肉体と悪魔

33%
67%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ドイツ文豪ヘルマン・ズーデルマン作の小説「消えぬ過去」の映画化で、それを「第7天国」「乙女よ純なれ」と同じくベンジャミン・グレイザー氏が脚色し、「荒鷲」「お転婆キキー(1926)」と同じくクラレンス・ブラウン氏が監督したものである。主役は「ビッグ・パレード」「密輸入者の恋」等出演のジョン・ギルバート氏で対手役として「イバニエズの激流」「明眸罪あり」「喜びなき街」のグレタ・ガルボ嬢と「真紅の文字」「呪いの絆」のラルス・ハンソン氏との2人が助演するほか、「私のパパさん」のバーバラ・ケント嬢や、ジョージ・フォーセット氏、マーク・マクダーモット氏、ウィリアム・オーラモンド氏等も出演している。

1926年製作/アメリカ
原題:Flesh and the Devil

ストーリー

レオ・フォン・セレンティンとウルリッヒ・フォン・クレツィンクとは子供の時からの仲良しであった。2人は、その2人の領地を分かつ小流中の小さな島に友情の寺院を建てていたのであった。ウルリッヒが体が弱く、感受性が鋭く知識的であるのにひきかえ、レオはその旺盛なる勢力にその体をもてあます位であった。レオはフォン・ラーデンという貴族の妻と情事関係があって、その結果、レオはフォン・ラーデンと決闘することになったが、レオはかれをたおしてアメリカへ逃れて行った。が、この決闘は外見上は些細なことがその原因となっているように見えていたし、またレオもウルリッヒの問いに答えて、己とフォン・ラーデンの寡婦フェリシタスとの間には何もなかったといっていたので、人の疑惑をひかなかった。レオのアメリカ滞在中、ウルリッヒはフェリシタスと結婚した。4年後、レオが帰ってきたが、フェリシタスが己の前夫の殺害者と交際するのをがえんじないので彼とウルリッヒとの交わりは中絶していた。レオ妹のヨハンナは兄とフェリシタスとの昔の関係を発見した。このヨハンナは夫の死後、狂気染みた信者となり、兄にウルリッヒのもとに赴いて罪の裁きを受けよ、といい迫るのであった。これとほとんど時を同じうして、フェリシタスの方からレオへ向けて和解の知らせが来た。フェリシタスはこうして再びレオを己の恋人にしようとあせるのであった。レオは友ウルリッヒとフェリシタスとの間に立って、悶え苦しんだ。そうした内に、フェリシタスが手元に置いては面倒というので遠くの学校にやっていた子供が、フェリシタスの不注意から死んでしまった。これがウルリッヒのフェリシタスに対する愛を完全に無くす原因となった。一方、レオとフェリシタスとは自殺してその苦しみを逃れることを計ったが、女の方にはその約を実行しようという意志はさらになかった。そしてフェリシタスがさらに恋を迫った時に、レオはピストルを上げて彼女を射とうとした。フェリシタスは逃れてレオが己に無対な恋をしかけると夫に告げた。かくて2人の親友ウルリッヒとレオとは、暁を期してかつての友情の島上に再会することになった。が、今度は友としてではなくて敵としてであった。レオはウルリッヒに総ての告白をした。彼はウルリッヒをその長い病の床に心を尽くして看護した。フェリシタスはウルリッヒから離婚せられてベルリンへ帰って行った。レオとウルリッヒとは互いに許しを乞うた。が、なおその過去の暗影はその友情を曇らせるのであった。その後、レオにも前途に光明が射してきた。彼のヨハンナの養娘ヘルタへの真の恋が幸福な結末を告げようとしているからであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0グレタ・ガルボが魔性の美しさをいかんなく発揮した作品。あれほど美し...

2018年10月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る