、一緒に暮らし始める。ある日、エディは賭博師バートから、ファッツと再戦するための手助けをすると持ちかけられるが……。

1962年・第34回アカデミー賞で撮影賞と美術賞を受賞。1986年にはマーティン・スコセッシ監督、ニューマン&トム・クルーズ共演による続編「ハスラー2」が製作された。

1961年製作/135分/アメリカ
原題:The Hustler
配給:東京テアトル
日本初公開:1962年6月13日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第19回 ゴールデングローブ賞(1962年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) ポール・ニューマン
最優秀助演男優賞 ジャッキー・グリーソン
最優秀助演男優賞 ジョージ・C・スコット
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1961 Twentieth Century Fox Film Corporation.

映画レビュー

3.5単なるビリヤード映画ではなく、主人公の変化を硬派に描いたヒューマンドラマ

2020年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

誰もが一度はそのタイトルを聞いたことがあるはずなのに、なかなか手が出せない。「大人になった時に見よう」と思いながら、すっかり大人になってもまだ見ていない。そんな人も多いはず。確かにとっつき易いとは言い難い。カラー時代にもかかわらずモノクロを突き通し、しかもポール・ニューマンのアクターズスタジオ仕込みの、体の芯から本人になりきった演技に頼るところも多い。

だが、40年代末から始まる赤狩りの影響を受け、50年代は苦難を強いられたロッセン監督のキャリアを思うと、主人公の人生が重なって見えてくる節がある。自分の得意とする分野の腕前でのし上がろうとし、そこで思いがけない躓きがあって、今度は自分を利用しようとする他人の口車に乗せられてさらに精神的などん底を経験する。だがこの一件によって何かが変わる。彼も変わる。本作は単なるビリヤード映画ではない。そうやって変わりゆく姿を実直に捉えた硬派な一作なのだ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.0「シンシナティ・キッド」と錯綜してしまい…

2022年3月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

何十年ぶりかの鑑賞で、
ノーマン・ジュイソン監督の
「シンシナティ・キッド」と錯綜してしまい、
エドワード・G・ロビンソンが
なかなか出てこないなぁと思うなど、
大勘違いしていた。

従って、
優れたビリヤード能力に自惚れながら
廃退的な生き方の若者の自滅が
描かれるのだろうと観始めてしまい、
ラストの希望的展開の忘却から
終盤まで何とも重苦しい展開と感じながらの
鑑賞になってしまった。

しかし、その中でも、
序盤の二人のハスラーによる
勝負のシーンは緊迫感に溢れ、
この作品一番の名場面ではないだろうか。

中盤、これまでの父親役のような
ギャンブラー仲間と決別して、
新たなギャンブラー組織に組み入れられる
という展開は、
勝負師というよりは
金銭的に個人がより歯車化することを
意味しているのだろうか。

終盤、
登場するハスラーやギャンブラーが
組織的にお金に支配されている中で、
恋人の死を切っ掛けに
お金には換えられない想いや人生が
あることを知り、
新しく人間らしさの備わった主人公の
個人への回帰的再生の将来が
示唆されたかに見えた。
また、組織世界に染まっているはずの
太った対戦相手のハスラーの
意味深な表情や仕草には
彼の想いが伝播しているようにも感じる。

ただ、苦しい時に支えてくれた恋人との
生活と死が、
主人公の進歩した人生観の獲得との
リンク性が、演出の上で
少し弱い点が気になる結末には感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
KENZO一級建築士事務所

4.0ポール・ニューマンの瑞々しい演技が正当に評価された出世作の、男の成長をテーマにした勝負師の世界

Gustavさん
2022年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

1974年 6月6日  地上波テレビ
PM11時05分より土曜ロードショー「ハスラー」見学。アメリカ、1962年度、ロバート・ロッセン監督52歳の第10作品目。ロッセン監督作品の最高傑作と謂われる。これは初めて聴く監督名。主演は「暴力脱獄」の演技で、その魅力に取り憑かれたポール・ニューマン。この作品でアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされる。4度目の候補作品「暴力脱獄」より好感持てる名演技。共演のパイパー・ローリーは、エリザベス・テーラーの雰囲気に似て可愛らしく、確かな演技力を持つ女優さん。この映画は、ニューマンの好敵手になるハスラーの貫禄と渋さを持つジャッキー・グリースンと非情な賭博師ジョージ・C・スコットの二人の男と対決するニューマンの勝負の世界と、恋人ローリーとの恋愛を通して主人公が一人の人間として成長していく姿を描いた秀作だった。ドラマティックにして瑞々しい人生ドラマに感動する。見応えにも満足。そして、モノクロ映像の美しさも印象に残る。   採点☆☆☆☆★

テレビで見学した映画の印象を記録した最初の記念映画。劇場映画は前年の12月から始めていたものの、日本語の吹き替えやフレーム処理と編集カットされたテレビ放映の映画を批評するのは抵抗があった。しかし、この映画の感動をどうしても残したくなり、結局その後社会人になるまでの数年間続けることになる。邦画洋画合わせて約580本。
今回完全な形で47年振りに観ることが出来て幸せだった。真剣に映画と対峙していた頃の自分に戻ることで、その時の未熟さや無知さを想い出してしまう。映画は、改めてロッセン監督の演出が素晴らしいと感心した。ユージン・シャフタンの撮影も印象より更に素晴らしいものだったし、ポール・ニューマンは勿論のこと、ジャッキー・グリースンの心技体が整った伝説のビリヤード・プレイヤーのなり切りがやっぱりいい。パイパー・ローリーは、その後1976年の「キャリー」でカムバックした時には驚いた。この映画の影ある破滅型のヒロイン像の儚さが印象的だったからだが、今見ても演技力の確りした女優の存在感に魅了される。

扱ったテーマは、才能に溺れる若者の心の成長。それは、ハスラーと呼ばれるギャンブラーもスポーツ選手も普通の社会人にも当てはまる、青春期にある怖いもの知らずや自惚れや自信過剰などを自制し、体力と才能に見合った精神力をどう身に付けるかに、人生の豊かさが係っている真理ではないだろうか。ニューマン扮するエディの弱さに共振したサラという女性との恋が、お互いを慰め合うだけの段階で悲劇に転じてしまう不幸が、結局エディの眼を覚ませ男として強くさせている。男が強くなるためには女性の存在が大きい。反対に女性が強くなるためには男は必要ない。そこに男と女の難しさと面白さがある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Gustav

3.0ポール・ニューマンがカッコいいという映画。

光陽さん
2022年1月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

とにかくポール・ニューマンがカッコいいという映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
光陽
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ハスラー」シリーズ関連作品