昼顔(1967)
ホーム > 作品情報 > 映画「昼顔(1967)」
メニュー

昼顔(1967)

劇場公開日

解説

昼は娼婦、夜は貞淑な妻の顔を持つ若き人妻の二重生活をカトリーヌ・ドヌーブ主演で描き、1967年・第28回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した作品。「アンダルシアの犬」のルイス・ブニュエル監督が、ジョセフ・ケッセルの同名小説を映画化した。セブリーヌは裕福な医者の夫と何不自由ない暮らしを送っていたが、その一方でマゾヒスティックな妄想にとらわれていた。そんなある日、パリにある娼館の噂を聞いた彼女は、好奇心から足を運び、「昼顔」という偽名で働くことに。封印してきた性を解放することで夫への愛情も深まり、満ち足りた気分を味わうセブリーヌだったが……。2018年、フランス映画界を代表する名優たちの主演作を集めた「華麗なるフランス映画」(2018年2月~、東京・角川シネマ有楽町)で、4Kレストア版が日本初上映。

作品データ

原題 Belle de Jour
製作年 1967年
製作国 フランス・イタリア合作
配給 KADOKAWA
日本初公開 1967年9月30日
上映時間 101分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全7件)
  • カトリーヌドヌーブ ドヌーブのドヌーブによるドヌーブのための映画 ...続きを読む

    osan osanさん  2018年5月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • カトリーヌ・ドヌーブの変化が素晴らしい。 貞淑な妻の感じ、嫌いな友人を避ける表情、娼館に踏み入れて最初の客をとるまでの表情、その後の娼婦としての自信に満ちた表情と態度、そしてラスト。それぞれ美しく魅力的でした。 ...続きを読む

    morihide morihideさん  2018年2月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 彼には悲劇だが ネタバレ! 理想的な夫婦が抱える問題を、妻が一人で背負ってしまった為に開かなくて良い扉が開かれてしまう。 ラストで彼が銃弾を受け不自由な体になる事で妻の苦悩が霧散するラストは何とも言えない ドヌーブの服装が... ...続きを読む

    komasa komasaさん  2018年2月24日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

DVD・ブルーレイ

ダンサー・イン・ザ・ダーク[Blu-ray/ブルーレイ] アステリックスの冒険~秘薬を守る戦い[DVD] ダンサー・イン・ザ・ダーク[DVD] プセの冒険 真紅の魔法靴[DVD]
ダンサー・イン・ザ・ダーク[Blu-ray/ブルーレイ] アステリックスの冒険~秘薬を守る戦い[DVD] ダンサー・イン・ザ・ダーク[DVD] プセの冒険 真紅の魔法靴[DVD]
発売日:2012年12月21日 最安価格: ¥1,391 発売日:2014年4月9日 最安価格: ¥1,719 発売日:2001年6月21日 最安価格: ¥5,011 発売日:2011年6月24日 最安価格: ¥4,158
Powered by 価格.com

他のユーザーは「昼顔(1967)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi