トラスト・ミー

劇場公開日

トラスト・ミー
68%
23%
9%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1990年代のニューヨーク・インディペンデント映画界を代表する名匠ハル・ハートリーが監督・脚本を手がけた長編第2作で、91年サンダンス国際映画祭で脚本賞を受賞したラブストーリー。16歳の少女マリアは妊娠して高校を中退することに。怒る父親を平手打ちするマリアだったが、その直後に父親は心臓発作で死亡し、彼女は母親に家を追い出されてしまう。一方、父親と暮らすコンピューター技師の青年マシューは、上司と衝突して仕事を辞めてしまう。偶然出会ったマリアとマシューは互いに惹かれ合い、ともに生きることを決意するが……。ハートリー監督の長編第1作「ニューヨーク・ストーリー」でも主演を務めたエイドリアン・シェリーがマリア役、後にハートリー監督作の常連俳優となるマーティン・ドノバンがマシュー役を演じた。日本では93年に劇場公開。2018年5月に東京・アップリンク渋谷の「ハル・ハートリー復活祭」で「ヘンリー・フール」3部作とあわせてリバイバル上映。

1990年製作/107分/アメリカ・イギリス合作
原題:Trust
日本初公開:1993年1月23日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)POSSIBLE FILMS, LLC

映画レビュー

5.0大げさに聞こえるでしょうが史上最高のラストシーン

村山章さん
2018年12月31日
PCから投稿

泣ける

笑える

幸せ

ハル・ハートリーの映画には不器用な偏屈者がゾロゾロと出てくるが、誰もがどこかで青臭さを捨てきれない。そんなもどかしさが最もピュアな形で描かれているのが『トラスト・ミー』ではないか。もはや30年近い前の映画だが、特徴の薄い郊外の町で描かれるぎくしゃくしたラブストーリーは、今も痛切に胸に響く(それでいて全編が奇妙なユーモアで貫かれている)。なんといってもこの映画のエイドリアン・シェリーとマーティン・ドノヴァンの魅力には抗いがたく、モンスターペアレント的な母親を演じたメリット・ネルソンの複雑な表情にも魅入られる。そしてこのラストシーンを越えられる映画が果たして映画史上にいくつあるだろうかと考えてしまうのはハートリーファンの贔屓目か。ハートリーの映画をあまり知らない人たちに、ぜひとも観ていただきたいと思う。傑作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
村山章

5.0すき

たきもさん
2019年9月8日
iPhoneアプリから投稿

もし幼い頃に見たら退屈に感じてしまいそうな雰囲気だけど、今の私にはなんだか魅力的で引き込まれて最後まで目が離せない作品でした。
ワンシーンワンシーンに意味が沢山詰まっているように感じました。全てが絶妙で、私の好みにガッチリはまりました…主演2人のシーンがどれも素敵で、危なくて切なくて突拍子もなくて、だけどとても惹かれる。
一つ一つの言葉も深くてなんだか全体的にはふわっと軽く見れるようなイメージの映画なのにその中にはすごく重くて奥深いものがあるなと思いました。お気に入りの作品になりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たきも

5.0最高傑作

maybeさん
2019年1月13日
スマートフォンから投稿

この頃のハートリーの長編映画(unbelievable truth-simple menまで)は同じテーマを覚めた視点で描きながら、最後はどうしようもないほどピュアな感情溢れる作風でその頂点がこの作品だと思います。

海外の批評家から淀川長治まで絶賛され、ハリウッドからの誘いを断っていたハートリーがこの後作家性を強めて行き、感情面の熱量が下がり早くもピークを過ぎてしまったのは残念。
彼の短編映画を見るとゴダール的要素を初期から持っていたのがわかりますが、彼の個性はそこではなかったのに。

不器用でアイロニックなセリフや独特のドライな空気感、それでいて最後に何より熱い感情を感じられる忘れ難い作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
maybe

4.5家族全員応援したくなる

miharyiさん
2018年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

幸せ

コメディな冒頭から、思いがけず波乱万丈の展開へ。
ユニークな登場人物たちの洒落た会話の駆け引き。
軽いタッチでサラサラと流れる時間。
それぞれの家族全員を応援したくなる。
人生成るようになるって!

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
miharyi
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る