昼顔(1967)

ALLTIME BEST

劇場公開日

昼顔(1967)
11%
52%
30%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昼は娼婦、夜は貞淑な妻の顔を持つ若き人妻の二重生活をカトリーヌ・ドヌーブ主演で描き、1967年・第28回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した作品。「アンダルシアの犬」のルイス・ブニュエル監督が、ジョセフ・ケッセルの同名小説を映画化した。セブリーヌは裕福な医者の夫と何不自由ない暮らしを送っていたが、その一方でマゾヒスティックな妄想にとらわれていた。そんなある日、パリにある娼館の噂を聞いた彼女は、好奇心から足を運び、「昼顔」という偽名で働くことに。封印してきた性を解放することで夫への愛情も深まり、満ち足りた気分を味わうセブリーヌだったが……。2018年、フランス映画界を代表する名優たちの主演作を集めた「華麗なるフランス映画」(2018年2月~、東京・角川シネマ有楽町)で、4Kレストア版が日本初上映。

1967年製作/101分/フランス・イタリア合作
原題:Belle de Jour
配給:KADOKAWA
日本初公開:1967年9月30日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1967 STUDIOCANAL - Five Film S.r.l. (Italie) - Tous Droits Reserves

映画レビュー

3.0「シェルブールの雨傘」からイメージチェンジ

2021年7月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジョニーデブ

3.0何十年ぶりかのブニュエル作品

2021年3月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

男性の私としては、カトリーヌ・ドヌーヴ
の裸がチラチラしてなかなか冷静に観れない
作品だった😅

ルイス・ブニュエル作品は若い頃に
「哀しみのトリスターナ」
「ブルジョアジーの秘かな愉しみ」
「自由の幻想」「欲望のあいまいな対象」
を観たが、正直なところ「自由の幻想」の
テーブルの椅子が便器になっているシーン
が強く印象に残っているだけで、
他の記憶がほとんど無い中での
歳を重ねてからの「昼顔」初鑑賞となった。

ストーリーは、子供の頃のトラウマから
性的不感症になり、
娼館での経験からの自信回復で夫婦生活が
元に戻るかと思いきや、という展開だ。

夫婦の性生活の不満足状態が家庭外での刺激
を通じて改善に転ずる、
というのは良くあるパターンだが、
ラストには今度は夫の不能という、
苦労の末に問題解決したはずの妻の
その努力の要因によって招いた皮肉な結末
が用意されていた。

この映画の中でも夢か幻想なのかのシーン
が数多く出てくるが、ブニュエル作品は
多分に象徴的・抽象的描写が頻繁で、
リアリティや社会テーマ性を重視する
映画鑑賞姿勢の私には印象に残りにくい
監督なのかも知れない。

そんな中では「昼顔」は多分に
現実と幻想の区別が付きやすい作品で、
ラストシーンも、せっかく妻は問題解決した
のに、今度は夫が不能になったとの
皮肉の裏返しの夢または幻想としか
思えませんでしたが、
皆さんの解釈はいかがなのでしょうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KENZO一級建築士事務所

3.5女性にとって有難い映画

雨音さん
2020年10月8日
Androidアプリから投稿

映像は綺麗で素敵だけれど、ところどころやはりちょっと古い映画かな、と感じさせられる。

けれど、扱われている内容が時代を越えて普遍的なものなので、興味深かった。
それは、
心が求めるものと体が求めるものの不一致、理性と野性のバランス取りの難しさ、人間の性癖のバリエーションの可笑しさ、女性の性的成長の難しさ…などかなと思う。

大雑把に言えば、人間は、動物側面とどう向き合っていけるか…ということだとおもう。

女性にとってはセブリーヌの心理は、多かれ少なかれ自分に経験があるか、又は想像によって理解できるものではないだろうか。
少なくも私には彼女は身近に感じる。

女性にとってのなやみどころを、映画という世界で、他人の経験として間接的に体験でき、模索できる。
ありがたい映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
雨音

3.5耽美的

モビさん
2020年6月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

 現実と夢の世界と妄想が交差する世界。
ああいう形でしか夫との愛を深められない
人妻は悲しい。
 品があり冷たい感じの
カトリーヌ・ドヌーブの美しさが楽しめ
ます。
 娼館にやって来る顧客達が皆個性的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モビ
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る