トロン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
9%
33%
45%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

コンピューター内での権力闘争を、コンピューター・グラフィックスを駆使したアニメと実写フィルムを織りまぜて描く。コンピューター・グラフィックスはTVコマーシャルや映画の一部(例えばマイクル・クライトン監督のLookerに使われたことはあるが、これほど全面的に使われたのは初めてのこと。監督・脚本は80年に動物のオリンピックを描くアニメ『アニマリンピック』(日本未公開)を演出したスティーブン・リズバーガー。彼と製作のドナルド・クーシュナーがこの作品のアイディアをディズニー・プロに持ち込んで、製作が進行した。製作指揮はディズニー・プロ社長のロン・ミラー、撮影はブルース・ローガン、音楽はウェンディ・カーロスが担当。主題歌をジャーニーが歌っている。メカニック・デザインをシド・ミード、衣裳デザインをジャン・メビウス・ジロー、背景デザインをピーター・ロイドが手掛けている。特殊効果監修はリチャード・テイラーとハリソン・エレンショウ。アニメのぺインティングには台湾のアニメーターが参加している。出演はジェフ・ブリッジス、ブルース・ボックスライトナー、デイヴィッド・ワーナー、シンディ・モーガン、バーナード・ヒューズなど。

1982年製作/96分/アメリカ
原題:Tron
配給:東宝

ストーリー

ENCOMは米国防総省にも通じる巨大なネットワークを持ったコンピューター会社だ。デリンジャー社長(デイヴィッド・ワーナー)の独断専行に、エンジニアのアラン(ブルース・ボックスライトナー)は反発する。同僚のローラ(シンディ・モーガン)とともにアランは、フリン(ジェフ・ブリッジス)の経営するゲーム・センターをたずねる。フリンは将来を嘱望された天才エンジニアだったが、その有能さを恐れたデリンジャーに首にされ会社を追い出されたのだった。「デリンジャーが好き勝手にプログラムを作り変えており、トロンというプログラムを使って、デリンジャーのマスター・コントロール・プログラム(MCP)を監視しようとしたが、うまくいかない」とアランはフリンに語る。フリンはアラン、ローラと一緒にENCOMに忍びこむ。フリンが端末機にすわり、コンピューターを作動させようとした時、レーザー光線が彼に照射された。朦朧とした意識の中で目覚めたフリンは、自分がコンピューター世界にとばされたことに気付く。フリンはコンピューター戦士のトロン(ブルース・ボックスライトナー)に出会い、彼から「コンピューター内にあるMCPによって、すべてのプログラムが支配され、その執行官がサーク(デイヴィッド・ワーナー)であること」を聞かされる。トロン、フリン、そしてもう1人の囚人ラム(ダン・ショア)ともに電子闘技場に連れ出された。3人は敵方の闘士3人とともに生命を賭けたライト・サイクル・ゲームをやらされる。3人はゲームの途中で逃げ出し、サーク配下の戦士との壮烈な戦いが展開された。フリンらはその戦いに勝ちを収めた。再びフリンは人間世界にもどり、デリンジャーは失脚する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5人間のデジタル化

Ryutaさん
2018年8月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

細かいルール説明無しで映像で語る。でも登場人物似すぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryuta

3.0世界初のサイバーパンクムービー

あき240さん
2018年3月27日
Androidアプリから投稿

マトリックスに先立つ17年も前に、コンピューターが作り出した世界に人間が入り込み戦う物語を作り出した
そこに本作の意義がある
ただ映画としては全くつまらない
しかし当時としては最新のCGを取り入れた映画だが今となってはそのチープさを楽しむしかない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5映像は・・・。

2017年6月21日
PCから投稿

映像は多少チープだけれども、発想やデザインが秀逸でいつまでも色褪せない映画だな〜と思いました。

どこまでがcgでどこまでがセットなのか。メイキングが見たくなりますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

3.5年月が経ってもその斬新な映像技術は衰えず

2014年4月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

幸せ

初めてトロンを知ったのがキングダムハーツ2で、その時はデジタル時代にアナクロなデジタル表現の作品世界が凄く滑稽に見えたんだけど、原作を見てみるとその時感じた滑稽さは全く無くてその時代の最先端技術で彩られた視覚効果が面白くも斬新で夢中で見てた。
願わくばリアルタイムで当時の映像技術に驚きながら見たかったな…。
レガシーも早く見たい…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
神社エール
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「トロン」シリーズ関連作品